Archive for the ‘イベント’ Category

アリオの竹結びと竹あかり

日曜日, 6月 25th, 2017

水あかりで活躍するCHIKAKENが竹あかりワークショップと点灯式を行いました。

子どもたちが作り上げた素敵な竹あかり

ですが、周囲が明るすぎて雰囲気が伝わりません。

Facebookページ

大活躍のお二人に5年ぶりに再会ご挨拶できました。

キャンドルイベントのアイディアをいただいていますm(__)m

IMG_0338

IMG_0334

CHIKAKENの作品写真です。

 

取手美術作家展 取手ウェルネスプラザ開催中

日曜日, 6月 25th, 2017

取手美術作家展
3人が制作の裏話や作品への思い語る 彫刻家・渡辺正勝さん、木目の方向で光に変化 

毎日新聞2017年6月25日 

 取手駅西口にある取手ウェルネスプラザ(取手市新町2)で開催中の「取手美術作家展」で24日、作家が自作を解説するギャラリートークがあった。洋画、彫刻と書の3人が制作の裏話や作品に込めた思いを語った。

 同市戸頭の彫刻家、渡辺正勝さん(73)はケヤキの木彫「小野の里」を説明。小野小町の伝説がある土浦市小野地区の水車に着想を得たという。「木目の通りにやる(削る)と光る。目の方向によって光り具合が違う面白さがある」と話していた。トークには市民約50人が参加、熱心に質問する人も。同展には38人が計52点を出品、28日まで。入場無料。

八坂神社例大祭の準備が始まりました。

水曜日, 6月 7th, 2017

IMG_0100

IMG_0101

IMG_0103

IMG_0104

数え年では、

前厄になるんだぁ・・・^ ^*

千波湖に川床開設

土曜日, 5月 13th, 2017

茨城新聞 20170513

夜景・料理に酔いしれ 水戸、千波湖に川床開設

千波湖南岸の川床で夕景や料理を楽しむ市民ら=水戸市千波町千波湖南岸の川床で夕景や料理を楽しむ市民ら=水戸市千波町
水戸市の千波湖岸に「川床」を設け、中心市街地の夜景や地元の料理などを楽しむ初のイベント「千波湖川床ナイト」が12日、始まった。仕事帰りの会社員らが地酒や料理を味わいながら、県都の夜景や湖面に映る明かりに酔いしれた。

イベント開始に先駆けた式典では、主催した水戸商工会議所の大久保博之会頭のほか、橋本昌知事や高橋靖市長らがテープカット。大久保会頭は「観光地としての千波湖利用の一つになれば。今後は、夏の風物詩として定着させたい」と力を込めた。

川床は千波湖の南側の岸に長さ50メートル、幅4メートルで設けられ、同日は約100席が満席の状態。友人ら20人と参加したひたちなか市の安達和子さんは「湖面に映るまちの明かりがきらきら輝いていて、雰囲気が素晴らしい。今後も継続してほしい」と話した。

イベントは27日までの金曜と土曜計6日間(いずれも午後5〜9時)開かれる。参加は予約制で、既に完売している。

ハーブフローの会情報

木曜日, 5月 11th, 2017

ハーブ 楽しもう 観察や花摘み、講演も 14日、取手

毎日新聞2017年5月11日

取手市藤代の小貝川沿いに広がる花畑「ハーブフロー」と藤代公民館で14日午前10時から、観察や花摘みを楽しむつどいが開かれる。50回目を迎えるのを記念し、専門家の講演や演奏会も企画している。

午前中は同公民館で日本植物友の会の的場伸一理事(元水海道一高校長)が講演するほか、チェリストの柳沢康司さんとピアニストの竹内恵さんが演奏を披露する。

午後は野外活動で、カモミール、ボリジ、ネモフィラなど8種が育つハーブフロー(長さ約350メートル)を散策し、花摘みを楽しむ。

つどいは1994年から基本的に春と秋の2回開催し、秋は種をまき、春は散策や花摘みをしてきた。

参加費は弁当、資料代を含めて500円。申し込みは11日までに主催する「ハーブフローの会」の結城直子会長(0297・83・3862)へ

大宮市盆栽祭りで花競り

金曜日, 5月 5th, 2017

2017-05-05 12.20.42

2017-05-05 12.21.31 HDR

2017-05-05 12.22.01

2017-05-05 12.23.22

2017-05-05 12.30.33

2017-05-05 12.30.56

大宮市長さんも競りに加わって!

2017-05-05 13.28.48

2017-05-05 13.37.24

「もってけもってけ 菖蒲ただだよぉ~」

2017-05-05 14.34.26

こいのぼり くぐれます 取手 茨城

月曜日, 5月 1st, 2017

毎日新聞 20170430

取手市岡の小貝川堤防と周辺で29日、「鯉(こい)のぼりプロジェクトin岡堰(おかぜき)」が開幕した。大小75本のこいのぼりが揚がり、堤防沿いの中の島には、地面に寝そべる姿の「こいのぼり」も登場。子供たちが何度もくぐり抜けて遊んでいた。市民有志の実行委員会が主催し今年で12回目。

実行委員長で彫刻家の島田忠幸さん(70)は「子供が元気にすくすく育つことを願う親の気持ちは昔も今も変わらない」とあいさつした。5月5日まで。

第40回みんな集まれ こども天国

土曜日, 4月 29th, 2017

kdomotenngoku

DSC05990
DSC05976

DSC05978

12時30分より
ファッションショー初開催
え~ 小学生!!(@_@)

DSC05981

旭天鵬親方が審査員として参加されていました。

入賞した小学生のお母さんもお洒落でした~

DSC05984

DSC05985

DSC05988

40年前

高校生のころ この会場で演奏したんだわぁ(笑)

思い出した・・・

🎏みんな来い♥恋🐟鯉三昧 2017

金曜日, 4月 7th, 2017

17523595_1030418543726578_4280701773441951853_n

17498850_1030418550393244_2270873885370505579_n

SAKE MEETING 2017春 茨城の酒と出会う

木曜日, 3月 30th, 2017

press_sakemeeting2017-1