Archive for the ‘新型コロナウイルス’ Category

とりで利根川大花火は中止 

水曜日, 4月 8th, 2020

毎日新聞 2020年4月7日 

 取手市観光協会は6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同市の取手緑地運動公園で6月20日に開催予定だった「とりで利根川大花火」を中止すると発表した。

体温計の入荷は未定

水曜日, 4月 8th, 2020

母のお使い

「体温計が必要」

買い物へ🚙

ドラッグストアーのはしごε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

「いつ入荷するかわかりません」

(;’∀’)

新型コロナウイルス感染症の影響らしい

「長生堂薬局ならきっとある!」

母の一言で(・∀・)ウン!!

「婦人体温計ならあるんですが・・・」

結局買えなかった

せっかく来たのだから買っていこうと母が言う。
IMG_0203

IMG_0202

IMG_0201

IMG_0200

IMG_0199

「肉屋さんにきゅうりやニンジン・・・?」

「コロッケ作ったりするからね」

「なるほど・・・」

公共施設提供モデル つくば市

水曜日, 4月 8th, 2020

茨城新聞 20200406

《新型コロナ》茨城、PCR検査の態勢強化 1日100件超に拡充 集団感染受け対応

新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる「PCR検査」について、茨城県は1日当たりの実施可能数を従来比2倍の100件超まで拡充した。クラスター(感染者の集団)の発生などで検査対象者が急増したため、県衛生研究所(水戸市)が3月末から特別態勢で対応。医療機関の協力分も含めると、県内では1日150件ほど実施可能となり、現時点では「需要に応えられている状況」(県)という。

PCR検査は原則、感染の疑いで帰国者・接触者外来を受診し、医師が必要と認めた場合に受ける。粘液などに含まれるウイルスに特有の遺伝子配列を増幅させて検出し、陽性か陰性かを判定する。

県内での検査は、県衛生研究所が水戸市保健所からの依頼分も含め実施している。同研究所は現在、4台あるPCR検査機器のうち1台は食中毒などの検査用とし、残る3台を新型コロナウイルス専用として運用している。

これまでは通常業務の範囲で1日当たり48件ほど検査していたが、県内では3月末以降、病院や介護施設などでクラスターが相次いで発生。感染者と接触した可能性がある人が1カ所当たり100人規模になるなど検査需要が急拡大していた。

これを受け、同研究所は所を挙げて特別態勢に移行。担当のウイルス部以外の職員も検体の受け付けや成績書の作成業務に当たるなど、「総力戦」で1日の実施可能数を100件程度へ増やした。

3月末以降に同研究所が実施した検査は、同31日が119検体、4月1日は140検体、2日は115検体、3日は139検体だった。1月末の検査開始以降に調べた検体数の累計は1743件(3日現在)となった。

県疾病対策課によると、同研究所のほかに、PCR検査機器を持つ県内の一部医療機関でも1日当たり50件程度の検査ができる。公的医療保険の適用が始まり、これとは別に民間検査機関での検査も始まっている。

同課は「現時点では医師が必要と認めたケースは全件検査を実施できている」としている。
茨城新聞 20200407

安倍晋三首相は新型コロナウイルス特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を7日にも発令すると表明した。対象は東京など首都圏と大阪、兵庫、福岡の7都府県で期間は1カ月程度。諮問委員会に諮り、決定する。


 

つくば市では、新型コロナウイルス感染拡大による医療崩壊を防ぐため、市の公共宿泊施設「ゆかりの森」等の公共施設をつくば市内の陽性患者の受け入れ施設として提供をする準備を整えています。医療崩壊を防ぐには、無症状・軽症患者の病院以外の施設での早急な受け入れが不可欠となります。全国の地域で即座に実施できる取り組みとして、自治体が保有する宿泊施設等の公共施設活用を「公共施設提供モデル」として推進していきます。

つくば市HP

鎌田實先生 今は離れてつながって

火曜日, 4月 7th, 2020

今は、命を守るために人と物理的に離れることが大事。
離れていても、SNSやスカイプ、電話などで、人とつながることができます。
今は「離れて、つながる」。
離れることが、未来につながります。

Twitter始めました

ブログ

HP

新型コロナウイルス対策ダッシュボード

火曜日, 4月 7th, 2020

スポニチ 20200707

新型コロナウイルス対策ダッシュボード

病床数確認サイトが話題に!
感染者数や病床使用率が一目で確認可能!!

都道府県別に病床数と患者数を表示した「新型コロナウイルス対策ダッシュボード」(4月4日現在、東京のみ6日午前11時現在)
都道府県ごとの感染者や病床の数、使用率などが一目で分かる「新型コロナウイルス対策ダッシュボード」が、インターネット上で話題になっている。
開発者は福井県鯖江市のソフトウエア開発企業「jig.jp」の福野泰介氏で、東京都の感染症対策サイト立ち上げにも携わった。厚生労働省や各自治体の発表データから患者数などの数値を抽出し一覧にまとめた。空き病床が少ない自治体ほど色が濃くなる仕様で、都市部ほど足りない状況が一目瞭然。病床数の増加など、反映が遅れることもあるが「各地の事情が分かりやすい」と注目されている。

COVID-19JAPAN

茨城県 新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料

緊急事態宣言

緊張とリラックスのバランスを

月曜日, 4月 6th, 2020

IMG_0125

冷蔵庫が空っぽになったのでお使いGO!

のんびりしている場合ではなかったみたい・・・

茨城県新型コロナウイルスの感染

月曜日, 4月 6th, 2020

茨城新聞 2020年4月5日

《新型コロナ》茨城県内で新たに5人感染 JAとりで患者ら 常陸太田の親子も

茨城県は5日、県内で新型コロナウイルスの感染が新たに5人確認されたと発表した。うち3人は、院内感染が起きたJAとりで総合医療センター(取手市)の患者2人と看護師。残る2人は、都内の飲食店勤務の30代女性と、その父で常陸太田市の60代自営業男性。親子はいずれも軽症という。県内の感染確認は計64人となった。

県内2例目の感染者となったつくば市の20代男子大学生が4日に退院したことも発表。県内感染者で退院は2人目。

同センターで陽性が確認されたのは、院内で最初に感染が判明した入院患者と同部屋だった、つくば保健所管内の60代無職男性。3月28日のPCR検査は陰性で、2度目の検査で陽性となった。

もう1人は透析外来患者で、感染者が出た病棟で治療を受けた取手市の50代会社員男性。看護師は守谷市の20代男性で同じ病棟に勤務、同29日の検査は陰性だった。3人とも最近の海外渡航歴はない。

同センター関連の感染者は計13人となった。国のクラスター対策班によると、感染の広がりは最初に感染者が出た病棟内で収まっているという。

常陸太田市の親子は、先月27日に実家に帰省した娘が30日に発熱、父親も今月1日から発熱した。海外渡航歴はない。

濃厚接触者の検査では、実家がつくばみらい市で2日に感染判明した都内の20代女性の家族3人と、4日に感染判明した都内勤務のつくば市の30代会社員男性の家族4人は、全員陰性だった。


4/6発表 新型コロナウイルス感染症対策茨城県本部発表資料

65例目から71例目 他

茨城県感染状況4-5 茨城県感染状況4-6発表 茨城県市町村ごとの感染確認

新型コロナウイルス感染症に係る茨城県からのお知らせ

月曜日, 4月 6th, 2020

JAとりで医療センターJAとりで医療センター濃厚接触者PCR検査にて 新たに3名が陽性

月曜日, 4月 6th, 2020

茨城県新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料

4/5発表によれば、

JAとりで医療センター濃厚接触者PCR検査にて

新たに3名が陽性になった。

3/27~28に同室患者が陽性になった時は、陰性だった。

透析通院されている人も陽性に!

新型コロナウイルスの感染力↗↗どこまで続くの?

 

茨城、新型コロナ 新たに10人感染確認 計54人

土曜日, 4月 4th, 2020

2020年4月4日(土)

茨城、新型コロナ 新たに10人感染確認 計54人に

茨城県は3日、新たに20代から90代の男女10人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。今のところ、重症者はいない。県内感染者は計54人となった。クラスター(感染者の集団)が発生したとされる、神栖市の障害福祉サービス事業所「ハミングハウス」の利用者、職員ら5人と、つくば市の介護老人保健施設「アレーテル・つくば」の入所者3人。新たに古河保健所、龍ケ崎保健所管内の男性2人の感染も判明し、県は症状や行動歴、濃厚接触者について詳しく調べる。アレーテルについては関係者の1回目のPCR検査がほぼ終了したという。また、県は県内3例目の阿見町在住の男性の退院を明らかにした。

新たに感染が確認されたのは、ハミングハウス関係がいずれも神栖市在住で、20代の男性2人、40代の男性1人の計3人の利用者、20代の施設職員の女性、感染した利用者の家族である70代女性。アレーテルの入所者3人は、いずれもつくば市在住の90代女性2人と80代女性1人。残りの男性2人の詳しい情報ついては調査結果をまとめて今後公表する方針という。
20200403-54例目コロナ