Archive for the ‘取手市’ Category

ゆめあかり3.11の流れ

火曜日, 1月 28th, 2020

2020-01-27 22.58.36

ゆめあかり3.11の流れ

メッセージ受付中です。

雪になりませんように

月曜日, 1月 27th, 2020

2020-01-27 13.47.29

取手市城根 1本松のお地蔵さんが寒そう

怪しい空☁

🌨雪が降りませんようにm(__)m

 

有名シェフも足を運ぶ日本のハーブ畑

月曜日, 1月 27th, 2020

中田英寿に・ほ・ん・も・の外伝 茨城

2009年から15年まで

47都道府県2000近くの場所を訪れています。

世界に誇る日本の伝統・文化・農業・ものづくり探し旅です。

中田さんが取手で選んでくれた場所は、霜田農芸さんでした。

1カ月前ぐらいに取材にいらしたようです。

ご興味のある方はこちらの記事をお読みください。

 

取手市市議会選挙速報 投票率 43.86%

日曜日, 1月 26th, 2020

取手市HPより

午後9時14分確定 開票率 100%

  • 岩沢 しん 2,519票 当選
  • 佐藤 りゅうじ 2,296票 当選
  • 石井 めぐみ 2,103票 当選
  • 久保田 ますみ 1,881票 当選
  • さいとう 久代 1,800.629票 当選
  • 小池 えつ子 1,662票 当選
  • おちあい 信太郎 1,634票 当選
  • 金澤 かつひと 1,625票 当選
  • いりえ 洋一 1,619票 当選
  • そめや 和博 1,580票 当選
  • 鈴木 みつお 1,471票 当選
  • 遠山 ちえ子 1,438票 当選
  • 結城 しげる 1,430票 当選
  • 加増 みつ子 1,371票 当選
  • 根岸 ゆみこ 1,348票 当選
  • 山野井 たかし 1,334票 当選
  • 赤羽 直一 1,312票 当選
  • 細谷 のりお 1,228票 当選
  • 関川 かける 1,164票 当選
  • 関戸 勇 1,162票 当選
  • こづつみ 修 1,119票 当選
  • よしだ 宏 1,101票 当選
  • 須田 みつお 1,049票 当選
  • 海東 一弘 882票 当選

 

  • 飯島 ゆうすけ 773票
  • 伊藤 まさお 743票
  • 岡本 ゆきのぶ 670票
  • 斉藤 たかし 409.370票
  • 平 ゆうこ 334票
  • 谷口 治 244票
  • こざわ 悦夫 156票

佐藤彦大さんピアノコン 観客250人を魅了 

日曜日, 1月 26th, 2020

佐藤彦大さんピアノコン 観客250人を魅了 牛久

毎日新聞2020年1月26日

国際的に活躍するピアニスト、佐藤彦大(ひろお)さんが25日、エスカード牛久(牛久市牛久町)でピアノコンサートを開き、約250人の観客を魅了した。

県南地域の毎日新聞販売店でつくる「県南部毎日会」(小沼一雄会長)が主催し、2019年に続いて2度目。佐藤さんは東京音楽大学付属高2年の04年に「第58回全日本学生音楽コンクール全国大会」(毎日新聞社主催)高校の部1位。東京音大2年の07年には「第76回日本音楽コンクール」(毎日新聞社・NHK主催)でも1位に輝いた。

コンサートは2部構成で、佐藤さんはモーツァルトの「トルコ行進曲」やムソルグスキーの「展覧会の絵」、リストの「ラ・カンパネラ」などの名曲を演奏し、観客の胸を揺さぶった。

来場したつくば市の高田美知子さんは「佐藤さんの演奏を聴くのは3回目。毎回演奏に引き込まれる。雄々しく演奏したり、ソフトに演奏したり、と本当に素晴らしい音色でした」と話した。

佐藤彦大さんTwitter

失敗は次のチャンス

土曜日, 1月 25th, 2020

「失敗は次のチャンス」 五輪柔道銀の平岡・筑波大助教講演 取手 
毎日新聞2020年1月24日 

 2012年のロンドン五輪柔道60キロ級銀メダリストで、筑波大助教の平岡拓晃さん(34)が23日、取手市立山王小学校で講演会に臨んだ。平岡さんは08年北京五輪の初戦敗退から立ち直った経験をもとに、「失敗は次のステージへのチャンス。ぜひトライし、自分と向き合う勇気を持って」と語りかけた。

 講演は、山王小学校が依頼して実現した。全校児童57人と教職員、地域住民らが体育館に集まり、熱心に耳を傾けた。

 平岡さんは北京大会の初戦で敗退し、批判の声があったことを紹介。頑張ったのに批判され、少しふてくされていた。その頃、母親ががんに侵されていることを知った。「自身の態度が母にストレスを与えてしまったのではないか」と反省し、「母や応援してくれた人たちにもう一度恩返しをしたい」と再び立ち上がったという。

 自室には、初戦敗退の記事を張り、気持ちを奮い立たせて練習に励んだ。平岡さんは講演の中で「失敗を恐れず挑戦してほしい」と繰り返し強調した。

 講演後は柔道着に着替え、児童12人を相手に技を掛け合った。6年の小谷歩睦さん(12)は「自分と向き合っていろいろなことにチャレンジしたい」と語った。平岡さんに大外刈りをかけた5年の岡田穂乃海さん(11)は「転びそうになったが、面白かった」と笑顔で振り返った。

山口凌河選手、笠間高で特別授業

金曜日, 1月 24th, 2020

「パラや障害、身近に感じて」 取手出身・山口凌河選手、笠間高で特別授業 
毎日新聞2020年1月23日 
 東京パラリンピックのゴールボール代表に内定している取手市出身の山口凌河選手(23)が22日、県立笠間高で特別授業に臨んだ。目の不自由な山口選手は、体育館で同校1年の生徒約170人を前に「障害を身近に感じてほしい」と訴えた。

 山口選手は中学3年の夏に病気で視力をほぼ失い、県立盲学校に進学。光をさえぎるゴーグルをつけ、鈴の入ったボールを交互に転がして得点を競うゴールボールと出合った。鈴の音を頼りに自在にプレーする選手に憧れを抱き、競技に熱中した。

 山口選手はこの日の特別授業で、目が不自由になった頃を回想し、当初は障害を受け入れるのに葛藤があったと振り返った。現在は「目が見えなくなったからゴールボールに出合え、日の丸を背負って大舞台に立てる」と前向きに捉えているという。

 視覚障害には先天性と後天性のものがあることに触れ、「障害にも個性があることを学んでほしい」と語った。さらに「今日をきっかけに、パラリンピックや視覚障害を身近に感じてほしい」と力を込めた。

令和2年4月ごみの収集頻度と収集曜日が一部変更

木曜日, 1月 23rd, 2020

プラゴミの回収率が悪かったんですね。

分別区分 変更前(現況→変更後(令和2年4月から)
プラ容器 毎週水曜日→第1・3(第5)水曜日
古紙・古着 第2・4土曜→第2・4水曜日

第2・4土曜日のごみの収集はなくなります。

 

取手市HP

取手の芸術家作品展

木曜日, 1月 23rd, 2020

取手の芸術家作品展 二科展理事長・田中さんら、来月7日まで 
毎日新聞2020年1月23日 

 二科展理事長で画家の田中良さん(96)ら取手市に住む芸術家の作品が、取手駅ビルにある「とりでアートギャラリー」で展示されている。市が姉妹都市30周年を記念し、米カリフォルニア州ユーバ市に贈る作品が並んでいる。

 作品は、田中さんの油彩画「西筑波」▽二科展会員の松田朝旭さん(84)による色鉛筆のスケッチ画「取手風景」▽書家の松本掃玉さん(98)の書「めだかの学校」と「寿」など。

 展示は2月7日まで(1月27、28、29日を除く)。下校途中に立ち寄った取手二高1年、海老原優空(ゆあ)さん(15)は筑波山を描いた田中さんの作品を見て「色の使い方がリアルで、本当にすごい」と話していた。

東漸寺で消消防訓練

木曜日, 1月 23rd, 2020

取手・東漸寺で消防訓練 住民ら参加 
毎日新聞2020年1月23日 

 26日の文化財防火デーを前に、取手市本郷3の東漸(とうぜん)寺で22日、消防訓練があった。取手消防署員と消防団員が、緊張した表情で放水していた。

 訓練は、17世紀創建の県指定文化財の観音堂から出火したとの想定で実施。地域住民らも参加し、消火器の使い方や通報の仕方を確認した。

 寺によると、観音堂には奈良時代に活躍した僧・行基が作ったとされる馬頭観音像が収蔵され、33年に一度開帳される。吉岡賢眞住職(56)は「いざという時には住民の協力がなくては守れない。意識を高めるためにも訓練は大切だ」と話していた。