Archive for the ‘茨城’ Category

「ひよっこ」6大ポイント

火曜日, 4月 25th, 2017

「ひよっこ」舞台・茨城が熱い!ロケで活気 過疎地から「可愛さ」発信

1⃣ スポニチ 20170425

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)の舞台は茨城県。19年ぶりの日本出身横綱となった稀勢の里の故郷でもあり、全国魅力度ランキング最下位の“ジミケン”がいま大いに沸いています。今週末から主人公が上京する“第2章”が始まる中、知って楽しいドラマの隠れた魅力を6日間にわたって紹介します。心地よい春の朝が毎日待ち遠しくなりますよ。

見渡す限り、山と田んぼと畑が広がっていた。日本の原風景が今も残る茨城県高萩市の山間部。入り組んだ山道を分け入っていくと、ヒロイン・みね子の実家のモデルとなった農家がポツンとある。近くに住む鈴木直登さん(69)は「50年前から景色は変わらんねぇ。電柱が木から鉄になったくらい」と田んぼの方へ目を向けた。

一方で利便性とはほど遠く、山間部の人口流出は止まらない。直登さんは「60年代は小中学校でも1学年30人以上いたのに、この前も小学校が廃校になってしまってね」と話すように、若い世代はほとんど都会へ向かい、過疎化は深刻だ。

そこにやって来た朝ドラのロケ。地域は一気に活気づいた。住民は撮影に全面協力し、エキストラとしても積極的に参加した。直登さんは「通院の約束をほったらかして撮影に来るじいさんもいたよ」と苦笑い。放送が始まると、放送時間中は誰も外出しない。直登さんの同級生で同じくロケ地近くに住む鈴木勝一さん(69)は「みんなBS、朝、昼と3回見てるからこの付近では視聴率300%だわ」と笑顔だ。さらに茨城出身の稀勢の里が今年1月の初場所で初優勝&横綱昇進。勝一さんは「なんか茨城に盆と正月がいっぺんに来たみたい」と喜んでいる。

舞台が茨城となったのは、脚本の岡田惠和氏と制作スタッフが話し合い「東京へ行ったヒロインが帰りやすそうだけど帰れない、ほどよい距離感」から決まった。高度経済成長期の1960年代でも東京からそれほど遠くはなく、都会の喧騒(けんそう)に疲れたヒロイン・みね子がいざとなったら英気を養うために帰ってこられる、そんな設定にしたかった。

そして大切な場所である実家の雰囲気も「みね子に共感する視聴者が思わず笑顔になるような、現在で言う“可愛い”を表現したかった」(ドラマ美術担当)という。番組スタッフは360度見回しても現代の建物がない場所を前提に、20軒程度を下見。中でもモデルとなった高萩市の農家は赤い屋根がとてもキュートで「スタッフのほとんどが、あれしかない!イメージにぴったり!と感嘆した家だった」という。

小粋なポストや玄関先の風見鶏、子供たちが遊ぶ手作りの鉄棒などを美術スタッフが用意して、実家の可愛らしい外観は出来上がった。しかし、クランクイン当初は朝ドラヒロインの重圧からか、有村架純(24)の表情が硬いときもあった。それを解きほぐしたのが実際に農家に住む老夫婦。近くで採れた山菜料理を振る舞い、会話を重ねていると、有村から自然と笑顔がこぼれるようになった。ある日、有村は宿舎があるにもかかわらず夫婦に「きょう一人でここに泊まっていい?」と聞いた。みね子と同化した瞬間だった。

有村は田舎の健康的な高校生になりきるために約5キロ増量した。ビジュアルも重要な女優にとってはちょっとした決意。共演する宮本信子(72)も「みね子ちゃん、いいわねえ」と絶賛。地元では「稀勢の里のようにみね子も粘り強く頑張るはず」と期待の声が上がっている。

≪6市町合同で推進協議会≫行政も「ひよっこ」とともに町を盛り上げようと躍起だ。高萩市内では至るところに「ひよっこのロケ地」をアピールするのぼりが立つ。また高萩市や常陸大宮市など県北6市町は合同で「茨城県北ひよっこ推進協議会」を発足した。観光者向けの土産品に貼る「ひよっこ」ロゴマークを作成するなどロケ地であることをPR。担当者は「観光促進や地域活性につなげたい」と話すとともに、「いずれはロケ先を巡るツアーなども立ち上げたい」と話している。

2⃣ スポニチ 20170426

朝ドラを変える!?小ネタ満載 増田明美さんの応援解説ナレーション

「ひよっこ」に体育教師役でも出演した増田明美さん。聖火トーチを持って健脚を披露

 【ひよっこ6大ポイント(2)】NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)のナレーションを担当するのはマラソン解説者の増田明美さん(53)。その心地いい語り口はネット上でも話題になっています。小ネタ満載の独特の解説手法と同様に、ユニークな語りを披露しています。起用の狙いは何だったのか?NHKに取材し、増田さんにも意気込みを語ってもらいました。

 増田さん特有の柔らかな声色が心地よく耳に響く。「みね子さん、頑張ってね」などとヒロイン有村架純(24)ら出演者を見守るような口調も特徴的だ。

 物語の舞台となっている1960年代の理解に一役買う。第1週の放送では「この頃、奥茨城から東京へ電話するのに30分かかるのは当たり前でした」と当時の電話事情を説明。ポール・マッカートニーが日本武道館で公演を行った25日放送分では「ビートルズは日本でも前年(63年)にレコードが発売されて、名前が知られるようになっていました」と紹介。SNSなどには「声がこんなにハマるとは」「視聴者目線も新しい」と賛美の声が続々。増田さんは「そう言ってもらえて安心しました」とホッとした笑顔を見せた。

 企画段階で、制作サイドと脚本の岡田惠和氏はナレーションにルールを決めた。「“みね子はこの時、こう思った”などの心情を入れるのは禁じ手にしよう」。安易な語りによる人物描写はやめて、役者の演技とストーリー展開でドラマを見せることを確認した。とはいえ50年前の話。時代背景の解説は必要だった。スピーディーな展開の妨害をせず、かつドラマへの興味を失わせない語り。白羽の矢が立ったのが増田さんだった。

 増田さんのマラソンの解説はとにかくユニーク。「先頭の小崎まりさんですが、今日も子供に母乳をあげての出場です」「ヌデレバさんは大好きなカボチャをお母さんに食べさせたいとケニアに種を持って帰ったんですが、うまく育たなかったんです」。そんな発言がレースを見ている視聴者の邪魔にならない。

 むしろ走っている選手への興味につながるのは、優しげな語り口だけではなく増田さんのポリシーのためだろう。「私のは応援解説なの。頑張っている選手を見ると、こんな子なんですと紹介したくなるんですよね」

 オファーを受けてから1カ月間、スタッフから借りた60年代のニュース映像のDVD数枚を、1日何時間も繰り返し見続けた。図書館で60年代に関する資料に目を通したこともあった。

 「あの頃のニオイを私の中にたくさん取り込もうと思ったの。そうしないと、解説の時のように自然と小ネタを話せないと思ったんです」

 好みのランナーは自らレースを打開しようとするタイプ。「失踪したお父さんを捜すみね子ちゃんは、まさに私の大好きなランナー」。その“応援解説”が半年の長丁場を支えてくれるに違いない。

 ≪演技挑戦も…増田さん「全然駄目」≫増田さんはヒロインの体育教師の役で演技にも挑戦している。第3週目で村の聖火リレーの場面で出演。元トップランナーらしく年齢を感じさせない健脚を披露する。演技の方は「全然駄目。セリフも棒読みで」と苦笑い。ただ出演者と交流したのはナレーションの仕事の糧となった。「(有村)架純ちゃんも(佐久間)由衣ちゃんも、本番になると表情が一瞬で切り替わるんです。役者さんは凄いですよね。彼女たちを心底応援したいと思いました」と話していた。

ディスカバーいばらき参加者募集

木曜日, 4月 20th, 2017

2017年6月10日午後2時22分取手発→3時43分下館着

同日 3時57分下館発→5時21分取手着

茨城の原風景を眺めながらのミニ旅は、キリンビール取手づくりなどが飲み放題。

地元食材を生かしたお弁当も楽しみ。

茨城新聞 20170419

20170419-i

 

るるぶ牛久ゲット ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

月曜日, 4月 17th, 2017

IMG_3105

ひろくんを救う会

金曜日, 3月 31st, 2017

【いばらき春秋】

分娩(ぶんべん)室前の長椅子で身を固くし、生まれてくるわが子の無事を祈った。年齢が上がるにつれ勉強やスポーツの成績に一喜一憂するが、子どもが病気になると、やはり健康が一番とわれに返る
土浦市の稲本啓(ひろ)ちゃん(2)は生後すぐ、心臓の難病「拡張型心筋症」と診断された。昨夏に病状が悪化し補助人工心臓を装着したが、助かる道は移植しかない
1997年に臓器移植法が制定され20年。国内の移植件数は年間300件以上に増え、脳死判定も法施行後441例を数える。2010年の法改正で15歳未満の脳死での臓器提供が可能になった
しかし、子どもからの提供は現実、極めて少ない。識者は臓器移植への理解が十分進んでいないと指摘する。確かに、わが子がもし脳死と宣告されたら、「人の死」と受け入れられるか、悲嘆の中で臓器提供を決断できるか、自信がない
啓ちゃんの両親は米国での移植を決意し、コロンビア大病院での受け入れが決まった。手術代や渡航費など計約3億1千万円。友人らは「ひろくんを救う会」を結成し、昨年暮れから募金活動を始めた。現在1億6千万円余が集まり、ようやく5合目
小さな命は今も闘っている。支援の輪が全国津々浦々へ広がりますように。

歓喜寺のエドヒガンザクラが見ごろです。

木曜日, 3月 30th, 2017

茨城新聞 20170330

歓喜寺の枝垂れが見ごろです。

20170330-i (2)

お悔み盗難 

木曜日, 3月 30th, 2017

茨城新聞20170329

20170329-i

いきいきいばらき女性塾事業

水曜日, 3月 29th, 2017

ハーモニーフライト2016に参加させていただきました。

学ぶことの多かった数日間です。

冊子ができあがり茨城県より届きました。

市民協働課に届けしましたが

自分用に1冊(笑)

IMG_2786

いつものカフェ☕にも春だより

IMG_2787

ほどよく絶妙 絶妙法師が取手紹介

土曜日, 3月 25th, 2017

茨城新聞 20170325

20170325-i

プロモーションビデオはこちらほどよく絶妙

 

祈りと感謝のコンサート2017 未来へ

月曜日, 3月 20th, 2017

祈りと感謝のコンサート2017
未来へ

東日本大震災犠牲者への追悼
被災地支援者の想いと
被災者支援への感謝を伝えたい

2017年3月30か 13時~
取手ウェルネスプラザ 多目的ホール

主催 東北を繋ぐ架け橋プロジェクト ひだまり
協力 取手・南相馬・双葉浜通りの集い
後援 福島県 取手市 取手市社会福祉協議会

後半部分をお楽しみください。

IMG_2657

DSC05207

DSC05211

DSC05212

DSC05214

DSC05219 IMG_2660

IMG_2661

IMG_2662

IMG_2668

IMG_2674

IMG_2675

IMG_2677

IMG_2681

IMG_2682

 

祈りと感謝のコンサート2017 未来へ

東日本大震災犠牲者への追悼
被災地支援者の想いと
被災者支援への感謝を伝えたい

2017年3月30か 13時~
取手ウェルネスプラザ 多目的ホール

主催 東北を繋ぐ架け橋プロジェクト ひだまり
協力 取手・南相馬・双葉浜通りの集い
後援 福島県 取手市 取手市社会福祉協議会

子どもの甲状腺検診 東日本大震災6年

金曜日, 3月 17th, 2017

茨城新聞 2017031420170314-i