福島第1原発事故 集団健診望む陳情を不採択

9月 23rd, 2017

東日本大震災

福島第1原発事故 集団健診望む陳情を不採択 取手市議会 

毎日新聞2017年9月23日 

 取手市議会は22日、東京電力福島第1原発事故による子供への健康影響を調べる集団健診を求める陳情を賛成少数で不採択とした。

 陳情書は、甲状腺や血液、心電図などの集団健診の定期的な実施を求めている。反対討論に立った山野井隆市議は「福島県の県民健康調査では、これまでに発見された甲状腺がんは放射線の影響とは考えにくいと報告されている」と反対。一方、小池悦子市議は「取手はホットスポットになった。継続的に見ることが大切で、検査は不安を抱えている人への誠実な対応だ」と述べた。

コロチカム

9月 22nd, 2017

IMG_1519

お花って1年ぶりに出会うじゃないですか?

花の名前を覚えていられないのです。

お彼岸に想う

9月 21st, 2017

3-18フラワーカナル (21)

しんちゃん

家に、女の子が産まれたよ・・・かわいいよ。

しんちゃんは、健康寿命が長くって私たちの見本のような時を過ごしたね・・・

小貝川フラワーカナル 彼岸花とコスモス

9月 21st, 2017

3-18フラワーカナル (4)

 

WOW なぎ倒されてる(^-^)┸┓ワァーwwww
3-18フラワーカナル (11)

3-18フラワーカナル (12)

3-18フラワーカナル (13)

3-18フラワーカナル (14)

3-18フラワーカナル (20)

3-18フラワーカナル 1

お花きれいね~

ゆめまっぷの会事務局Café 温々亭で夜会

9月 19th, 2017

今月から、お休みの前日の火曜日は

夜10時まで営業している Café 温々亭

急遽 打ち合わせ会開催です。

注文したのは「どんぐり茶とどんぐり焼き菓子」

抗酸化力がとっても高いそうです。

IMG_1491

IMG_1492

隣の席では、

Café 温々亭弁当(要予約)を召し上がっていました。

( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄; アリャ?

値段を聞いたのに忘れてしまった(๑•́ ₃ •̀๑)

IMG_1490

オーナー手づくり

Café 温々亭の灯り・・・

IMG_1495

残った古米、寄付してください 

9月 19th, 2017

フードバンク

残った古米、寄付してください 

毎日新聞2017年9月18日 

 規格外などの理由で、賞味期限内に破棄される食品を生活困窮者に提供するNPO法人「フードバンク茨城」(牛久市)が、新米の収穫期に合わせて、家庭内などに残っている古米の寄付を呼び掛けている。

 寄付された古米は、社会福祉協議会などを通じて生活困窮者に提供するほか、福祉施設などにも寄贈する。特に処分を予定していたり、食べる予定がないまま保管している古米や古々米の寄付を家庭や飲食店などに呼び掛けている。

 スーパーマーケットなど県内52カ所に設置された「きずなBOX」や、同法人の事務所(水戸市と牛久市)で受け取る。問い合わせは、同法人(029・874・3001)。

第7回 ゆめあかり3.11始動

9月 18th, 2017

3-15敬老の日 (8)

関係各所への資料作り中

2018年3月10日午後3時より7時まで「第7回 ゆめあかり3.11」を行います。

第6回ゆめあかり3.11で寄付させていただいた

桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金 被災三県への配布状況報告

 

台風一過と敬老の日

9月 18th, 2017

昨日の 「イエローミミ」ミニトマトちゃん3-14 (6)

今日の 「イエローミミ」

IMG_1457

元気になるかな?

 

敬老の日

子供達とパパに、ご馳走してもらったよ~

母も大喜びでした。

3-15敬老の日 (6) - コピー

 

手作り 洋菓子店 ラ・パティスリー ルプランジュ

9月 17th, 2017

手作り 洋菓子店 ラ・パティスリー ルプランジュ


IMG_1286

IMG_1283

IMG_1284

IMG_1280

IMG_1285

IMG_1289

IMG_1290

ルプランジュは、フランス語で「純粋な天使」

茨城県北相馬郡利根町加納新田1996
※カーナビは加納新田1995で検索

金属彫刻 一新 JR取手駅東口 

9月 16th, 2017

金属彫刻 一新 JR取手駅東口

毎日新聞2017年9月16日

取手市のJR取手駅東口の歩道沿いに展示されている金属彫刻16点が3年ぶりに一新された。

ここには鋼板を使った展示台(縦173センチ、横280センチ)が12基設置され、「ストリートアートステージ」として作品を展示してきた。

東京芸術大美術学部の学生や助手らが制作した金属彫刻の作品群は2001年から展示を開始し、1年半~3年おきに交換している。今回で7シリーズ目の作品群になる。

市は市街地を美術館化するタウンミュージアム構想を進めており、「芸術を身近に感じてほしい」(文化芸術課)としている。