Archive for the ‘記事’ Category

とりで・スクール・アートフェスティバル

火曜日, 1月 22nd, 2019

アートフェス
取手の7高校合同 絵画、彫刻、造形など90点 24日まで 
毎日新聞2019年1月22日 

 取手市にある県立・私立全7高校の生徒らの芸術作品を一堂に集めた「とりで・スクール・アートフェスティバル」が同市新町2の取手ウェルネスプラザで開かれ、絵画、彫刻、造形など個性豊かな90点を展示中だ。美術科がある県立取手松陽高が各校に呼びかけ、初めて実現した。

 物理学者のアルベルト・アインシュタインやビートルズのジョン・レノンら多くの顔を描いた絵画「Requiem」(取手松陽3年、中原智紀さん)▽粘土を素焼きにしたフクロウの彫刻「エクリプス」(江戸川学園取手1年、小野内航大さん)などが目を引く。

 県立取手一はからくり時計などを出展。県立の取手二、藤代、藤代紫水と、聖徳大付属取手聖徳女子のほか、小中高一貫教育の江戸川学園取手中学・小学校も参加。

 取手松陽美術科の赤平純子主任教諭は「地元の高校の良さを知っていただき、生徒や教員の交流にもつなげていきたい」と説明。来年も合同アートフェスを開く計画だ。

 展示は24日まで。開場時間午前10時~午後6時(24日午後5時終了)。翌25日午後5時から、取手松陽音楽科の卒業演奏会を開催。3年生14人がそれぞれピアノやトランペットなどをソロ演奏する。入場無料。

祈りと感謝のコンサート

水曜日, 1月 16th, 2019

茨城新聞 20190116

20190116-i

取手市下高井のあわんとり

火曜日, 1月 15th, 2019

正月飾り炎に包まれ 取手

毎日新聞 2019.01.15

取手市下高井の永山地区ちびっこ広場では、無病息災を願う「あわんとり」(どんど焼き)が行われた。住民が竹を組み上げて高さ約10メートルのやぐらを構築。正面を5段に仕切り、近隣の住民らが持ち寄った旧年のだるまや正月のお飾りなどを奇麗に並べた。

午後6時過ぎ、やぐらに点火すると瞬時に燃え上がり、数分後に崩落。取り囲んだ住民らが竹に刺した餅を火で焼いて食べ、健康を祈っていた。地元の永山区町内会が主催。同会の永山青年会が竹を切り出し、やぐらを組むなど作業に当たった。青年会の中村許一会長(57)は「自分が高校生のときに父親らが始め、約40年続く。地域の伝統行事として次の世代にも引き継ぎたい」と話していた。

動画は、昨年2018年撮影のものです。

ドローン撮影で素敵!

とりで・スクール・アートフェスティバル

火曜日, 1月 15th, 2019

茨城新聞 20190115

とりで・スクール・アートフェスティバル

1月19日~25日まで

取手ウェルネスプラザにて開催。

20190115-i

第67回独立書展入賞

日曜日, 1月 13th, 2019

毎日新聞2019年1月12日

第67回独立書展入賞者(21日まで、国立新美術館、毎日新聞社後援、敬称略)

秀作=秋庭陵堂(古河)中村友子(龍ケ崎)皆川敦(つくば)▽佳作=秋山孤石(石岡)遠藤節子(龍ケ崎)八馬恵美(神栖)▽小さな華=山本愛(土浦)金島陽子(取手)長洲妙子(つくば)古晒陽子(利根)

水に浮かぶアイスチューリップ見ごろ

土曜日, 1月 12th, 2019

アイスチューリップ
「春」を先取り ひたち海浜公園 /茨城
毎日新聞2019年1月11日

国営ひたち海浜公園(ひたちなか市馬渡)で、開花時期を調整して冬に花を咲かせる「アイスチューリップ」が見ごろを迎えている。

同園によると、冷蔵室で保存して冬を疑似体験させたチューリップの球根を植えると、寒い時期でも外気温の差によって季節を春と感じ、通常より早く開花するという。見ごろは今週末まで。

同園海浜口・風のゲート近くにある「グラスハウス」に面した池に浮かぶ花壇には、太平洋を背景に咲き誇る赤色や黄色、ピンクなど色鮮やかなチューリップ13品種、約1万6000本が来園者を楽しませている。

日立市から友人と訪れた菊池君枝さん(68)は「色がとてもきれいで癒やされました」と笑顔で話した。問い合わせは同園管理センター(029・265・9001)。

20190109-iYouTube

ひたちなか海浜鉄道展

金曜日, 1月 11th, 2019

ひたちなか海浜鉄道展 湊線の魅力、存分に

毎日新聞 2019年1月10日 

 「ひたちなか海浜鉄道展」が、取手市藤代のインテリアショップ「シークレットゲート&カフェ」で開かれている。ひたちなか市内を走る同鉄道湊線(勝田-阿字ケ浦、14・3キロ)の写真や、歴代のヘッドマークをはじめ車両や駅の備品類が並ぶ。100年を超す湊線の歴史の重みを感じさせる。

 ひたちなか海浜鉄道によると、写真と備品類を合わせた展示は今回が初めて。同鉄道公認カメラマンで水戸市在住の中川宗右衛門さん(54)が撮影した沿線風景に溶け込む湊線の写真60点を展示する。備品類は約130店を公開。車両に付けた行き先表示札(サインボード)や、北海道内の鉄道会社から購入した中古車両の部品で、窓に雪が付かないよう窓ガラスが回転する「旋回窓」など珍しい部品も。

 会場では、車掌の制服(子供用含む5着)の試着や記念撮影ができる。同店を経営する家具店「ブームス」広報室長の中山典子さん(30)は「地域に愛されている鉄道の魅力を知っていただきたい」と話す。1月29日まで(12月31日~1月3日と水・木曜休み)。午前11時~午後7時。入場無料。同12日午後3時からは会場で同鉄道の吉田千秋社長と中川さんの対談を予定。問い合わせはシークレットゲート&カフェ(0297・82・4190)。

歌留多(かるた)で訪ねるわが町とりで

水曜日, 1月 9th, 2019

サークル「16創年の会」 取手名所 かるた風に紹介

取手市の市民サークル「16創年の会」(金田俊明会長)が、

市内の名所や旧跡をかるた風に紹介する冊子「歌留多(かるた)で訪ねるわが町とりで」の第4号を発刊した。

9C3E820

一番長い元号は昭和!

金曜日, 1月 4th, 2019

IMG_0198

必要なものだけを持つ暮らし

木曜日, 1月 3rd, 2019

先日も書いたね。

物を使い切る。

物を買うときに、最後まで使い切れるか。

そんなことを問いながら手にしている^ ^*

60にして思うこと。

季節の絵葉書が

貯まってしまった。

この頃手紙を書いていないな。

年賀状を手にして、気になる方にお返事を書いた。

長く、引き出しで眠っていた絵葉書が生き返った(笑)

使い切ったことに快感を覚えている。

まさかの終活???
IMG_0196

IMG_0195