Archive for the ‘記事’ Category

バイオライフ搾油所 油を搾る体験学習

金曜日, 1月 19th, 2018

体験学習
ヒマワリ種搾油 28日、取手 
毎日新聞2018年1月19日 

 地元で取れたヒマワリの種から油を搾る体験学習が28日午前10時から、取手市高須のNPO法人「バイオライフ搾油所」で開かれる。

 同市など県南地域の畑で昨夏収穫されたヒマワリの種を圧搾機に入れて油を取り出す。

 同11時からは隣にある高須公民館の調理室を使い、ヒマワリ油を使って揚げた天ぷらを楽しむ「地あぶらパーティー」(昼食)を開く。

 参加費1000円。定員20人。24日まで参加者を募集中。申し込みは塩川さん(080・3065・0783)へ。

傍嶋賢さんの個展開催中

水曜日, 1月 10th, 2018

個展
動物の絵画ずらり 取手の画家、傍嶋さん 
毎日新聞2018年1月10日 

 取手市藤代のインテリア店「BOOMSシークレットゲート&カフェ」で市内の画家、傍嶋賢さん(38)の個展が開催されている。オオカミやフクロウ、ゾウなどさまざまな動物を描いた絵画27点を展示している。

 会場では作品をあしらった座布団やポストカードも販売。30日まで(水・木曜定休)。午前11時~午後7時。13、14、20日は傍嶋さんが来場予定。問い合わせは同店(0297・82・4190)。

自分なりの道を進む

月曜日, 1月 8th, 2018

茨城新聞 20180108

2016年9月に取手市の創業セミナーに参加後起業した「RUMKA」

20181008-i (1)

藤代ライオンズクラブ 若い世代に献血を呼び掛け

20181008-i (2)

第28囘取手市青年の主張大会

20181008-i (3)

取手市議会女性の特別委員会設置

土曜日, 12月 16th, 2017

茨城新聞2017121620171216-i

取手いじめ自殺 茨城県が第三者委を20日に開催

水曜日, 12月 13th, 2017

取手いじめ自殺 茨城県が第三者委を20日に開催

毎日新聞2017年12月13日

 2015年11月に茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを日記に残して自殺した問題で、県は12日、第三者調査委員会の初会合を20日に開くと発表した。委員は、独協大教授・市川須美子▽弁護士・蒲田孝代▽同・栗山博史▽臨床心理士・佐竹由利子▽ソーシャルワーカー・竹村睦子▽日本体育大教授・森島昭伸--の6氏。

 当初は市教委が第三者調査委を設置していたが、菜保子さんの両親の求めで解散。県が新たな第三者委設置を表明していた。

東取手病院が移転 リハビリ室も設置

水曜日, 12月 13th, 2017

茨城新聞 2017212

医療法人社団輝峰会(阿部賢則会長)が運営する取手市井野の東取手病院(石津泰彦院長)は、建物の老朽化に加え、地域からの幅広いニーズに対応するため、現病院から南方向約200メートルに新築移転した。

来月いじめストップアプリ 取手市教委

土曜日, 12月 9th, 2017

いじめストップアプリ 取手市教委が全中学対象に来月

東京新聞 2017年12月8日
取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が「いじめられたくない」と書き残し自殺した問題を受け、市教育委員会は市立中学全6校を対象に、生徒がいじめ関連の情報を匿名でスマートフォンなどから、市教委に通報できるアプリを来年1月から導入し運用を開始すると発表した。いじめの早期発見や抑止効果を狙う。
市教委によると、導入するのは米国で開発されたいじめ防止通報アプリ「STOPit(ストップイット)」。市立の全中学六校約二千三百四十人が利用できるようになる。
まず、市教委が利用料金を負担し、生徒にアプリをスマホやパソコンにダウンロードしてもらう。
生徒がいじめを受けている、または、いじめを目撃するなどした場合、アプリを使い、市教委に通報。通報した生徒は匿名で、市教委には学年と学校名だけが通知される。
その後、専任の担当者が事実関係を確認して学校に連絡する。いじめの状況によって、市教委や関係機関が連携し対応する。アプリでは、画像や動画も添付できる。
市教委の調べでは、市立中学校のいじめ認知件数は一三年度五十一件、一四年度二十九件、一五年度二十七件、一六年度三十四件で推移。市教委は「いじめが起きにくい、いじめを許さない環境づくりに役立てたい」と話している。
いじめ防止通報アプリは、千葉県柏市など全国で二十五校約一万二千人、米国でも約六千校の約二百七十七万人が利用しているという。

郵便局員の2人詐欺被害を防ぐ 取手署

金曜日, 12月 8th, 2017

感謝状 郵便局員の2人、詐欺被害を防ぐ 取手署 
毎日新聞2017年12月8日 

 取手署は、機転の利いた対応でニセ電話詐欺被害を防いだとして、取手市片町の藤代郵便局(原哲男局長)と局員2人に感謝状を贈った。

 先月27日、79歳の女性が「お菓子を送りたい」と同郵便局を訪れた。荷物が名刺入れほどの大きさだったため、局員の庄司さやかさん(37)が「小さ過ぎる」と不審に思い、「お菓子でいいんですか」と尋ねると、女性は「実はキャッシュカード」と明かした。

 隣にいた局員の小川晴美さん(52)が「中身は何ですか」と改めて問い直すと、女性は「『お菓子』と書くように言われた。役場から医療費の還付金を出してくれると聞いた」と話した。

 小川さんは「これは詐欺だ」と確信し、上司に報告。上司が取手署に連絡した。

 同署によると、女性は先月24日から数回、男の声で電話を受け、カードの暗証番号も聞き出されていた。詐欺未遂事件として捜査中だ。原局長は「お客様の財産を守ることができて良かった」と話した。

音響彫刻 芸大取手キャンパス 

水曜日, 12月 6th, 2017

音響彫刻
独特の音色 市民ら演奏堪能 芸大取手キャンパス 

毎日新聞2017年12月5日 

 大阪万国博覧会(1970年)で制作展示された「音響彫刻」の演奏会が、取手市小文間の東京芸術大取手キャンパスで開かれた。万博での展示後は解体・保管されていたが、東京芸大の専門家チームが修復した。

 フランス人のフランソワ・バシェ(1920~2014年)が、作曲家の武満徹(1930~96年)の依頼を受けて制作した17基の一つ。大きさは幅4メートル、高さ3メートル。花びらのような金属板10枚は、弦の音色を増幅させる役割がある。

 この日はパーカッション奏者でバシェ協会会長の永田砂知子さんと、バルセロナ大美術学部講師のマルティ・ルイツさんが7曲を演奏。市民ら約100人が独特の音色に聴き入った。

大相撲 取手場所 来年4月、きょうからチケット発売 

金曜日, 12月 1st, 2017

大相撲
取手場所 来年4月、きょうからチケット発売 

毎日新聞2017年12月1日 

 来年4月24日に取手市野々井の取手グリーンスポーツセンターで開かれる「大相撲取手場所」のチケットが1日午前10時から発売される。

 日本相撲協会の春巡業の一環。つくばみらい市に部屋を置く立浪親方(元小結・旭豊)らが30日に取手市内で記者会見し、「楽しんで見られるような環境を作っていきたい」と述べた。

 当日は午前8時に開場。稽古(けいこ)も見学できる。取組のほか、ちびっこ相撲(小中学生男子30人)、ユーモラスな初切(しょっきり)も。

 座席は約2600人分で全席指定。タマリ席S(1万4000円)から2階イス席A(7000円)まで10種。販売窓口は実行委員会事務局(0297・85・6008=午前10時~午後5時、日曜祝日休)。