Archive for the ‘まちおこし’ Category

星あかり 8月25日 ボランティア募集

水曜日, 8月 8th, 2018

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

『星あかり』ボランティア募集中(^o^)
利根川の土手から、灯ろう流しの会場への広〜い河川敷をキャンドルの星でいっぱいにしませんか
夕暮れ時、利根川河川敷の取手緑地運動公園にキャンドルの星空がが浮き上がったときは感無量です。ゆめまっぷの会と一緒に星あかりを灯しましょう!

日時  2018年8月25日(土)
14:00 ボランティア集合、準備作業開始
途中参加も大歓迎です
16:30 キャンドル点灯
19:30 消灯・後片付け
持ち物 帽子、飲み物、軍手、汗ふきタオルなど
参加申込 0297-72-7166 (温々亭内、ゆめまっぷの会事務局)
※当日天候や会場の状態によっては星あかりイベントは中止となります。

facebookページやゆめまっぷの会事務局でお知らせします。
ゆめまっぷの会

鯉のぼりプロジェクトin岡堰(おかぜき)

月曜日, 4月 30th, 2018

茨城新聞 10180429 吐玉泉

29日から5月5日まで開催される「鯉のぼりプロジェクトin岡堰(おかぜき)」を前に、取手市岡の岡堰できのう、こいのぼりの設置作業が行われた。内部をくぐって遊べるこいのぼりのトンネルが特徴で、プロジェクト実行委員は地面に立てたアーチ状の支柱をこいのぼりで覆っていた。
今年13回目を迎える恒例のイベント。小貝川の両岸に立てた25本の竹に約60匹のこいのぼりがたなびく。地面には高さ80センチ〜2メートルの支柱を立て、色とりどりのこいのぼりをかぶせている。
家族連れも訪れ、設置されたばかりのこいのぼりのトンネルを駆け抜けていた。プロジェクトの島田忠幸代表は「田植えの時季で堰に水が満杯にたまっていて一番きれいな季節。風景と一緒にこいのぼりも楽しんでもらえれば」と話していた。

ちくダンスで筑西市PR

日曜日, 4月 22nd, 2018

茨城新聞 20180421 いばらき春秋

筑西市のPR動画「ちくダンス」がひたひたと静かな人気を呼んでいる。軽快に踊りながら特産品や観光資源、イベントなど同市の魅力を“ちくちく”指さすポーズで紹介する。
幼稚園児から70歳代までの市民や須藤茂市長、市職員ら総勢約100人が出演。3月30日からインターネットで公開した。目指したのは「インパクトある情報発信」という
テンポに食らいつこうとする須藤市長がいい味を出し、片足を「く」の字に上げ両腕を広げる締めのポーズも抜群。市長とツートップで踊る市広報広聴課の女性課長は動きもシャープでノリノリだ。
ちくダンスから笑顔を差し引くと「指さし確認」になる。信号や計器、標識などの名称、状況を一つ一つ声に出して確認する。鉄道関係者らが習慣化する危険予防のための行為だ。
こだまスイカ、ダイヤモンド筑波、下館祇園まつり…地域財産を指さしてその価値を確認するのは、地方創生に欠かせない。迫る危険はもちろん、人口減少と活力低下である。
ダンスで流した汗を拭いたら、市職員が取り組むべきは地道なまちづくり。郷土の魅力をいかに磨き、にぎわいにどうつなげるか。着実に実を結べば、市役所をちくちく指さす市民も増えるに違いない。

真壁のひなまつり

水曜日, 2月 14th, 2018

第十六章初参加「ふで雛」

相手を見た瞬間に

その人の詩を作ってしまうオーシさんIMG_4066

IMG_4067

お世話になっています「村上書店」

ひなまつり実行委員長さんのお店です。

道路に面した椅子は、なんと引き出し式💺

おもてなしの心です。

IMG_4046

真壁一大きなお雛様「米のたかはし」

店主さんは、選挙管理委員長さんです。

IMG_4070

真壁で一番売れるお土産屋さん「大吉屋」

洗濯ばさみが入ったハイハイ人形雛は、おばあちゃんの手作りです。

IMG_4068

素敵な奥様がお出迎え「伊勢屋旅館」

毎年ゆめあかり3.11ポスターを貼らせてもらっています。

IMG_4065

IMG_4064

バルーンアート雛

お土産に喜ばれそう🎎IMG_4062

ひなまつりをご案内していただいた竹蓋年男さんの切り絵が飾ってあります。

IMG_4056

伊勢屋旅館のひなまつりランチ

もちろん「うまかべすいとん」付き🍱

IMG_4053

参加店 160店舗は回り切れません(笑)

本日は、4月10日放映予定?の国際放送用の取材を行っていました。

真壁も世界デビューですね。

 

さて「どこに行く?」

IMG_4054

ゆめあかり3.11 メッセージ参加しませんか

火曜日, 1月 30th, 2018

毎日新聞 20180130

20180130m
東日本大震災
追悼へ「ゆめあかり」 手製キャンドルのメッセージ、海外からも募集 取手で3月10日 /茨城
毎日新聞2018年1月30日

1万1000本もの手製キャンドルを並べて灯をともし、東日本大震災の犠牲者を追悼する「ゆめあかり3・11」が3月10日、取手市藤代庁舎前広場で開かれる。発生翌年から始まり、7回目となる今年は、キャンドルを覆う紙に貼るメッセージを海外からも募る。申し込みは31日まで。

取手のまちおこしグループ「ゆめまっぷの会」主催。会員はラッピング講師の雨宮由利子さん(68)▽新聞販売業の小沼定子さん(59)▽喫茶店経営の佐藤良江さん(58)▽イラストレーターの鴇田(ときた)優子さん(43)--の女性4人。

キャンドルは、紙袋キャンドルと、上部を切り取ったペットボトルの2種類。いずれも中に入れた着火剤に灯をともす。

紙袋は郵送で取り寄せ、メッセージを書き込んで事務局に送り返す。郵送料含めて2枚500円。事務局での直接購入や当日会場で購入して書き込むこともできる。

ペットボトル型は紙で覆い、メールなどで届いたメッセージを貼り付ける。1本2000円。今回初めて海外からメッセージを募集する。

代表の雨宮さんは「震災を忘れずに鎮魂の祈りと復興の願いをつなげていきたい」と呼びかけている。

問い合わせは事務局(0297・72・7166)へ。ウェブサイト「ゆめあかり3・11」(http://yume-akari.toride-fun.com/)

 

ゆめまっぷの会Facebookページに海外からいただいたメッセージを掲載しています。

ハーブの第一人者霜多増雄さん

火曜日, 1月 9th, 2018

読売新聞 20180109

1FBEB216

野菜のチカラと健康を考える研究会も紹介されています。

ゆめまっぷの会 イベント準備中

水曜日, 11月 29th, 2017

2017-11-29 20.53.51

ゆめまっぷの会

2017年12月15日 取手駅西口周辺開催「ゆいあかり」

2018年3月10日 水と緑と祭りの広場「ゆめあかり3.11」

2つのイベントの準備同時開催中です。

音楽ゆめあかりびととして参加してくださっている TORIDE JAM  さん

ありがとうございます。

 

ゆいあかりのチラシを配布していたら

「紙袋の人ですね」(笑)

イメージは、ゆめまっぷの会=紙袋 なのですね。

ご協力に感謝します。

ガルパンで盛り上がる大洗

日曜日, 11月 26th, 2017

神磯

IMG_2739

磯前神社

高さ16mの大鳥居

額縁は、畳6畳ほどの大きさ

6

表参道から100段登って拝殿へ

IMG_2741

IMG_2743

IMG_2753

因幡の白兎が掘られている

因幡の白うさぎを助けた大国主命(おおくにぬしのみこと)をお祀りした神社とある

IMG_2756

IMG_2758

この神社は男の神様

社殿の屋根の部分 千木(ちぎ) 鰹木(かつおぎ)で区別します。

IMG_2763

あらまぁ

本殿に、おおきな蜂の巣((((;´・ω・`)))

IMG_2764

境内では

IMG_2765

昨年から今年

参拝者が急増しているそうです。

絵馬は、もちろんガルパン

海から引き上げた錨や鯨の骨も奉納されています。

IMG_2772

IMG_2775

幕末と明治の博物館

IMG_2794

大洗市場食堂「魚留」前で、あんこうの吊し切り見学

IMG_2802

IMG_2805
IMG_2806

IMG_2813

IMG_2815

ガルパン一色

1

2

3

4

5

お土産に、「たかはし」のみつだんごGET

IMG_2819

IMG_2820

IMG_2821

IMG_2822

本日 ご案内いただいた「ワンコインボランティア」大洗の皆様

有難うございました。

 

喜平さ・・・面白そう

土曜日, 11月 25th, 2017

IMG_2633

あんどん、街彩る 桜川で十三夜祭、催し楽しむ

土曜日, 10月 28th, 2017

茨城新聞 2017102820171028-i

歴史的建造物が立ち並ぶ桜川市真壁町真壁の真壁伝承館周辺で21日、「まかべ・街灯り 十三夜祭」(まかべ・街灯りプロジェクト主催)が開かれた。

 

友人が代表を務めています。

頑張ってるなぁ・・・