Archive for the ‘まちおこし’ Category

ほどよく絶妙とりでロゴができました

木曜日, 10月 12th, 2017

茨城新聞 20171012

C1A6E885

とうもろこしドレッシング…微妙

水曜日, 10月 11th, 2017

IMG_1882

ふっかちゃん人気↗

IMG_1881

リボンとりで5F studio505 オープン

土曜日, 9月 30th, 2017

今日は、こけら落とし公演として『取手のえっちゃんねる』第一回公開放送

IMG_1713

IMG_1709

IMG_1695

IMG_1699

IMG_1705

IMG_1715

studio505今後のスケジュール説明会

CB731565

写真教室・・・宇津井志穂さん

IMG_1700

笑いヨガクラブ ぴょんぴょん・・・京泉千夏さん

IMG_1701

ラッピング教室・・・雨宮由利子さん

IMG_1703

マインドマップ教室・・・金子正晃さん
IMG_1706

スタジオ505

リボンとりで5階にオープン

取手市を中心に活躍しているメンバーによるシェアスタジオが取手駅西口前「リボンとりで」5階にオープンしました。

ワークショップ、セミナー、展示会等など、楽しくてためになる催しが開催されます。

手芸教室、ラッピング教室、写真デッサン教室、マインドマップ教室・キッズプログラミング教室、笑いヨガクラブ、フェイスブック教室、講談会等など。

詳しい内容や日程などは、フェイスブックペ。ージやリボンとりで3F入口のチラシなどをご覧ください。

https://www.facebook.com/studio505ribon/

studio505@toride-fun.com

21912573_1728094400558153_639321134_n

IMG_1710

地域の皆様には大変お世話になっています。ゆめまっぷの会一同

IMG_1714

 

第7回 ゆめあかり3.11始動

月曜日, 9月 18th, 2017

3-15敬老の日 (8)

関係各所への資料作り中

2018年3月10日午後3時より7時まで「第7回 ゆめあかり3.11」を行います。

第6回ゆめあかり3.11で寄付させていただいた

桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金 被災三県への配布状況報告

 

一貫張りわらくた屋工房 in 長竿亭

土曜日, 9月 9th, 2017

IMG_1251

IMG_1253

IMG_1276

IMG_1254

IMG_1256

IMG_1258

IMG_1259

IMG_1263

IMG_1267

IMG_1275

全て手打ちそば

IMG_1268

IMG_1271

IMG_1272

IMG_1277

IMG_1273

IMG_1274

 

店主さんの話

蔵caféをオープン予定です。

IMG_1279

長竿亭

公共🚌サミットの提案

木曜日, 9月 7th, 2017

本日 茨城県民文化センター研修です。

集合場所に到着すると

お見送りの方々・・・?

そっか~

今日が、取手市バスの新車初乗車🚌

デザインは、川をイメージした青と田園風景をイメージした緑のライン

取手市の豊かな自然環境が表現されていました。

行ってきます。
IMG_1218

IMG_1222

IMG_1224

大溝茂さんの講演と警察本部の講話がありました。

IMG_1227

IMG_1226

駐車場は賑やかでした。

茨城県内の民児協さんを乗せてきた大型小型🚌が所狭しと並んでいました。

地元PRの絶好のチャンスです。

控えめにしていたらMOTTAINAI

市町村バスの大会を取手緑地運動公園でやったら面白そう!

IMG_1229

IMG_1232

IMG_1235

IMG_1236

IMG_1238

IMG_1240

IMG_1241

IMG_1243

IMG_1244

取手市壁画によるまちづくり実行委員長 葛谷允宏さん

水曜日, 9月 6th, 2017

茨城新聞 ひときらり 2017090620170906i

星あかりの打ち合わせ ボランティア募集

木曜日, 7月 20th, 2017

 

20045853_661706777362508_1306431730_n

2815

とりで利根川灯ろう流し同時開催の紙袋キャンドルアート「星あかり」

さてさて、今年はどんな星が描かれるのでしょうか?

ボランティアスタッフ大募集中!

2017年8月26日(土)

IMG_0555

IMG_0556

Match toride 社長塾

木曜日, 7月 13th, 2017

社長塾始まりました。
アン&べべオーナー登場

IMG_0536

ラッピング講師雨宮さん考案のふくろういなり

美味しいね。

油揚げでラッピング

IMG_0537

懇親会も盛り上がり~

IMG_0538

 

 

旬菜厨房米舞亭と野菜レストランSHONAN

月曜日, 5月 22nd, 2017

手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン

産経新聞 20170520

千葉県北西部に広がる手賀沼は都心から30キロ圏の天然湖沼だ。水と緑に加え、食でも売りだそうと4月末、南岸の柏市と北岸の我孫子市に「農家レストラン」がオープンした。両市をつなぐ「手賀大橋」のそれぞれのたもとにあり、東西に細長い沼の向こうとこちらで「菜食」を掲げて対峙(たいじ)する。新緑の一日、2つの施設を訪れ、看板メニューの地元野菜入りカレーの食べ比べを楽しんだ。

我孫子市側から柏市に向かうコースを選択。上野駅でJR常磐線快速に乗り、33分で我孫子駅に到着。南口の観光案内看板で手賀沼の場所を確認し、散策に出発した。緩やかな坂を下ると、手賀沼の眺めが開けた。湖畔は公園に整備されている。公園手前で広い道を左に折れて、我孫子市の親水施設「水の館」を目指す。目的は水の館1階「旬菜厨房(ちゅうぼう)米舞亭(まいまいてい)」での食事。湖畔のメーンストリートを30分ほど歩く。空に突き出た水の館の展望塔が目標だから、絶対に迷わない。

水の館は農産物直売所を備えた施設に改装中で、米舞亭は6月3日からの直売所に先行して、4月29日に開業した。運営は農家44人で設立され、直売所事業などを手がける株式会社「あびベジ」。盛んな稲作にちなんだ店名といい、「季節の具材入りおむすび」「米粉入りシフォンケーキ」など米にこだわったメニュー。この中からミニサラダ付き600円の「野菜たっぷりカレー」を選んだ。

野菜の甘さが溶け出したためか、誰にでもあう中辛。「ご飯に合う味に」(岩井久夫シェフ)と、試行錯誤した成果という。室内40席のほかにテラス席が20席。「手賀沼の風を感じながらの外での食事は最高。もちろん我孫子のお米も」と、自身も農家の大炊(おおい)三枝子社長(61)は、手賀沼の自然と我孫子の大地の恵みに自信をみせた。

「もう一皿食べたい」の思いをこらえて、手賀大橋を渡った。昭和39年に架けられ、白鳥をイメージしたというアーチが連なる2代目は平成13年の完成。渡りきって柏市に入ったところに「道の駅しょうなん」がある。ここが合併前は沼南町だったことが名前の由来。米舞亭に先立つこと6日、4月23日に道の駅に隣接して「野菜レストランSHONAN」がオープンした。店内とテラス席計130席の平屋。道の駅の直売所に野菜を出荷する農家3人が「地元野菜をここで味わってほしい」と、運営会社「沼輪」を立ち上げて開業した。

「1日360グラム季節の野菜ゴロゴロカレー」を注文する。カブやブロッコリーなど地元農家から運ばれた野菜が大きくカットされて皿を埋める。野菜のうまさが辛さを打ち消しているのは我孫子と同じ。野菜は火が通っているためか食べやすい。野菜サラダバイキングとセットで1100円だ。

広瀬繁社長(70)は「我孫子は米作り、柏は野菜生産が盛ん。互いの特性を生かした味を提供することが大切。メニューの個性も重要で、こちらは野菜を使った本格料理を重視している」と、にぎわう店内に笑顔。帰りに立ち寄った我孫子市役所でも「2つの店が切磋琢磨(せっさたくま)して、手賀沼地域全体の魅力を高めてほしい」と、担当者は期待を語った。

さて食べ比べの判定は…。それは「ご自身の舌」にお任せしよう。

 旬菜厨房米舞亭 我孫子市高野山新田193水の館1階
04・7168・0504
年末年始を除き無休。営業時間は午前11時~午後5時

6月3日オープン予定の農産物直売所「あびこん」

IMG_3844

IMG_3845

旬菜厨房米舞亭

IMG_3846

IMG_3848

IMG_3849

IMG_3850

IMG_3851

野菜レストランSHONAN 柏市箕輪新田39-2
04・7196・7773
第2水曜日休み。営業時間は午前7時~午後7時(9~3月は午後6時まで。)

IMG_3852