Archive for the ‘未分類’ Category

世界初 デジタルアートミュージアム

木曜日, 6月 7th, 2018

デジタルアートミュージアム

取手市民 “全力ペダル” 「チャレンジデー」で汗

木曜日, 5月 31st, 2018

茨城新聞 20180831

自治体間で運動した住民の参加率を競うスポーツイベント「チャレンジデー」が30日、全国一斉に行われた。初めて参加した取手市では市民が来年の国体で行われる自転車競技を体験。トラックレース用自転車を使ってスピードを測定し、市民が汗を流した。

同市野々井の取手グリーンスポーツセンターの一角では、日本競輪選手会茨城支部の協力で「自転車スピードチャレンジ」を実施。センター利用者が立ちこぎしながら全力でペダルをこぎ、速度を競った。

競技用自転車に乗るのは初めてという我孫子市の会社員、中沢潤さん(35)は時速63・1キロを記録。「意外とタイヤが重かった」と話した。

トップスピードが速い選手や速さを持続できる選手などそれぞれというが、プロの競輪選手は時速70キロ〜90キロほど出るという。

チャレンジデーは毎年5月最終水曜に開催されるイベント。取手市の対戦相手は山形県米沢市で、午前0時〜午後9時までの間に運動した住民の参加率を競う。集計結果は市ホームページで発表する。

母の日

日曜日, 5月 13th, 2018

IMG_6138

IMG_6160

なみえ焼そば

金曜日, 4月 20th, 2018

IMG_5877

麺食い・列島味便り
なみえ焼そば 福島・浪江 町民帰還の呼び水に
毎日新聞2018年4月17日

「まち・なみ・まるしぇ」。福島県の浪江町役場に隣接した仮設商店街の名である。その一角に「浪江焼麺太国(やきめんたいこく)アンテナショップ」がある。

厨房(ちゅうぼう)では鉄板を前に、浅見公紀(たかのり)さん(42)が大きなコテを操る。カシャ、カシャ--。コテや鉄板がこすれる音が心地いい。調理も具材もシンプルだ。豚バラをラードで炒め、極太の中華麺、濃厚ソースを少量加える。もやしと大量ソースが投入されると、ふわっと食欲を誘う香りが漂う。5分以上炒めただろうか。

「ただいま焼き上がりました」。そばは大堀相馬焼の皿に盛られた。一味唐辛子をパッパと振り箸を入れると、麺の感触も歯ごたえもうどん並みのボリュームがある。完食すると皿の底から9頭の馬が現れ、すべて左を向いている。「馬九行久(うまくいく)」。開運成就を意味する図案だという。

約60年前に生まれた庶民の味である。農家や漁師の腹を満たし、学校給食のメニューにもなった。「町外で焼きそばを食べた町民が『なんで麺が細いんだ』と不思議がっていた」。そんなエピソードがあるほど町民に定着している。

「浪江焼麺太国」は焼きそばを通じたまちおこし団体で、町商工会の青年部が中心になって2008年に発足した。イベント出品、キャンペーンソング、焼きそばマップ作り……。「ご当地グルメ」として知名度を上げていったが、その直後の東日本大震災と原発事故だった。町から人が消え、未来が見通せなくなった。それでも「太国」は歩み続け、次なる目標に「町民の心の復興」を掲げた。

「まち・なみ・まるしぇ」がオープンしたのは避難指示解除を約5カ月後に控えた16年10月で、「太国」も常設店を構えた。「町外の家族へのお土産に」と一時帰宅の町民が持ち帰り用パックを買い、出張の昼食で通う客も店を支えている。

町民の帰還は進まない。でも、明るいニュースもある。町内で飲食店が開店するという知らせもちらほら届くようになった。浅見さんは考える。

「この店が、この町でやっていけるという呼び水になれたら」

まちおこしからまちのこし、そして、まちづくりへ--。浅見さんらの活動は次のステップに向け、焼きそばの麺のように太く、長く続いていく。【成田有佳】

仮設商店街で提供
原発事故前は「なみえ焼そば」を提供する食堂などは町内に約20店あったが、現在は仮設商店街の同店だけになった。店内には震災当時とその後の町内の様子が比較できる写真パネル、子どもたちが「なみえ焼そば」をテーマに描いたイラストなどを掲げる。大震災や原発事故を風化させないための情報発信の場も兼ねている。

主なメニューは並600円、大(麺が並の1.5倍)700円、持ち帰り用パック600円、家庭で作れる3食ギフト1箱1000円。浪江町幾世橋、浪江町役場隣。午前11時~午後3時、材料がなくなり次第終了。定休日は土日祝。ホームページ(http://namieyakisoba.com)で移動販売や町外の提供店の情報をまとめている。0240・34・7260

第7回ゆめあかり3.11

土曜日, 3月 10th, 2018

朝 雨が上がったばかりです。

会場は、キャンドルを設置できる状況ではありませんでした。

モップ→新聞でふき取り→布でふき取る

「ゆめあかりびと」さん集合時間のころには、くったくた(笑)

動画のBGM

鈴木ミチさんの「扉の向こう」です。

 

IMG_4766

初参加の団体さんです。

DSC06897

今年は、竹蓋先生の切り絵が映し出されました。

IMG_4775

上越クリスタルグラスの灯りも素敵

IMG_4781

IMG_4783

IMG_4785

IMG_4786

IMG_4790
DSC06898

DSC06903

IMG_4795

IMG_4799

IMG_4802

DSC06905

゚+.ヽ(*・∀・)ノひな祭りヽ(・∀・*)ノ.+゚

土曜日, 3月 3rd, 2018

IMG_4116

バナナポーク パストラミーヒレ 

火曜日, 2月 13th, 2018

IMG_3985

IMG_3986

バナナポーク パストラミーヒレ オススメです。

ゆめあかり3.11の取材

金曜日, 2月 2nd, 2018

IMG_3794

無料掲載は、小さなボランティア団体にとってはとってもありがたいことです。

どこからでも、どなたでも

メッセージをいただきました。

IMG_3795

IMG_3797

本日最後の取材で

取手は、魅力のたね あふれる街・・・

IMG_3799

私のやり残しって?

木曜日, 1月 11th, 2018

毎日新聞 20180111

長沼リンゴ園さんのこと
2D05122E

謹賀新年

月曜日, 1月 1st, 2018

IMG_3327

本年もよろしくお願いいたします。