Archive for the ‘産地直売’ Category

江戸崎かぼちゃのポタージュ 茨城県内全セブンで販売

水曜日, 8月 8th, 2018

江戸崎かぼちゃのポタージュ 茨城県内全セブンで販売
茨城新聞  2018年8月7日(火)

稲敷市の特産物「江戸崎かぼちゃ」を使ったポタージュ商品が7日から、コンビニエンスストア大手のセブン-イレブンの県内全635店舗で販売される。販売量は約3万食。JA稲敷や市は、GI(地理的表示保護制度)に登録された名産品の知名度向上と普及に期待を寄せている。

商品は「江戸崎かぼちゃのポタージュ」。畑で完熟した甘みやうま味の強い特産カボチャを使った。

セブン-イレブン・ジャパンによると、昨年7月に同市周辺150店舗でテスト販売したところ、売れ行きが好調だったことから本格販売に踏み切る。

製造は食品製造のタマムラデリカ(群馬県)が手掛けた。同社によると、江戸崎かぼちゃの実と皮、種を手作業で取り除いてから、蒸してすりつぶしスープにした。煮ながら粉砕する専用の機械を使い、「素材本来の甘みと風味を最大限に引き出す工夫をした」(担当者)。商品には、スープの上に角切りのカボチャとバケットパンを添えた。包装には江戸崎かぼちゃのJA認定シールを貼る。

同JAの根本作左衛門組合長は「江戸崎かぼちゃは知られているが、まだまだ不十分。本当のうまさを伝えられるいい商品ができた」、田口久克市長は「これを機に後継者育成にもつながれば」とそれぞれ期待を込めた。

販売は7日から3週間程度の見込み。税込み330円。

同JAによると、江戸崎かぼちゃは生産者27人が約25ヘクタールを栽培し、年間400トンを出荷している。

セブン-イレブンはこれまで県内のサツマイモ「ベニハルカ」やメロン、ブルーベリーなどを使った商品を販売した

ル・ソレイユ  「さしま茶」を使った商品開発

火曜日, 8月 7th, 2018

さしま茶使いカステラ 取手の仏菓子店 ジェラートも開発
2018年8月7日(火) 茨城新聞

取手市のフランス菓子店「ル・ソレイユ」が、県西地域特産の「さしま茶」を使ったカステラとジェラートを作った。納豆やメロンだけでない茨城の魅力を知ってもらおうと、日本青年会議所(JC)茨城ブロック協議会が企画した。店頭や守谷市内のコンビニエンスストアで販売している。

緑茶を使ったカステラとほうじ茶を使ったジェラートは、いずれも松田製茶(八千代町)の茶葉や粉末を使用。ル・ソレイユのオーナーシェフ、米倉正人さん(49)が商品を開発した。

緑茶カステラは低温で長時間焼き、もっちりとした重厚感が特徴。ほうじ茶ジェラートは粉砕した茶葉を使用しており、「焙煎(ばいせん)した茶葉の香ばしさがすぐ口の中に伝わる」(米倉さん)という。

茨城のおもてなし商品に育てようと、JC茨城ブロック協議会がクラウドファンディングで新商品開発資金を募った。カステラは贈答用に風呂敷で包み、高級感を出すためジェラートは黒を基調にデザインした。

カステラは一切れ200円(税別)、ギフト用1本1600円(同)。ジェラートは店内での飲食でシングル350円(同)。守谷市のコンビニエンスストア「セブン-イレブン守谷立沢店」でも1個350円(税込)で販売している。

リコの野菜直売はall200円

火曜日, 7月 24th, 2018

IMG_7177

IMG_7180

IMG_7181

IMG_7183

IMG_7185

IMG_7186

たつのこ産直市場訪問

金曜日, 5月 18th, 2018

IMG_6259

IMG_6260

 

たつのこ産直市場

エビハラのトマト直売

水曜日, 4月 11th, 2018

取手市ふれあい道路沿いにある「エビハラのトマト」直売所

現在は、日曜水曜日朝9時から販売しています。

ふらっと買い物に行ったのですが、ギョッ👀

並んでいた人の話

「8:40に来て20番目ぐらいかなぁ」

目当てはフルティカです。

フルーツのような中玉🍅

私の数人前で完売

更に徳用袋も完売でも、通常パック入りを

並ぶこと10分で「桃太郎トマト」GET

(笑)私の後には誰も並ばんでいない・・・

桃太郎トマトは、9:30頃に行けば買えそう。

これも甘くておいしいです。

IMG_5667

自然素材yosagena

土曜日, 2月 17th, 2018

ナチュラルコンビニエンス

自然素材yosagena HP

千葉県柏市根戸467-3023

04-7157-3023

日曜休み 10:00~17:00IMG_4162

IMG_4163
IMG_4140

IMG_4141

IMG_4142

IMG_4145

IMG_4146

IMG_4147

ちばらぎ珈琲

若いふたりの活躍がヾ(@⌒ー⌒@)ノ

タイ チェンライという豆がオススメ
まずは一杯頂いてみましょう

IMG_4149

IMG_4150

IMG_4151

IMG_4137

IMG_4138

IMG_4139

軽食のご用意もあります。

IMG_4159

IMG_4157

IMG_4144

夏野菜の食べ方デザイン

月曜日, 7月 24th, 2017

IMG_0588

旬の野菜を使って食べ方をデザインしよう Part3《夏野菜編》

今回は、熱中症対策としての「夏野菜の取り方」と「夏におすすめな食材」について教えていただきました。

*ネバネバ野菜は、胃などの粘膜を保護してくれますよ。
*主食をエネルギーに変えるには、B1やB2等を一緒に食べてね。豚肉やウナギなどにいっぱい含まれているのよ。
*とうもろこしご飯を炊くときは、とうもろこしの芯も一緒に炊き込んでね。
*出汁は、2種類以上混ぜるとうまみが増すのよ。
*トマトやスイカ等スムージーにするときは、ティースプーン1杯分の油を加えてね。
*夏バテには、甘酒がいいのよ。100種類以上の酵素が入っているのよ・・・・・・・・

市野真理子先生 有難うございました。

身体を冷やし過ぎないようなメニューを考えてみましょう。

IMG_0590

IMG_0591

 

本日の試食

🍅とシソの葉

IMG_0589

霜田農芸 霜田さんのお話から

「皆さんの体温は何度ありますか?

野菜を食べて免疫力を付けて下さい。

36.5度ぐらいあるといいですね。」

IMG_0593

広場では、夢とりでの販売会が行われていました。

IMG_0586

菜食ダイニング LEAF 新店舗開業はいつ?

水曜日, 7月 19th, 2017

大師通りに

またまた、お洒落な建物が建設中です。

菜食ダイニング LEAF

お持ち帰りの窓口もありますね。

楽しみですね。

IMG_0561

IMG_0557

あびこんへ ε-(/・ω・)/

火曜日, 6月 6th, 2017

6/3オープンした

あびこ農産物直売所は、とっても賑わっています。

IMG_0072

IMG_0073

旬菜厨房米舞亭と野菜レストランSHONAN

月曜日, 5月 22nd, 2017

手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン

産経新聞 20170520

千葉県北西部に広がる手賀沼は都心から30キロ圏の天然湖沼だ。水と緑に加え、食でも売りだそうと4月末、南岸の柏市と北岸の我孫子市に「農家レストラン」がオープンした。両市をつなぐ「手賀大橋」のそれぞれのたもとにあり、東西に細長い沼の向こうとこちらで「菜食」を掲げて対峙(たいじ)する。新緑の一日、2つの施設を訪れ、看板メニューの地元野菜入りカレーの食べ比べを楽しんだ。

我孫子市側から柏市に向かうコースを選択。上野駅でJR常磐線快速に乗り、33分で我孫子駅に到着。南口の観光案内看板で手賀沼の場所を確認し、散策に出発した。緩やかな坂を下ると、手賀沼の眺めが開けた。湖畔は公園に整備されている。公園手前で広い道を左に折れて、我孫子市の親水施設「水の館」を目指す。目的は水の館1階「旬菜厨房(ちゅうぼう)米舞亭(まいまいてい)」での食事。湖畔のメーンストリートを30分ほど歩く。空に突き出た水の館の展望塔が目標だから、絶対に迷わない。

水の館は農産物直売所を備えた施設に改装中で、米舞亭は6月3日からの直売所に先行して、4月29日に開業した。運営は農家44人で設立され、直売所事業などを手がける株式会社「あびベジ」。盛んな稲作にちなんだ店名といい、「季節の具材入りおむすび」「米粉入りシフォンケーキ」など米にこだわったメニュー。この中からミニサラダ付き600円の「野菜たっぷりカレー」を選んだ。

野菜の甘さが溶け出したためか、誰にでもあう中辛。「ご飯に合う味に」(岩井久夫シェフ)と、試行錯誤した成果という。室内40席のほかにテラス席が20席。「手賀沼の風を感じながらの外での食事は最高。もちろん我孫子のお米も」と、自身も農家の大炊(おおい)三枝子社長(61)は、手賀沼の自然と我孫子の大地の恵みに自信をみせた。

「もう一皿食べたい」の思いをこらえて、手賀大橋を渡った。昭和39年に架けられ、白鳥をイメージしたというアーチが連なる2代目は平成13年の完成。渡りきって柏市に入ったところに「道の駅しょうなん」がある。ここが合併前は沼南町だったことが名前の由来。米舞亭に先立つこと6日、4月23日に道の駅に隣接して「野菜レストランSHONAN」がオープンした。店内とテラス席計130席の平屋。道の駅の直売所に野菜を出荷する農家3人が「地元野菜をここで味わってほしい」と、運営会社「沼輪」を立ち上げて開業した。

「1日360グラム季節の野菜ゴロゴロカレー」を注文する。カブやブロッコリーなど地元農家から運ばれた野菜が大きくカットされて皿を埋める。野菜のうまさが辛さを打ち消しているのは我孫子と同じ。野菜は火が通っているためか食べやすい。野菜サラダバイキングとセットで1100円だ。

広瀬繁社長(70)は「我孫子は米作り、柏は野菜生産が盛ん。互いの特性を生かした味を提供することが大切。メニューの個性も重要で、こちらは野菜を使った本格料理を重視している」と、にぎわう店内に笑顔。帰りに立ち寄った我孫子市役所でも「2つの店が切磋琢磨(せっさたくま)して、手賀沼地域全体の魅力を高めてほしい」と、担当者は期待を語った。

さて食べ比べの判定は…。それは「ご自身の舌」にお任せしよう。

 旬菜厨房米舞亭 我孫子市高野山新田193水の館1階
04・7168・0504
年末年始を除き無休。営業時間は午前11時~午後5時

6月3日オープン予定の農産物直売所「あびこん」

IMG_3844

IMG_3845

旬菜厨房米舞亭

IMG_3846

IMG_3848

IMG_3849

IMG_3850

IMG_3851

野菜レストランSHONAN 柏市箕輪新田39-2
04・7196・7773
第2水曜日休み。営業時間は午前7時~午後7時(9~3月は午後6時まで。)

IMG_3852