Posts Tagged ‘アート’

東京芸術大学取手キャンパス「音響彫刻」の修復

火曜日, 5月 16th, 2017

音響彫刻

大阪万博展示、東京芸大取手キャンパスで修復計画 解体部材組み立て直し 

毎日新聞2017年5月16日

約半世紀ぶり 年内演奏会目指す
 1970年の大阪万国博覧会で、作曲家武満徹(1930~96年)の依頼を受けて制作展示された「音響彫刻」の修復を、東京芸術大学取手キャンパス(取手市)で計画している。いったん解体した部材を再び組み立て直し、前衛的な形状と独特の音色で目と耳を刺激した傑作を復元。年内にも演奏会の開催を目指している。
 大阪万博の音響彫刻は、武満の知人だったフランス人のフランソワ・バシェ(1920~2014)が17基を制作。うち16基が、大阪万博で鉄鋼会社などが出展した「鉄鋼館」で公開された。
 万博終了後は解体・保管されていたが、近年5基が修復され、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所によると、鉄鋼館をリニューアルオープンした「EXPO’70パビリオン」で3基を展示中だ。
 今回、東京芸大講師のサウンドアーティスト、川崎義弘さん(66)らのグループがまず修復を目指す1基は、花びらのような金属板11枚と、ハープ状の弦を組み合わせたもので、金属板は弦の音色を増幅させる役割を持つ。
 未修復の部材はすべて引き取り、取手キャンパスで保管している。完成すれば、長さ4メートル、奥行き2メートル、高さ3メートルほどの大きさになる見通しで、3オクターブの音色を出すという。

 約200万円と見込まれる調査・修復費用は、インターネットを使った「クラウドファンディング」で寄付を募る。タイトルは「バシェ音響彫刻修復プロジェクト」で、寄付の期限は6月30日。

 川崎さんは「残されていたことが奇跡に近い。文化財に匹敵する芸術品をできるだけ原形に忠実に修復したい」と話す。

取手駅前に四季の壁画完成

水曜日, 4月 12th, 2017

四季の壁画

取手駅前にお目見え 放置自転車展示の金属板リサイクル

毎日新聞2017年4月12日

自転車の展示に使っていた4枚の金属板をリサイクルし、利根川や花々などを題材に四季を描いた壁画が、JR取手駅東口の歩道にお目見えした。

地元の芸術家らでつくる「取手市壁画によるまちづくり実行委員会」が企画したもので、市内に住む東京芸術大4年、菊池玲生(れお)さん(23)を中心に、約2カ月かけて制作した。

金属板は縦1・7メートル、横2・8メートルで、10年前まで貸し出し用に色を塗り替えた放置自転車を展示するのに使っていた。

春は桜と菜の花、夏は藤とアサガオ、秋はイチョウと紅葉、冬は梅とナンテンを描き、「花河図(はなかわず)」と名付けた。実行委の葛谷允宏(くずやのぶひろ)委員長(35)は「数年おきに描き替えたい」と話している。

IMG_2981

IMG_2982

IMG_2983

IMG_2984

IMG_2985

取手駅東口壁画制作完成間近 花河図

金曜日, 3月 31st, 2017

茨城新聞 20170331

20170331-i

ゆめあかり3.11動画3編

木曜日, 3月 23rd, 2017

ドローン空撮 4K

HappyRecipe撮影

島田治さん撮影写真を中心に ゆめあかりびと

 

取手市教育長矢作様のささやき

 

ゆめあかり3.11

震災遺児に使っていただきたく 264,659円を

桃柿育英会に送金致しました。

17093

ゆめあかり3.11 264,659円を桃柿育英会に送金しました。

水曜日, 3月 22nd, 2017

17093

ゆめまっぷの会 主催 ゆめあかり3.11

寄付金及びゆめあかりカフェ売上金を

桃柿育英会に送金しました。

東京芸術大卒業・修了作品展 取手市長賞2作

火曜日, 3月 14th, 2017

東京芸術大卒業・修了作品展

取手市長賞2作、市役所に 大崎さん、有賀さん寄贈 

毎日新聞2017年3月14日

 第65回東京芸術大卒業・修了作品展の「取手市長賞」2作品が決まり、作者が13日、作品を市役所本庁舎に搬入し寄贈した。市長賞はいずれも美術学部工芸科4年の大崎風実さん(24)の漆芸「走レ」と、有賀幸奈さん(23)の4点セットの彫金「心の塔-喜怒哀楽-」。

 「走レ」は発泡スチロールに麻布を巻いて漆で固めた。大崎さんは「多摩動物公園で何度もオオカミを観察した。私の中にあるパワーとエネルギーを2頭のオオカミの形を借りて表現した」と話していた。

日本全国×ゆめあかり3.11 動画と新聞掲載

日曜日, 3月 12th, 2017

毎日新聞 20170312

20170312-m

産経新聞 20170312

20170312-s

東京新聞 20170312

20170312-tt

読売新聞 20170312

20170312-y

茨城新聞 20170317

20170313-i

常陽新聞 20170313

20170313-j

日本全国×ゆめあかり3.11

土曜日, 3月 11th, 2017

たくさんのご協力有難うございました。

DSC05019

DSC05052

DSC05056

DSC05072

DSC05090

DSC05092

IMG_2424

IMG_2427

IMG_2434

日本全国が繋がりました。

月曜日, 3月 6th, 2017

日本全国から紙袋メッセージが届き、47都道府県がそろいました。
待ちに待った、福井からのメッセージが届きました。有難うございました。
福井商工会議所女性会は、平成14年4月22日に、設立しました。東日本大震災支援を継続的に行っています。今回、水戸商工会議所女性部員からのご紹介で、ゆめあかり3.11に賛同いただきまして、メッセージと寄付金をお預かりしました。お忙しい中のご対応に感謝いたします。
厳しい経済環境の中で、女性ならではの感性を活かした事業や企業の新たな事業展開が注目されている。なかでも、福井県は繊維産業の基礎をもたらした細井順子氏に代表されるように昔から女性が活躍してきた土壌があり、現在でも女性の社会進出は全国でもトップクラスである。
こうした中、経営に携わる、または会社の中核として活躍される女性を中心にして、ビジネスや経済に関する勉強会や交流会を通し、自己啓発に努めるとともに、地域産業界に新しい風を吹かせることにより、本県産業の活性化に寄与するため、「福井商工会議所女性会」を設立する。

s-福井商工会議所女性会3-6

 

ゆめあかり3.11ポスターの題字は、取手・南相馬・双葉浜通りの集いの代表「三浦邦夫」さんの作品です。
継続して、この題字を使っています。
今年の、立て看板用に書いてくれました。素敵な文字です。

s-三浦さん書

壁画によるまちづくり 

木曜日, 1月 26th, 2017

IMG_1626

IMG_1628

IMG_1629

IMG_1630

IMG_1632

壁画によるまちづくり 取手市