Posts Tagged ‘産経新聞’

火曜日, 1月 21st, 2020

茨城新聞 20200121

小堀の渡し・新船完成、3月から運航 取手市、日比野氏デザイン

取手市は20日、利根川下流域唯一の渡し船、小堀(おおほり)の渡しの新しい船が完成したと発表した。3月1日にお披露目の就航式を開き、一般向けに無料運航する。合わせて、東京芸大美術学部長の日比野克彦氏による船体色デザインなども公表した。・・・・・

 


 

産経新聞 20200121

【ロケ地巡りの旅】
100年の歴史の風情今も 茨城・取手市 小堀の渡し船着き場 映画「レミングス」の夏

「小堀」と書いて「おおほり」と読む。場所は茨城県取手市。水害を防ぐため、明治40年から大正9年にかけて、今より大きく蛇行していた利根川の改修工事が行われ、この地域は川を挟んで分断された。

生活に不便をきたした地域住民は、工事完了に先立つ大正3年、移動手段を確保するため、渡し船の運航をスタートさせた。これが「小堀の渡し」の始まりとされる。

利用者のピークは昭和30年ごろ。年間で延べ7万5千人超だったとか。ただ、平成11年に循環バスが登場してからは「主役の座」を奪われる。

運航開始から100年を超え、今では観光船として風情を受け継いでいる。27年4月~今年3月の利用者数は延べ3360人だそうだ。市が運営し、利根川の両岸に設けた3地点の船着き場を巡航している。・・・・・

筑西市の「ザ・ヒロサワ・シティ」へ

木曜日, 1月 16th, 2020

YS11初号機、展示へ解体 羽田から茨城に引っ越し

共同アトリエ「スタジオ航大」銀座でグループ展

日曜日, 1月 12th, 2020

共同アトリエ「スタジオ航大」銀座でグループ展

山口凌河さん パラリンピックの「ゴールボール」の代表

火曜日, 1月 7th, 2020

パラ選手、所属先で活躍誓う 企業や官公庁、仕事始め

産経新聞 20200107

パラリンピックの「ゴールボール」の代表に内定した山口凌河(りょうが)さん(23)取手市出身は、つくば市で開かれた所属企業の仕事始めの会のあいさつで「けがに気をつけて茨城の代表として胸を張り、今まで準備してきたことをパラリンピックの舞台で発揮したい」と意気込みを述べた。

ゴールボールは1チーム3人で、光を遮断するゴーグルを着用し、鈴の入ったボールを転がして相手のゴールを狙う競技。山口さんは記者団に「自国での開催で絶対に負けられないという思いがある。攻撃の要となってチームに貢献し金メダルを取りたい」と語った。

NHKニュース

プレミアム付き商品券に関する紹介サイトに不具合

木曜日, 12月 19th, 2019

プレミアム商品券サイトに不正アクセスか 

産経新聞 20191218

 茨城県取手市は18日、市のプレミアム付き商品券に関する紹介サイトに不具合が生じ、不審なサイトに誘導する別の画面が開く状態になっていたと発表した。外部からの不正アクセスが原因とみられる。現在は正常な状態に戻っており、サイト利用者の被害などは確認されていない。

 市によると、16日午前、登庁した職員が、紹介サイトの不具合を告げる匿名のメールに気づき、異常を確認した。すでに通常通り閲覧できる状態に戻っているが、原因が判明するまで国と市のサイトからのリンクは削除するという。

ダブルダッチ世界大会2部門で優勝

木曜日, 12月 19th, 2019

「ダブルダッチ広めたい」 取手の中学生3人、世界一に
産経新聞 20191219

 2本の縄を使った縄跳び「ダブルダッチ」の世界大会2部門で優勝した取手市の女子中学生チーム「GLARE」のメンバー3人が18日、取手市役所を訪れ、藤井信吾市長に結果を報告した。

 大会は8日に米ニューヨークで開かれ、浅岡美羽(みはね)さん(13)、来栖いちなさん(13)、坂井奏(かなで)さん(13)の3人が、2分間でどれだけミスなく跳べるかを競う「スピード部門」で336回を跳び優勝した。音楽に合わせて踊る「パフォーマンス部門」でも優勝を果たした。

 藤井市長は、3人が持参したトロフィーを眺めながら「優勝は誇れる。(姉妹都市である米国の)ユーバ市代表団の歓迎会でも3人のデモンストレーションを見せたい」と絶賛した。

 パフォーマンス部門で優勝したとき、うれしくて泣いてしまったという浅岡さんは「勝因はチームワーク。これからはダブルダッチを世界中に広めたい」と夢をふくらませている。

全国中学選抜レスリング3位

火曜日, 12月 10th, 2019

全国中学選抜レスリング3位の取手二中3年・高野航成さんが市長表敬 「夢は五輪で金メダル」

産経新聞 20191210

 11月の「全国中学選抜レスリング選手権大会」の男子48キロ級で3位に入賞した取手市立取手第二中3年の高野航成(こうせい)さん(15)が9日、同市の藤井信吾市長を訪問し、入賞の喜びや今後の抱負を語った。

 高野さんは「初日は減量がうまくいかず苦しかったがなんとか勝利した。2日目の準決勝では負けてしまったが、3位決定戦で勝ってうれしかった」と大会を振り返った。藤井市長は「これから高校に入ってオリンピックに向けて大きく成長し栄冠を勝ち取ってほしい」とエールを送った。

 県内の強豪高校から声をかけられたが、県外の高校でレスリングを続けるという高野さんは「日本一になってオリンピックで金メダルを取りたい」と将来の夢を描いた。

防災ラジオ貸し出し予定 取手市

水曜日, 11月 27th, 2019

聞こえにくい防災無線を家庭で受信 取手
産経新聞 20191127

 茨城県取手市は26日、市の防災無線を聴くことができる「防災ラジオ」1350台を希望者に貸し出すと発表した。屋外での防災無線のアナウンスについて「聞こえにくい」との声があったことを踏まえた。

 防災ラジオは、通常のラジオ受信機としても使用でき、防災無線を受信するとランプが点滅する。内容を聞き逃した場合は繰り返し聞くこともできる。

 来年4月に予定している防災無線の周波数変更に伴い、これまで必要だった大型アンテナを設置することなく小型アンテナで受信できるようになるため、ラジオ型の端末を用意し市民に貸与することを決めた。

 貸し出し期間は5年間、料金は1台2千円(文字表示機能付きの端末は3千円)で、12月2日から来年1月17日まで申し込みを受け付ける。多数の応募があった場合は、土砂災害や洪水の警戒区域に住んでいる高齢者らを優先する。2月中旬に貸与者を決定し、3月中旬に貸し出しを行う。

取手市 移住促進PRポスター

水曜日, 11月 6th, 2019

産経新聞 20191106

20191106-s

卓球バレー全国交流大会 10月6日取手市

木曜日, 9月 19th, 2019

卓球バレーもっと普及を 10月、取手で障害者の全国大会
産経新聞 2019.9.19

 卓球台でピンポン球を打ち合って得点を競う障害者スポーツ「卓球バレー」の全国交流大会が、10月6日に取手市で開かれる。開催地として勝利を目指す県代表チームのメンバーは、練習の仕上げに余念がない。県卓球バレー協会の関係者は「全国大会開催を機に卓球バレーの認知度を高め、生涯スポーツとして障害者以外の人たちにも普及させたい」と意気込んでいる。

 「イエー、ナイスプレー!」

 取手市で行われた、県代表チーム「れっつ・ごー!茨城」と「とりで新利根ハムスターズ」の合同練習。ラケットを掲げて得点を喜び合う選手たちの歓声が会場内に響いた。

 選手たちは、昨年秋の全国大会に向け県卓球バレー協会が県内全域から集めたメンバーだ。いずれもバレーボール、フットサル、ゴルフなど他のスポーツの競技経験を持ち、大会では4位の成績を残した。現在、来月の大会に向け、取手、日立、ひたちなか各市などで練習に励んでいる。

 卓球バレーは、卓球台のネットを挟んで12人(1チーム6人)が椅子に座り、ラケットで球を相手コートに打ち込む競技だ。球の中の金属が音を鳴らすため、目が不自由でも球の位置を把握できる。県内では約30~40チームが各地の公民館などで練習しているという。 続く・・・