Posts Tagged ‘茨城’

関東最古の水神様 蛟蝄神社

月曜日, 4月 2nd, 2018

蛟蝄神社

蛟蝄神社 奥の宮IMG_5505

IMG_5507

IMG_5508

IMG_5509

蛟蝄神社 門の宮 階段を上ると蛟蝄神社へ

IMG_5512

いしおか雛巡り

火曜日, 2月 20th, 2018

バリアフリー

ベビーカー散歩もバッチリ!

石岡 雛巡りマップ

IMG_4256

まちかど情報センター

竹取物語第2章 門出 紀貫之の心を旅する

IMG_4281

IMG_4259

IMG_4260

IMG_4261

IMG_4262

IMG_4263

IMG_4264

IMG_4265

IMG_4266

IMG_4267

IMG_4268

IMG_4269

IMG_4271

IMG_4272

 

みんなのひろば 鉄道模型が走る雛飾り

IMG_4276

IMG_4277

IMG_4280

昭和5年~6年の建物

IMG_4285

IMG_4306

江戸時代末期の建物

IMG_4287

IMG_4289

IMG_4290

IMG_4291

IMG_4294

IMG_4295

IMG_4296

IMG_4298

IMG_4301

IMG_4302

IMG_4303

IMG_4304

IMG_4305

 

常陸國總社宮 ひたちのくにそうしゃぐう

IMG_4308

IMG_4310

IMG_4311

IMG_4315

真壁のひなまつり

水曜日, 2月 14th, 2018

第十六章初参加「ふで雛」

相手を見た瞬間に

その人の詩を作ってしまうオーシさんIMG_4066

IMG_4067

お世話になっています「村上書店」

ひなまつり実行委員長さんのお店です。

道路に面した椅子は、なんと引き出し式💺

おもてなしの心です。

IMG_4046

真壁一大きなお雛様「米のたかはし」

店主さんは、選挙管理委員長さんです。

IMG_4070

真壁で一番売れるお土産屋さん「大吉屋」

洗濯ばさみが入ったハイハイ人形雛は、おばあちゃんの手作りです。

IMG_4068

素敵な奥様がお出迎え「伊勢屋旅館」

毎年ゆめあかり3.11ポスターを貼らせてもらっています。

IMG_4065

IMG_4064

バルーンアート雛

お土産に喜ばれそう🎎IMG_4062

ひなまつりをご案内していただいた竹蓋年男さんの切り絵が飾ってあります。

IMG_4056

伊勢屋旅館のひなまつりランチ

もちろん「うまかべすいとん」付き🍱

IMG_4053

参加店 160店舗は回り切れません(笑)

本日は、4月10日放映予定?の国際放送用の取材を行っていました。

真壁も世界デビューですね。

 

さて「どこに行く?」

IMG_4054

ガルパンで盛り上がる大洗

日曜日, 11月 26th, 2017

神磯

IMG_2739

磯前神社

高さ16mの大鳥居

額縁は、畳6畳ほどの大きさ

6

表参道から100段登って拝殿へ

IMG_2741

IMG_2743

IMG_2753

因幡の白兎が掘られている

因幡の白うさぎを助けた大国主命(おおくにぬしのみこと)をお祀りした神社とある

IMG_2756

IMG_2758

この神社は男の神様

社殿の屋根の部分 千木(ちぎ) 鰹木(かつおぎ)で区別します。

IMG_2763

あらまぁ

本殿に、おおきな蜂の巣((((;´・ω・`)))

IMG_2764

境内では

IMG_2765

昨年から今年

参拝者が急増しているそうです。

絵馬は、もちろんガルパン

海から引き上げた錨や鯨の骨も奉納されています。

IMG_2772

IMG_2775

幕末と明治の博物館

IMG_2794

大洗市場食堂「魚留」前で、あんこうの吊し切り見学

IMG_2802

IMG_2805
IMG_2806

IMG_2813

IMG_2815

ガルパン一色

1

2

3

4

5

お土産に、「たかはし」のみつだんごGET

IMG_2819

IMG_2820

IMG_2821

IMG_2822

本日 ご案内いただいた「ワンコインボランティア」大洗の皆様

有難うございました。

 

県フラワーパーク ウインターイルミネーション

土曜日, 11月 18th, 2017

園内きらきら、音楽や香りも 県フラワーパーク

茨城新聞クロスアイ 20171116
夜の園内を光と音、香りで彩る県フラワーパーク(石岡市下青柳)の「ウインターイルミネーション」が15日、始まった。テーマは「バラの妖精が織りなす不思議な光の世界」。60万球の発光ダイオード(LED)を使い、光のフラワーカーペットや、長さ100メートルの光のトンネル「妖精の通りみち」など多彩な電飾が楽しめる。

「幸福の鐘」を鳴らすと、軽やかなメロディーとともに虹色の光が点灯し、入園口などを通る際にはバラの香りが噴射される。同日夕の点灯式では「恋人の聖地サテライト」選定記念のモニュメントがお披露目された。

クリスマスシーズンにはサンタクロースに扮(ふん)した職員が入園者を出迎える。

期間中は開園時間が延長され、入れ替え制となる。点灯時間は午後5〜9時。来年1月14日まで。

NEWSつくば

木曜日, 9月 28th, 2017

NEWSつくばが、10月1日より稼働します。

毎日新聞 20170928

NEWSつくば ウエブで発信 いいんじゃね!

今年3月末で休刊した茨城県南部地域の日刊紙「常陽新聞」の元記者たちが発信する

つくば・土浦周辺の地元ネタの閲覧は無料です。

NEWSつくば NEWSつくばTwitter

手作り 洋菓子店 ラ・パティスリー ルプランジュ

日曜日, 9月 17th, 2017

手作り 洋菓子店 ラ・パティスリー ルプランジュ


IMG_1286

IMG_1283

IMG_1284

IMG_1280

IMG_1285

IMG_1289

IMG_1290

ルプランジュは、フランス語で「純粋な天使」

茨城県北相馬郡利根町加納新田1996
※カーナビは加納新田1995で検索

一貫張りわらくた屋工房 in 長竿亭

土曜日, 9月 9th, 2017

IMG_1251

IMG_1253

IMG_1276

IMG_1254

IMG_1256

IMG_1258

IMG_1259

IMG_1263

IMG_1267

IMG_1275

全て手打ちそば

IMG_1268

IMG_1271

IMG_1272

IMG_1277

IMG_1273

IMG_1274

 

店主さんの話

蔵caféをオープン予定です。

IMG_1279

長竿亭

公共🚌サミットの提案

木曜日, 9月 7th, 2017

本日 茨城県民文化センター研修です。

集合場所に到着すると

お見送りの方々・・・?

そっか~

今日が、取手市バスの新車初乗車🚌

デザインは、川をイメージした青と田園風景をイメージした緑のライン

取手市の豊かな自然環境が表現されていました。

行ってきます。
IMG_1218

IMG_1222

IMG_1224

大溝茂さんの講演と警察本部の講話がありました。

IMG_1227

IMG_1226

駐車場は賑やかでした。

茨城県内の民児協さんを乗せてきた大型小型🚌が所狭しと並んでいました。

地元PRの絶好のチャンスです。

控えめにしていたらMOTTAINAI

市町村バスの大会を取手緑地運動公園でやったら面白そう!

IMG_1229

IMG_1232

IMG_1235

IMG_1236

IMG_1238

IMG_1240

IMG_1241

IMG_1243

IMG_1244

いばらき魅力見つけ隊 守谷・小さな鳥の資料館

金曜日, 9月 1st, 2017

毎日新聞 20170901

いばらき魅力見つけ隊 守谷・小さな鳥の資料館

つくばエクスプレス開通後、宅地開発が進む守谷駅からわずか数キロの場所に広がる里山の散策路の近くに「小さな鳥の資料館」がある。館長の池田昇さん(68)が所有する約80種類の鳥の剥製や、周辺の鳥を撮影した写真パネルなどを展示している。

池田さんは水海道市(現常総市)出身。小学6年の時、鷹(たか)匠を取り上げたテレビのドキュメンタリー番組を見て、野生のタカやフクロウに興味を抱いた。小中学校の教員をしながら、守谷の里山に集う野鳥の生態を調べ、写真を撮影して記録する地道な作業を積み重ねてきた。

撮り続けてきた膨大な写真や野鳥の剥製は自宅に保管してきたが、点数が増えて次第に手狭になった。「野鳥の保護の大切さを知っていただくため、皆さんに見てほしい」と、2000年に自宅隣に資料館を建設した。

木造2階建ての建物の中に入ると、クマタカ、オオタカ、フクロウ、カワセミなどの剥製が出迎えてくれた。ほとんどが守谷で生息していた野鳥だというから驚きだ。

屋外に並ぶケージでは、リハビリ中の野鳥が羽根を休めていた。負傷や衰弱のため保護された野鳥を一時的に預かり、世話をしている。現在はオオコノハズク、ノスリ、サシバがいた。この他に、池田さんが「ペット」として飼育しているオオタカとラナーハヤブサも大型ケージで暮らしている。

池田さんによると、散策路周辺は40種もの野鳥が集う貴重な場所だという。池田さんは自ら制作したパネル「キャベツからサシバまで」を手に里山の生態系を説明してくれた。

「畑のキャベツを虫が食べる。虫はシジュウカラの餌になる。シジュウカラが巣穴で休んでいるとはい上がってきた蛇に食べられてしまう。サシバは上空から蛇に襲いかかり、鋭い爪とくちばしで捕まえる」

池田さんは「現代の生活は自然と離れすぎてしまった。もっと自然に関心を持って本物の自然の素晴らしさに触れてもらう手助けになれば」と話す。

資料館は守谷駅から徒歩約20分(守谷市本町4533の5)。入館無料。不定休。毎月第4日曜午前9時から野鳥観察会を開いている。次回は9月24日の予定。連絡先は池田さん(090・1465・8177)。