Posts Tagged ‘震災’

ゆめあかり3.11 御礼と報告

金曜日, 3月 29th, 2019

ポストカード1

ポストカード2

東日本大震災 祈りのコンサート

金曜日, 3月 29th, 2019

東日本大震災
祈りのコンサート 東北出身の歌手グループ、あす取手で 地元合唱団も出演 
毎日新聞2019年3月29日 

 東北出身の歌手らによる「祈りと感謝のコンサート 和魂歌」が30日、取手市新町2の取手ウェルネスプラザで開催される。東日本大震災の犠牲者を追悼し被災者支援に感謝するため、市内の作曲家で歌手の鈴木ミチさん(44)が企画。来場を呼びかけると共に、運営費を賄うため福島の民芸品にちなんだ「絆ベコ」を販売中だ。

 当日は、福島県会津若松市出身の鈴木さん▽同県南相馬市の福島はじめさん▽宮城県石巻市の大内あゆみさんら歌手のほか、この日のために特別編成した地元の「ひだまり合唱団」も出演する予定。

 コンサートは今年で4回目。鈴木さんと東北出身の歌手でつくる復興支援グループ「東北を繋(つな)ぐ架け橋プロジェクト ひだまり」が主催。鈴木さんは「震災以降も各地で地震や水害が相次ぎ、みんながボランティア精神で手を取り合い、助け合っている。お互いの絆を大切にしていきたい」と話す。合唱団のメンバーで、土浦市の自営業、一水(いちみず)志穂さん(49)は「心に響く優しい歌を歌います」と張り切っている。

 絆ベコは会津若松市の民芸品「赤べこ」と同形だが、華やかに着色。鈴木さんが同市内の民芸品製作所に依頼した特注品だ。毎年そろえて自宅に飾る人もいるという。大小の2サイズ。小(15センチ、2000円)は銀とピンク、緑の3色。大(30センチ、1万円)は銀色。メッセージを書いて会場に並べ、終了後に持ち帰る。希望者には出演歌手がサインする。

 入場無料。当日は正午から整理券を配り、午後1時開演。問い合わせは鈴木さん(080・5473・1279)。

祈りと感謝のコンサート2019

水曜日, 3月 27th, 2019

茨城新聞 20190327

20190327-i

J:COM ゆめあかり3.11放送予定

月曜日, 3月 11th, 2019

J:COMで、ゆめあかり3.11が放送予定です。

「ディリーニュースダイジェスト」ピンク色の3回が、放送予定表です。

茨城 番組表

F5B5480D

意外なところでゆめあかり3.11の写真を発見しました。

 

明日は、ゆめあかり3.11です。

金曜日, 3月 8th, 2019
場所 取手市藤代庁舎 水と緑と祭りの広場
時間 14:45~19:00
参加無料

本日の新聞に紹介されました。
毎日新聞
IMG_2091
朝日新聞
IMG_2093

ゆめあかりびと募集中です。

明日会場に足を運べない方は、

https://goo.gl/DGrx7q
 こちらで、ライブ中継します。
どうぞ、ご覧ください。
 14:46

黙とう

15:00
紙袋キャンドルメッセージ受付開始
ゆめあかりカフェ OPEN

・My Favorite Timings

15:30
・取手少年少女合唱団

16:00

オープニングセレモニー

16:25

キャンドル点灯

16:30
・優しいウクレレ時間
・タムタムパパ
・ちくわ朋彦
・ジ・オークス
・見上げてごらん夜の星を

19:00 黙祷・エンディング
キャンドル消火
(後片付け)

 

会場は、滑りやすくなっております。
十分注意してお出かけください。

IMG_2075

IMG_2077

IMG_2081

IMG_2082

 

 

紙袋メッセージ1万枚

月曜日, 3月 4th, 2019

メッセージを記録用に撮影し終えましたので

やっと玄関の片付けができます。

家族には、迷惑をかけています・・・

紙袋メッセージは、ゆめあかり3.11の宝です。

配置を間違えないように

学校や施設が混ざらないように・・

配置順番なども確認しました。

1万枚って「すごいなぁ」

IMG_2028

IMG_2030

世界からの紙袋メッセージ

金曜日, 2月 22nd, 2019

取手市サイト ほどよく絶妙フォトで

特別友好姉妹都市桂林

IMG_1410

IMG_1411

姉妹都市アメリカ合衆国カリフォルニア州ユーバ市

が、紹介されています。
IMG_1309

IMG_1310

IMG_1311

IMG_1312

IMG_1313

IMG_1314

IMG_1315

IMG_1316

IMG_1317

IMG_1318

IMG_1319

IMG_1320

IMG_1321

IMG_1322

IMG_1323

IMG_1324

IMG_1325

IMG_1326

IMG_1327

IMG_1328

IMG_1329

IMG_1330

IMG_1331

IMG_1332

IMG_1333

月・木・SAY 職員のささやき

姉妹都市ユーバ市×取手市国際交流協会(アロノフ)さんが、

ゆめあかり3.11を紹介してくれました。

社会福祉法人筑桜会 ときわ学園

火曜日, 1月 22nd, 2019

2019年1月20日

ときわ学園が、取手市本郡よりゆめみ野3丁目-25に引っ越ししました。

ゆめあかり3.11へのご参加有難うございます。

祈りと感謝のコンサート

水曜日, 1月 16th, 2019

茨城新聞 20190116

20190116-i

茨城県、20年ぶり見直し 県北沿岸部にM7級

土曜日, 12月 22nd, 2018

大規模地震の被害想定 茨城県、20年ぶり見直し 県北沿岸部にM7級

茨城新聞 2018年12月22日(土)

 房総沖の津波も

茨城県は21日、県内で発生の可能性がある大規模地震の被害想定を1998年以来20年ぶりに見直した。県南部で被害が想定される首都直下地震に加え、新たに県北沿岸部の活断層が起こすマグニチュード(M)7クラスの地震と、本県沖から房総半島沖を震源とする津波地震を「特に被害が大きく特徴的な三つの地震」と設定した。県北沿岸部の活断層による地震は、日立、高萩、北茨城の3市で最大震度7、最悪の場合で死者730人、負傷者4500人、全壊・焼失の建物被害1万4千棟に上ると想定した。

県の地震被害想定は、自治体や関係機関の防災対策の基礎資料で、現在の想定は1995年の阪神・淡路大震災後に作成された。今回、東日本大震災の教訓を踏まえた国の中央防災会議専門調査会の提言などを受け、2016年に有識者会議を設置し、最新の科学的知見を基に見直し作業を進めてきた。

今回、県内に大きな被害をもたらす恐れのある七つの地震を設定し、特に大規模な三つの想定地震を具体的に公表した。

県北沿岸部の地震名は、「F1断層、北方陸域の断層、塩ノ平地震断層の連動による地震」。活断層が連動してずれ動いた場合の揺れと最大の被害を想定した結果、「被害は沿岸部に集中し、七つの地震の中で全壊・焼失棟数や死傷者数が最も多い」とした。

本県沖から房総半島沖を震源とする想定地震は、鹿行地域を中心とする沿岸部で津波による建物被害、内陸でも地盤の液状化などの被害が多く見込まれるのが特徴。神栖、鹿嶋、潮来、取手など11市町村が最大震度6強、最悪で死者100人、建物被害が全壊・焼失1万1千棟と想定した。

県南部の地震は首都直下地震の一つで、20年前も想定されている。前回と比べて被害見込みは減少したが、つくば、石岡、稲敷など12市で最大震度6強、建物の全壊・焼失が県南西部に広く及ぶ。冬場の午後6時ごろに発生した場合、火災の被害が非常に心配される。

三つの地震のほか、常陸大宮市で最大震度7を見込む「棚倉破砕帯東縁断層、同西縁断層の連動による地震」、水戸市や東海村、大洗町で最大震度6強の「太平洋プレート内の地震」などが設定された。

県減災対策検討会議議長の林春男防災科学技術研究所理事長は会見で「この想定通りに地震が起こるとは限らない。正しく賢く、地震を恐れてほしい」と述べた。

被害想定調査報告書は県防災・危機管理課のホームページで公表している。