Posts Tagged ‘震災’

ゆめあかり3.11 219,400円寄付

月曜日, 3月 16th, 2020

ゆめあかり3.11でお世話になった関係者へのお礼に

ポストカードをお届けしています。

桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金に、219,400円寄付いたしました。

ポストカード

郵便局で、端午の節句のオルゴール3曲付きポストカードを見つけました。

ゆめまっぷの会スタッフが購入💳

可愛かった🎏

IMG_9481

いば6に出演 三浦邦夫さん

木曜日, 3月 12th, 2020

IMG_9445

取手・南相馬・双葉浜通りの集い代表の三浦邦夫さんが紹介されました。

第9回ゆめあかり3.11ムービー

土曜日, 3月 7th, 2020

産経新聞 20200307

東北3県プレハブ仮設60世帯に 震災9年で退去、解体進む

東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県のプレハブ仮設住宅が、今年4月時点で残り60世帯となることが6日、共同通信のまとめで分かった。ピーク時に約5万3千戸が建てられたプレハブ仮設は、各地で退去、解体が進み、震災発生から9年で100世帯を切る見通しとなった。

転居にめどが付く入居者がいる一方、東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域が残る福島県では、転居先を「未定」とする入居者が目立つ。生活再建に向けた行政の継続支援が求められる。

災害救助法は、プレハブなどの応急仮設住宅の提供期間を原則2年としているが、東日本大震災では特例的に期間延長を繰り返してきた。


 

第9回ゆめあかり3.11ムービー完成しました。

「第9回ゆめあかり3.11」

新型コロナウィルス感染拡大を考慮し、カタチをかえて開催することとなりました。

皆様からお預りした たくさんのメッセージやお寄せいただいたお気持ちを、どのようなカタチでお届けするのか…

一人一人の想いをどうしても届けたい…

私たちが「今」できることを考えに考えた結果、このようなカタチに、なりました。

あの日を忘れない
あなたを忘れない
あの日の怖さ
そして人の優しさ

風化させることなく、これからもずっと伝え続けること

そして私たちは前を向いて歩いていくこと

続ける祈り 繋がる想い
ゆめあかり3.11

今回の開催にあたりまして、各方面での多大なご尽力をいただけましたこと、心より感謝申し上げます。

そして
ゆめあかりびととしてボランティアを希望されていた皆様、ゆめあかりカフェやステージ関係の皆様、その他、お気持ちをお寄せ頂いた全ての皆様、ありがとうございました。

みなさまからお預かりしたご寄付は例年通り【桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金】に寄付させていただきます。

ゆめまっぷの会 スタッフ一同

「ゆめあかり3.11」こんなカタチになりました。
BGMは、3/1より聴けるようになった『取手市民のうた~新しい明日~』オルゴールVer.です。

急展開で、ここに至るまでたくさんの方にお力を貸していただきましたことを御礼申し上げます。

総監督・ディレクター・デザイナー・小道具担当などなど、時間内でできること・自分たちにできることをして行こう。でも、できないことを助けてくれた『ゆめあかりびと』にありがとうm(__)m

ゆめあかり3.11 YouTube用撮影開始

木曜日, 3月 5th, 2020

並行してTV用撮影開始
こちらの番組は、取手・南相馬・双葉浜通りの集い代表三浦さんがメインです。

IMG_9283

参加国旗は、19カ国と1都市になりました。

IMG_9321

上越クリスタルガラスから寄贈されたゆめちゃんグラスにはLEDをいれて

題字は、三浦さんが書いてくれました。

IMG_9322

切り絵作家竹蓋年男さんから送られた切り絵メッセージ

IMG_9359

取手市長と三浦さんが、語っています。

IMG_9371

圧巻です。

いいね

ゆめあかり3.11のYouTube 3月7日14時46分公開です。

 

ゆめあかり3.11 メッセージ受付

月曜日, 3月 2nd, 2020

ゆめあかり3.11 メッセージ受付は、3/3です。

YouTube撮影用の為、スタッフで会場に並べています。

IMG_9260

ゆめあかり3.11 動画配信

土曜日, 2月 29th, 2020

HappyRecipe

 

ゆめあかり3.11 動画配信の準備を進めています。

取手市観光協会HP

お知らせ掲示お願いに上がっています

火曜日, 2月 25th, 2020

2020-02-25 11.29.31

山からの津波

日曜日, 10月 20th, 2019

心に残る記事より・・・

浸水被害の岩手・山田町「山からの津波だった」…東日本大震災後の整備が裏目に
スポーツニッポン 2019年10月20日

東日本を縦断して各地に大きな被害をもたらした台風19号が上陸してから19日で1週間を迎えた。死者は12都県で79人、行方不明者は10人とみられる。岩手県山田町では、東日本大震災後に整備された堤防が、山から流れてきた水や土砂をせき止めて浸水。津波を防ぐための堤防が裏目に出た。住民からは「山からの津波だった」「人災だったのでは」との声が漏れた。
リアス式で有名な三陸海岸のほぼ中央に位置する岩手県山田町。船越湾沿いの港町、田の浜地区では、住宅街に面した堤防ののり面に、山から押し寄せた大量の土砂が張り付いていた。台風上陸から1週間。この日は再び大粒の雨で家屋から土砂を運び出す人の姿もまばらだった。震災後の2014年に自宅を再建したという昆野卓子さん(68)は「基礎を高くしたけど、床上1メートル40センチまで水が来てしまった」と肩を落とした。

田の浜地区は震災の津波で327棟が被害を受け、117人が犠牲となった。町は緑地公園として長さ約400メートルの堤防を整備し、昨年5月に完成した。最も高いところで6メートル。今回、住民の安全を守るための堤防が、山から流れ込んだ濁流をダムのようにせき止めてしまった。

住民によると、12日深夜から水位が上昇。最高3メートルまで到達した。13日午後には、たまった泥水が堤防を越え海に流れ始めた。決壊しかけていた部分を重機で壊し、海側に流したことで水は引いた。

家の片付けをしていた80代の男性は「1階は全部水の中。妻と2階に避難して無事だったけど、3メートルも冠水した。東日本大震災より1メートルも高い水が来た」と怒りを隠せない。町消防団の糠盛祐一第2分団長(56)は「これは“山からの津波”。まさか3・11の後に、こんな被害が出るとは」と複雑な表情。消防団が12日昼から警戒にあたり避難を促したこともあって、犠牲者はいなかった。

堤防には水を海側に流す配水管4本があるが、町の担当者は「想定を超える雨で、最大で直径90センチあるパイプに土砂が詰まってしまった」と説明した。

田の浜地区は元々すり鉢状になっているため、三方を山に囲まれた住民は常々、大雨で山から流れてくる水を心配していたという。以前は、町の中央を通って海側に向かう道が“水の通り道”になっていたが、堤防でふさがれた。そのため住民は、堤防に扉を建造し“道”を残すよう求めたが、予算の問題などから実現しなかった。

8年前の悲劇から歩きだしていた田の浜の人々。避難所に身を寄せていた女性からは「今回は人災と天災が重なった」との声が漏れた。

「戸頭おやすみ処」で納涼会

月曜日, 8月 19th, 2019

東日本大震災
避難者と市民交流 互いの近況語り合う 取手で納涼会兼ね40回目例会 
毎日新聞2019年8月19日 

 東日本大震災と原発事故のため取手市などに避難した人たちと市民でつくる交流団体「取手・南相馬・双葉浜通りの集い」が17日、同市戸頭の交流施設「戸頭おやすみ処」で納涼会を兼ねた例会を開いた。約20人が和やかに懇談しながら交流を深めた。例会は昨年8月以来で通算40回目。

 「浜通りの集い」は震災7カ月後の2011年10月に発足し、同12月から例会が始まった。福島県南相馬市出身で代表の三浦邦夫さん(75)は「集いが始まった時から市役所や地域の皆さんに寄り添っていただき、ありがたい。ご縁を大切にしていきたい。少しずつ生活が安定してきた」とあいさつ。参加者はお互いの近況や暮らしぶりについて語り合った。

 取手市で家族と暮らす同県双葉町出身の女性(68)は震災前、爆発事故を起こした東京電力福島第1原発から約1・5キロ離れた自宅で暮らしていた。事故後、家族で取手に避難し、4年前に家を建てた。「双葉では先が見えず帰れない。避難した時に幼稚園児だった孫娘も中学3年になり、こちらの友達が多い」と話していた。

 福島県によると、震災で県外に避難している人は3万1483人(7月10日現在)。取手市によると、家賃の公的補助を含む市内の応急仮設住宅の入居者は12年度に44世帯138人だったが、避難指示が順次解除されるなどした結果、現在は3世帯3人となった。

東日本大震災 祈りのコンサート

金曜日, 3月 29th, 2019

東日本大震災
祈りのコンサート 東北出身の歌手グループ、あす取手で 地元合唱団も出演 
毎日新聞2019年3月29日 

 東北出身の歌手らによる「祈りと感謝のコンサート 和魂歌」が30日、取手市新町2の取手ウェルネスプラザで開催される。東日本大震災の犠牲者を追悼し被災者支援に感謝するため、市内の作曲家で歌手の鈴木ミチさん(44)が企画。来場を呼びかけると共に、運営費を賄うため福島の民芸品にちなんだ「絆ベコ」を販売中だ。

 当日は、福島県会津若松市出身の鈴木さん▽同県南相馬市の福島はじめさん▽宮城県石巻市の大内あゆみさんら歌手のほか、この日のために特別編成した地元の「ひだまり合唱団」も出演する予定。

 コンサートは今年で4回目。鈴木さんと東北出身の歌手でつくる復興支援グループ「東北を繋(つな)ぐ架け橋プロジェクト ひだまり」が主催。鈴木さんは「震災以降も各地で地震や水害が相次ぎ、みんながボランティア精神で手を取り合い、助け合っている。お互いの絆を大切にしていきたい」と話す。合唱団のメンバーで、土浦市の自営業、一水(いちみず)志穂さん(49)は「心に響く優しい歌を歌います」と張り切っている。

 絆ベコは会津若松市の民芸品「赤べこ」と同形だが、華やかに着色。鈴木さんが同市内の民芸品製作所に依頼した特注品だ。毎年そろえて自宅に飾る人もいるという。大小の2サイズ。小(15センチ、2000円)は銀とピンク、緑の3色。大(30センチ、1万円)は銀色。メッセージを書いて会場に並べ、終了後に持ち帰る。希望者には出演歌手がサインする。

 入場無料。当日は正午から整理券を配り、午後1時開演。問い合わせは鈴木さん(080・5473・1279)。