Posts Tagged ‘読売新聞’

世界で活躍する医師を育てる米メディカル・ツアー…江戸取

木曜日, 2月 27th, 2020

読売新聞 20200227

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)で医療系の研修を受ける「アメリカ・メディカル・ツアー」

科学の甲子園城県大会を制す 江戸取

水曜日, 1月 22nd, 2020

「科学の甲子園」全国大会へ、茨城県大会を制す 江戸取
読売新聞 20200122
江戸川学園取手中・高等学校(茨城県取手市)の高校1・2年の6人で作るチームが、3月20日からさいたま市で開かれる第9回「科学の甲子園」全国大会に、茨城県代表として出場します。昨年11月に行われた県大会で、同校から出場した2チームのうちAチームが優勝し、全国大会への切符を手にしました。

こちら

取手健康キャラ16日に初披露

金曜日, 1月 10th, 2020

読売新聞 20200110 楽しみですね

「エコノミクス甲子園」県大会で優勝 江戸取

木曜日, 11月 28th, 2019

高2男子ペア「エコノミクス甲子園」県大会で優勝 江戸取

読売新聞20191127

江戸川学園取手中・高等学校(茨城県取手市)の高校2年の男子2人のチームが、11月10日に開催された第14回全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」の茨城大会で優勝しました。エコノミクス甲子園は、高校生が2人1組のチームで「お金」の知識を競う大会です。2人は来年2月に開かれる全国大会に出場します。

世界志向のリーダー育成する12年一貫教育へ…江戸取

木曜日, 10月 31st, 2019

読売新聞

茨城県初の12年一貫教育校

江戸川学園取手中・高等学校(茨城県取手市)は今春、江戸川学園取手小学校を卒業した1期生を迎えた。

・・・・・

ゆめあかり3.11 新聞掲載

日曜日, 3月 10th, 2019

茨城新聞 20190312

20190312-i

毎日新聞 20190310

2019310-m

産経新聞 20190310

20190310-s

読売新聞 20190310

20190310-y

東京新聞 20190310

20190310-t

取手の坂道12選

日曜日, 1月 27th, 2019

読売新聞 2019.01.24
「取手の坂道愛好会」は、会員の薦める取手市の坂道12選を紹介する展示会を、取手駅西口前の商業施設「リボンとりで」で開いている。

ゆめあかり3.11 新聞掲載

月曜日, 3月 12th, 2018

NHKの首都圏newsとおはようニッポン

 

朝日新聞
あの日の教訓、忘れない 震災から7年

7年前のきょう、東北と茨城は未曽有の地震と津波に見舞われた。あれから2557日。あの日に思いをはせ、震災の教訓を未来に生かすための活動を続ける人たちがいる。

東日本大震災の犠牲者追悼と被災地復興への願いを込めた行事「ゆめあかり3・11」が10日、取手市の藤代庁舎広場であった。約1万1千個の紙袋に包まれたキャンドルが点灯し、「笑顔」「絆」「平和」などの文字や絵が浮かび上がった。

市内の主婦グループ「ゆめまっぷの会」が震災翌年の2012年から企画。地元の小中学校などから約9千枚の袋が寄せられ、全国39都道府県や12カ国・地域からも約2千枚が届いた。

 

20180311-a

茨城新聞
冥福祈るキャンドルの灯 取手

東日本大震災の犠牲者の冥福と被災地の復興を願う「ゆめあかり3・11」が10日、取手市藤代の市役所藤代庁舎敷地内で開かれ、1万1000個のメッセージ入り紙袋キャンドルに火がともされた。

20180311-i

毎日新聞
東日本大震災7年
手製のあかり1万1000本 復興祈る 取手でキャンドルイベント
1万1000本もの手製キャンドルを並べて東日本大震災からの復興を祈るキャンドルイベント「ゆめあかり3・11」が10日、取手市藤代庁舎前広場で開かれた。

イベントは今年で7回目。同日午後4時に開会し、市民ボランティアが次々に紙袋キャンドルに点灯していった。辺りが暗くなるにつれて、「絆」「復興を願って」などと書かれたメッセージがほのかなあかりに照らし出された。

今回はアジアや英米など12カ国・地域からもメッセージが寄せられ、「加油」(頑張れ)と中国語で書かれたキャンドルもあった。

被災者と取手市民の交流団体「取手・南相馬・双葉浜通りの集い」の三浦邦夫代表(74)=千葉県柏市=は「震災を忘れずにイベントを続けていただき、被災者としてありがたい。震災の記憶を子供たちに伝えていきたい」と話していた。

20180311-m

産経新聞
【東日本大震災7年】「鎮魂の明かり」温かく 取手でイベント

取手市の主婦グループが主催するイベント「ゆめあかり3・11」が10日、市役所藤代庁舎前広場(同市藤代)で開かれ、約1万1000個の「鎮魂の明かり」が周囲を温かく照らした。

イベントは、市内在住の4人で結成した「ゆめまっぷの会」が震災翌年の平成24年から始めた。絵や文字が書かれた紙袋をキャンドルにかぶせ、明かりをともして震災犠牲者の鎮魂と復興への願いを込める。7回目の今年は、海外からのメッセージも寄せられた。雨宮由利子代表(68)は「頑張って続けていきたい」と話した。

20180311-s

読売新聞

復興の祈りともす

20180311-y

ハンドルキーパーくん

日曜日, 9月 24th, 2017

飲酒運転の根絶 取手で呼びかけ…ビール工場など
読売新聞2017年09月22日

秋の全国交通安全運動が始まった21日、取手署と取手市、キリンビール取手工場などは、取手市寺田の国道294号で、高齢ドライバーの事故防止や飲酒運転根絶を呼びかけた。

キリンビールは、車で飲食店へ出かける際に酒を飲まない「ハンドルキーパー」が仲間を自宅に送り届ける運動に協力している。

この日は、運動支援のキャラクター「ハンドルキーパーくん」や県立取手一高の2年生、同工場従業員ら約60人が参加。信号待ちで停車した車のドライバーに、安全運転を呼びかけるチラシや反射板、ノンアルコール飲料などを配った。

取手駅西口 擁壁に描く絵は「未来につなぐ小さなキラキラ」

金曜日, 8月 18th, 2017

花や街の輝き 擁壁に
読売新聞 2017年08月16日
取手市 壁画コンペ大賞決定

取手市は14日、JR常磐線取手駅西側にある長さ100メートル、高さ2~3メートルの長大なコンクリート擁壁に描く絵が、守谷市のイラストレーター高橋夏海さん(25)の作品「未来につなぐ小さなキラキラ」に決まったと発表した。

取手市の「国際壁画コンペティション取手2017」で大賞に選ばれた。作品は咲き誇る花や鮮やかな実りなど生命の輝きと、街の灯あかりや建物や乗り物など技術の輝きが表現されている。

同市では、若手アーティストらで構成する「市壁画によるまちづくり実行委員会」(葛谷允宏くずやのぶひろ委員長)が中心となって、2000年度から壁画制作を続けており、今回が16作目。

米国と国内各地から29作品の応募があり、実行委が4作品に絞り、市民投票で大賞が決まった。作品は9月初旬~10月下旬に描かれる。