Archive for the ‘取手市’ Category

取手!!

金曜日, 6月 7th, 2019

全て茨城新聞 20190507

20190607-i (1)

20190607-i (2)

20190607-i (3)

 

 

火事?

木曜日, 6月 6th, 2019

IMG_5056

取手市より

 

取手市 壁画被害で賠償金

水曜日, 6月 5th, 2019

落書き 457万円賠償 取手市に修復費など含め 防止の願い込めた壁画も被害

毎日新聞 2019年6月5日

取手市で昨年、公共物に落書きをしたとして県警に器物損壊容疑で摘発された30代の男性が、修復費などを含む賠償金457万円を同市に支払ったことが、市への取材で判明した。市は昨年2~4月に市内で見つかった6件の落書きに、男性が関与したと認定した。

うち1件は、藤代大橋(同市藤代)の下にある壁画作品だった。外壁など公共物への落書きに頭を悩ませた市が「美しい絵を描けば落書きを防げるはず」と考え、制作を企画した壁画だった。

管理する市文化芸術課の担当者は「芸術作品が損なわれたことに加えて、落書き防止の願いを込めた壁画が被害を受け、二重のショックだ」と話す。壁画への落書きによる損害が賠償されるのは珍しいという。

壁画は縦5メートル、横26メートルの大きさで、2007年に完成した。自然の情景を描いた作品で、段階的に変化する色調が特徴だ。東京芸術大生の原画をもとに、別の学生や教員が制作した。

落書きが見つかったのは昨年4月。黒のスプレーを使って、×印や漢字が4カ所に書かれた。応急措置でほぼ消したが、完全に修復するには美術家が一部を描き直さなければならず、284万円の修復費を見積もった。

東京芸大が取手市にキャンパスを置くことから、市は芸大と協力して「アートによる街づくり」を進めている。公共物の壁画は約20年前から取り組み、高架下や取手駅のコンクリート擁壁など16カ所に完成している。

他の被害は、相野谷川に架かるコンクリート橋「土橋」の名前や完成年月を記した親柱(石碑)3基。赤い塗料を完全に消すことができず、3基とも交換する。

市立取手東小と藤代小の正門、久賀保育所の変電設備、JR常磐線をまたぐ桑原陸橋も被害を受けた。上塗りするなどして消したため、賠償額には人件費や材料費が含まれている。

市によると、男性は世の中への不満から落書きをしたらしい。市は男性の代理人弁護士と交渉し、昨年9月に示談が成立。二度としないように文書で指導し、男性側からは謝罪を受けたという。

準備組合 取手・桑原地区の地権者、イオン系誘致へ 

日曜日, 6月 2nd, 2019

準備組合 取手・桑原地区の地権者、イオン系誘致へ 

毎日新聞2019年6月2日 地方版

 取手市桑原地区で計画されているイオン系商業施設の誘致に絡み、予定地の地権者が1日、事業の前提となる「土地区画整理準備組合」の設立総会を同市内で開催した。総会では、2021年度に予定地を市街化区域へ編入する方針などが決まった。対象面積は約68ヘクタールで、計画が実現すると、商業施設は「関東最大級の規模」(同市)となる。

 全地権者(167人)の85%に当たる142人が準備組合の設立に同意した。総会で理事長に選ばれた市商工会長の菊地城一郎さん(73)は「地権者の意向を十分把握し、事業計画案の作成に努めたい」とあいさつした。

 準備組合は今年度、地権者の合意形成を進め、借地権などの調査や測量を進める。これらに対し市は約4600万円を助成する。総会に出席した藤井信吾市長は「地権者の粘り強い合意形成に感謝したい。未来に向けた魅力ある都市空間の創造を多くの市民が待ち望んでいる」と語った。

 イオンモール(千葉市)の藤田雅士関東・北海道開発部長は総会で「全国で培ってきたノウハウをつぎ込み、新しいものを入れて、取手や周辺地域の住民が誇れるようなまちづくりを進めたい」と述べた。

 市によると、21年度に県による土地区画整理事業認可を見込み、22~25年度の4カ年で事業を進める計画だ。

野菜の力と健康を考える研究会 野菜の安全と栄養

金曜日, 5月 31st, 2019

ちょっと待って!食べる前に考えよう、野菜の安全と栄養

取手市都市農業振興協議会・野菜の力と健康を考える研究会共催

演者 新潟薬科大学名誉教授、及川紀久雄先生

抗酸化力のある野菜作りとは?

野菜のミネラル含有量の比較一覧を見せていただきました。

マグネシウム・カルシウム・リン・亜鉛・鉄・マンガン・銅・・・成分が減っています。

原因は、農薬散布や窒素過剰施肥によって、タンパク合成が悪くなりミネラルの吸収が減ったり、

不適切な除草剤の施肥や不完全たい肥の施肥によりミネラル吸収力が減っているそうです。

土づくりって大切なんですね。

イチゴが、スーパーに並ぶまでには

平均すると、60回程度かそれ以上の殺菌剤や殺虫剤が散布されています。

しかも、収穫前日まで行ってよいと始動されているそうです。

虫は甘いものが好きですものね。

でも、不思議です。

土壌によっては、殺菌剤や殺虫剤の必要がないのだそうです。

そんな夢のいちごづくりも行われつつあります。

毎日摂取する野菜です。

選ぶ目を養っていきたいものです。

取手から、夢の野菜を発信していきたいものです。

IMG_4938

IMG_4939

IMG_4940

IMG_4941

IMG_4943

IMG_4944

チャレンジデー

水曜日, 5月 29th, 2019

B910EEE2

雨があがりました。

さぁ 今日はチャレンジデー

IMG_4877

「とりでチャレンジデー2019」は、目標参加人数50,600人参加人数52,930人!
対戦相手の鶴岡市は?

僅差! 来年頑張りましょう。

負け

夏ぴあ首都圏版に!

水曜日, 5月 29th, 2019

IMG_4881

IMG_4882

KODAI OPEN STUDIO

火曜日, 5月 28th, 2019

もよおし KODAI OPEN STUDIO
毎日新聞2019年5月27日 夕刊

 6月8、9日の正午~午後8時、茨城県取手市井野71のスタジオ航大。関東最大級の共同アトリエである同スタジオには絵画、彫刻、映像など幅広い表現方法の気鋭のアーティストが在籍する。多田圭佑さんや富田直樹さん、福本健一郎さん、横山奈美さんら27人が参加するオープンスタジオでは、最新作品や制作現場を見学できる。ワークショップやライブイベントも開催。無料。JR取手駅東口から関東鉄道バスで約10分。光風台団地入口で下車し、徒歩約3分。午後1~6時の毎時0分、同駅東口ロータリーからシャトルバス(定員約10人)が運行される(帰路もあり)。

土地区画整理準備組合の設立

火曜日, 5月 28th, 2019

朝日新聞 20190528

取手に大型商業施設誘致 6月、準備組合設立へ

茨城県取手市桑原地区で誘致が計画されている大型商業施設をめぐり、土地区画整理準備組合の設立総会が6月1日、市内で開かれる。事業区域は農地を中心に約68ヘクタールと広大で、地権者らは2025年度の開業を目指している。

事業区域は3分の2にあたる約46ヘクタールを農地が占め、地権者は167人にのぼる。区域の中央を通る国道6号で南北に分断されており、地権者の代表が15年、南北それぞれの土地利用検討会を発足。地権者のうち計138人が準備組合設立への同意書を提出した。

「商業の核」として計画を支援する市は17年、事業協力者としてイオンモール(千葉市)とイオンタウン(同)の共同事業体を選んだ。同事業体は、南北を立体横断施設でつなぎ、北側に専門店街や道の駅、温泉施設など、南側にはショッピングモールのほかアウトドアパークなどを整備する計画を提案。5千~7千人の新規雇用を見込んでいる。

 

ラゾーな川崎のような商業施設になるかな?

 

お地蔵様縁日

火曜日, 5月 28th, 2019

IMG_4871

IMG_4872

新取手にあるお地蔵様のボヤ事件

いつだったかなぁ