Archive for the ‘取手市’ Category

八重洲ニュータウン自治会夏祭り

金曜日, 8月 3rd, 2018

IMG_7313

IMG_7319

準備完了しました。
明日も暑くなりそうですね。

三越左千夫少年詩賞 取手の田代さん受賞 

木曜日, 8月 2nd, 2018

三越左千夫少年詩賞
取手の田代さん受賞 「命と心テーマに書き続けたい」 
毎日新聞2018年7月31日 

 取手市寺田の元東京都職員、田代しゅうじさん(81)さんが、地域の児童を見守る愛情や、母親への感謝を表した詩集「ともだちいっぱい」(四季の森社)が三越左千夫少年詩賞を受賞した。「詩を書くことは頭の散歩。気持ちが若くなる。命と心をテーマに書き続けていきたい」と張り切っている。

 田代さんは鹿児島県生まれ。20代から詩を書き始めた。在職中に取手に自宅を建てて定住。67歳で都の外郭団体職員を退職後、昨年まで13年間、自宅そばを登校する児童たちの見守りに当たった。

 「しっかり手をにぎろう やさしい心が見えるから 目を見よう その奥に悲しい心が見えないか」

 受賞作の詩集は昨年3月、80歳の誕生日に自費出版した。子供の成長を願う「ともだち」▽亡き母の思い出を、母に話しかけるように表現した「おかあさん」▽鹿児島の方言を織り交ぜた「ふるさとの風」--の3章で構成し、全66編。

 田代さんはこれまで「少年と海」(けやき書房)など多くの詩集を出版している。

全国制覇目指す 取手リトルシニア

木曜日, 8月 2nd, 2018

全国制覇目指す 取手リトルシニア 市長を表敬
茨城新聞  2018年8月1日(水)

中学硬式野球の取手リトルシニアの選手と監督らが7月25日、取手市役所を訪れ、全国大会出場を藤井信吾市長に報告した。藤代中3年の秋葉翔生主将(14)は「全国制覇を目指したい」と意気込みを語った。

取手リトルシニアは5、6月に開かれた関東大会で16強入りし、敗者復活戦で勝って全国大会(8月1〜5日・東京ほか)出場を決めた。夏の全国大会出場は5回目で最高成績は2012年の準優勝。

それ以降は3回戦止まりといい、石崎学監督(42)は「目の前の相手を倒して一つでも勝ち上がりたい」と話した。藤井市長は「力を入れて頑張って」とエールを送った。

「取手の明治維新」展

月曜日, 7月 30th, 2018

「取手の明治維新」展 史料100点、人物でたどる 9月24日まで 
毎日新聞 2018年7月28日

 明治150年に合わせ、幕末から明治初期に活躍した取手ゆかりの人々を紹介する企画展「人物でたどる取手の明治維新」が市埋蔵文化財センター(取手市吉田)で開かれている。「赤報隊」を組織した相楽総三のほか、戊辰(ぼしん)戦争で旧幕府軍として戦い、明治期には茨城県令(知事)も務めた人見寧らの貴重な史料計約100点が並ぶ。9月24日まで。

 相楽は取手の豪農、小島家が江戸に構えた屋敷で出生。西郷隆盛の指示で赤報隊を結成し、年貢の半減をふれ回りながら江戸に向かったが、新政府は方針を撤回し、「偽官軍」の汚名を着せられて処刑された。

 企画展では、利根川と江戸川をつなぐ利根運河の開削を手がけた取手出身の広瀬誠一郎が、勝海舟から受け取った書「獨養其志」(広瀬篤氏所蔵)を公開しているほか、人見が旧幕府軍として箱館戦争で使った自筆の指揮旗(人見寧則(やすのり)氏所蔵)も目を引く。

 飯島章センター長は「取手ゆかりの人物を通じて明治維新の光と影を知っていただきたい」と来館を呼びかけている。

講座・講演も
 また歴史講座2回と講演会を市福祉交流センター(同市寺田)で開く。講座は28日「慶応4年4月の取手-土方歳三と徳川慶喜-」▽8月25日「取手はかつて千葉県だった」。いずれも講師は飯島氏。講演は9月8日、徳川記念財団の岩立将史学芸員が「相楽総三とその顕彰運動」の題で話す。いずれも午後1時半から。申し込み不要。入館、受講無料。問い合わせは市埋蔵文化財センター(0297・73・2010)。

キリンビール取手工場見学

日曜日, 7月 29th, 2018

家族で工場見学、試飲も 来月、キリンビール取手

茨城新聞 2018年7月27日(金)

キリンビール取手工場(九鬼理宏工場長)は、夏休みに工場見学ファミリーツアーを行う。醸造工場やパッケージング工場の見学のほか試飲もできる。試飲時間には、ビールの空き缶をどれだけ高く積めるかを競う「空き缶積み上げゲーム大会」を行い、参加賞がもらえる。

ツアーは8月4、5、12、18、19、25、26日の午前9時半と午後1時の各日2回。11日は午前のみ行う。工場見学50分、試飲30分。毎週土曜に行っているツアーを夏休みは日曜日にも拡大して開催する。

小学1〜3年生と保護者が対象で定員は各回先着30人。参加無料。授乳・救護室あり。キリンビール取手工場(電)0297(72)8300。

夏のお楽しみ会

金曜日, 7月 27th, 2018

毎年、白山民児協は、夏休みに取手市白山公民館で

夏のお楽しみ会をひらいています。

さぁ準備です。IMG_7210

IMG_7211

IMG_7213

IMG_7215

ビンゴゲームの準備もできました。

IMG_7216

IMG_7217

IMG_7219

藤井秀美さんと渡辺雅子さんによる

絵本の読み聞かせが始まりました。

IMG_7218

IMG_7221

IMG_7222

IMG_7223

ゲームに入る前に「吹き矢」の会の方々の模範演技です。

腹式呼吸で中央に連続4本命中 (‘ω’)ノ
IMG_7227

IMG_7228

子ども達の吹き矢は、民児協のみんなの手作りです。

ゲームの後は、1本ずつお土産です。IMG_7234

手作りアンパンマン

かわいいね~。IMG_7235

カブトムシの成虫は、一番人気です。

10籠があっという間になくなってしまいました。

IMG_7237

IMG_7238

おとなりの地区の民児協のみなさんにもお手伝いしていただき

大成功!!m(__)m

エアコン設置率格差

水曜日, 7月 25th, 2018

茨城新聞 20180725

茨城県内公立小中校エアコン 設置半数止まり

普通教室、17年4月現在 市町村対応に差

茨城県内の公立小中学校で、授業で最も多く使う普通教室のエアコン設置率は、2017年4月現在で50・8%にとどまっていることが県教委のまとめで分かった。14年の前回調査より27・3ポイント上がり、全国平均49・6%を上回るものの、夏場の気温や財源不足、教育方針の違いなどを背景に、市町村によって対応に“温度差”があるのが現状だ。全ての普通教室にエアコンを完備している自治体がある一方、全く設置が進んでいない自治体もある。

市町村別にみると、エアコンの設置率100%は石岡、龍ケ崎、常総、取手、牛久、潮来、稲敷、かすみがうら、行方、つくばみらい、大洗、大子、美浦、河内、境、利根の計16市町村で、全体の約3分の1を占めた。次いで、土浦市99・5%、守谷市92・7%、小美玉市92・0%と続く。

行方市と河内町は、理科室や音楽室など特別教室の設置率も100%を達成している。

一方で、設置率ゼロは結城、高萩、笠間、常陸大宮、城里、八千代の計6市町。ほかに常陸太田市(0・6%)、桜川市(4・0%)、鹿嶋市(4・3%)なども低い。

ただ、調査後に笠間市が全11小学校にエアコンを設置するなど、市民らの要望を受け設置へ乗り出したり統廃合に伴う校舎建て替えを機に設置が進んだ自治体もある。

いくつかの自治体でエアコン設置が進んでいない理由について、県教委は「市町村ごとの教育方針や財政的な事情があるのではないか」と分析する。

20180725-i

暑さが続く岐阜県多治見市では、数日前に3教室にエアコンがついた。

設置率は、1%にも満たないという。

関連記事

リコの野菜直売はall200円

火曜日, 7月 24th, 2018

IMG_7177

IMG_7180

IMG_7181

IMG_7183

IMG_7185

IMG_7186

とりで灯ろう流し&星あかりは、8月25日開催

月曜日, 7月 23rd, 2018

IMG_7138

星あかりのボランティア募集中です。

ゆめまっぷの会 0297-72-7166

子どもキャンプ延期 取手市

土曜日, 7月 21st, 2018

茨城新聞 20180721

猛暑の影響で、取手市は 20日取手市椚木の藤代スポーツセンターで

21,22の両日予定されていた小学生対象のサマーキャンプを延期すると明らかにした。

市内の小学生ら382人が参加し、屋外で飯ごう炊飯やハイキングなどを行う予定だった。

スポーツ生涯学習課は、「気温の上昇で炎天下での活動が危険と判断した。

最善の対応だと思っている」と説明している。