Archive for the ‘取手市’ Category

取手聖書協会 クラリネットコンサート

金曜日, 6月 8th, 2018

8B7B472E

取手市民ゴルフ

水曜日, 6月 6th, 2018

取手市民ゴルフ 渡辺さんが優勝 市社協に善意金寄付
茨城新聞 2018年6月6日(水)

第49回取手市民ゴルフ大会(市ゴルフ愛好会主催、茨城新聞社など協賛)が4日、取手市新町の利根パークゴルフ場で144人が参加して行われた。

優勝は渡辺貞世(さだとき)さん(68)=グロス89、ネット62・6。ベストグロス女子の西山貴美子さん(72)=グロス81=には茨城新聞社杯が贈られた。同男子は猪股範一さん(67)=同72=だった。西山さんは「今年が最後かもしれないと思っていたので良かった」と話した。

同大会では併せてチャリティーも行われ、参加者から募った7万1851円の善意が市社会福祉協議会に寄付された。

「芸大食堂」新装OP

火曜日, 6月 5th, 2018

「芸大食堂」新装OP 取手キャンパス、入り口に作品展示
茨城新聞2018年6月5日

ご飯をよそう学生や教職員=取手市小文間ご飯をよそう学生や教職員=取手市小文間
東京芸術大取手キャンパスの学食が、「芸大食堂」として新装オープンした。生産地や生産者が分かる食材にこだわり、学生や教職員の作品を展示するギャラリーも併設している。一般客も利用可能で、地域に開かれた芸術の創造拠点を目指す。

芸大食堂を運営しているのは、市内でアートによるまちづくりを進めるNPO法人「取手アートプロジェクトオフィス」。2017年7月まで生協が運営していた学食を改修した。

建物は鉄筋コンクリート2階建てで、1階約370平方メートルに食堂や厨房(ちゅうぼう)、売店、ギャラリー、エントランスホールがある。

食堂では、手作りの日替わり定食やパスタ、カレー(一般各740円)の他、紅茶、コーヒー、その日焼いたパンも提供している。生産地や生産者が分かる食材や、地元市場に出ない規格外品を使用している。

食堂入り口では、食品サンプルのショーケースに作品を展示している。これまで東京芸大の学生や教職員の作品に触れる機会はイベント時のみで、常設のギャラリーもなかったという。

取手アートプロジェクトオフィスの羽原(はばら)康恵さんは「芸大では面白い作品が作られているが、地域と共有できる機会はほとんどなかった。

ぬくぬくステーション

月曜日, 6月 4th, 2018

IMG_6638

Café 温々亭発行の「ぬくぬくステーション」

オーナーのコメントは、ほっこりするものばかり。

今月の井戸端会議も興味深いなぁ

アン&ベベ

金曜日, 6月 1st, 2018

出産祝いのおてつだい アン&ベベさん

ワイヤーハンギングでお名前入れちゃったの?

ソフトクリームも美味しいよ。

IMG_6540

IMG_6541

IMG_6542

7月に広域訓練 取手市

水曜日, 5月 30th, 2018

東海村、7月に広域訓練 避難先・取手市と共同実施

東海村は29日、日本原子力発電東海第2原発(同村)の原子力災害の発生を想定した広域避難訓練を7月16日に実施すると発表した。訓練は昨年に続き2度目だが、今回は避難先となる取手市と共同で実施し、実際に参加者が同市内まで移動する本格的な訓練としている。

同村防災原子力安全課によると、訓練では住民からも参加者を募り、村内の一時集合場所に集まった後に高速道路を使って取手市まで移動。同市内に避難所を設置し、炊き出しや村災害対策本部の移転などを行う予定だ。自力避難が難しい要支援者の避難もシミュレートしたいとしている。

同村は全域が原発から半径5キロのPAZ(予防的防護措置準備区域)圏内のため、原発事故発生時は放射性物質が放出される前に避難行動を開始する。村民約3万8千人は、県の広域避難計画に基づき、つくばみらい、取手、守谷の3市に避難する。

山田修村長は29日の記者会見で「実際に(訓練を)やってみて、いろんな検証をしたい。どういう動きをするのか避難先自治体と互いに確認し合うことでノウハウの蓄積になる」と述べた。

芸大食堂 本格オープン 

水曜日, 5月 30th, 2018

芸大食堂 本格オープン 地元食材使い市民も気軽に 取手校学生らの作品展示 
毎日新聞2018年5月30日 

 取手市小文間の東京芸術大取手校地(キャンパス)の学生食堂が28日、学生や教員の作品を展示するギャラリーを併設した「芸大食堂」として本格オープンした。県内の農家から提供を受けた農産物を食材に使い、市民も気軽に入れる地域との交流拠点に育てる狙いだ。

 同大の福利厚生施設1階にある学食を全面改装した。中にあった売店スペースはギャラリーとしたほか、食品サンプルを置いていたショーケースの中で芸術作品を展示する。運営はNPO法人「取手アートプロジェクトオフィス」に委託し、昨年10月にプレオープンしていた。

 食材は行方市の農家から市場に出せない規格外のサツマイモを仕入れているほか、キャンパス内に自生するミョウガもサラダに入れる。キャンパス内に野菜畑を設ける構想もある。

 同大先端芸術表現科2年の今宮有葉さん(21)は「地域の人々に利用してもらい、芸大にもっと親しみを持ってほしい」と話していた。

 食堂のランチ営業は午前11時半~午後3時(注文は午後2時まで)。メニューは、日替わり定食▽パスタ▽カレー--の3種。一般利用者は各740円。カフェ営業は午前10時~午後7時。店内で焙煎(ばいせん)したコーヒー(150円)などが飲める。土日祝日と7、8月の夏休みなど大学の休みは休館。問い合わせは芸大食堂(050・5248・5571)。

住民総参加型スポーツイベント チャレンジデー

水曜日, 5月 30th, 2018

住民総参加型スポーツイベント チャレンジデー

3自治会が中心になって、八重洲ニュータウン自治会館で開催されました。

雨に降られず、表彰式まで行うことができホッとしましたね。

自治体同士が対戦形式で15分以上継続して運動やスポーツを行った住民の数(参加率)を競いました。

結果IMG_6519

IMG_6520

IMG_6522

 

IMG_6524

IMG_6527

IMG_6528

IMG_6531

取手市の結果と参加状況については こちら
取手市
参加人数 29,321人
参加率 27.2%(銀メダル獲得!)

人口と参加率でメダルが決まるのね・・・

メダル

27.2%

IMG_6530

NHKニュース

本日より7日間、米沢市の旗が取手市役所に掲揚されます。

合同運動会 公民館と交流 取手・六郷小

月曜日, 5月 28th, 2018

合同運動会
公民館と交流 取手・六郷小 
毎日新聞2018年5月27日 

 取手市清水の市立六郷小学校(児童数100人)で26日、隣接する六郷公民館との合同運動会があった。同館が企画した住民との交流種目「パン食い競争」には全児童と保護者を含む住民約500人が参加し、盛り上がった。

 住民がさまざまな菓子パンをつるした竹ざお10本を一直線に並べて整列。2班に分かれた児童たちは、好きなパンをめがけて元気よく突進、我先にとつかみ取っていた。寺田純子校長は「子供は地域の宝。学校と地域が共に育て、地域の親睦を深めたい」と話していた。

取手市立中で個人情報ファイル紛失

金曜日, 5月 25th, 2018

ニュースBOX
取手市立中で個人情報ファイル紛失
毎日新聞2018年5月25日
取手市教育委員会は24日、市立藤代南中学校で生徒の名前や住所などの個人情報を記載した緊急連絡用カードファイルを紛失したと発表した。市教委によると、紛失したのは2017年度の2年生1クラス34人分で、当時の担任教諭が4月4日、保管場所にないことに気づいたという。

 

取手市立寺原小で感染性胃腸炎の集団発生
毎日新聞2018年5月25日
県は24日、取手市立寺原小学校で児童38人が吐き気や下痢などの症状を訴え、感染性胃腸炎を発症したと発表した。重症者はなく全員快方に向かっているという。県衛生研究所が検査したところ、2人の検体からノロウイルスが検出された。