Archive for the ‘取手市’ Category

MATCH MARKET 出店者募集

木曜日, 10月 12th, 2017

5675CB2A

MATCH MARKET

ほどよく絶妙とりでロゴができました

木曜日, 10月 12th, 2017

茨城新聞 20171012

C1A6E885

秋野菜を使って食べ方をデザインしよう 申し込み受付中

火曜日, 10月 10th, 2017

1507639706530

取手市都市農業振興協議会・野菜のチカラと健康を考える研究会共催
第10回 野菜のチカラでヘルシーエイジング
旬の秋野菜を使って食べ方をデザインしよう!Part4《秋野菜編》

野菜の科学分析データに基づく「機能性の高い野菜」、すなわち、旬の野菜は美味しく
栄養価も高く、そして抗酸化力が高い食事を摂ることが人の健康に深く関わっています。

そこで今回は、野菜の科学分析に長年携わってこられた、管理栄養士の市野真理子先生をお招きして“秋野菜”をテーマに、旬の野菜を使って食べ方をデザインすることを学んでみませんか。

〈日 時〉 10 月 15 日(日)13:30~15:30

〈講 師〉 市野 真理子 氏
㈱メディカル青果物研究所 代表取締役
デザイナーフーズ㈱ 取締役 管理栄養士
〈場  所〉取手ウエルネスプラザ1階「セミナールーム」
取手市新町2-5-25  ℡ 0297-71-2122
※JR取手駅西口から徒歩3分

〈参 加 費〉1,000円(カラー資料付き)
※当日はテイスティングをしますので、各自「水」をご持参下さい。

〈募集定員〉先着 85名
〈申し込み〉取手市役所 農政課
TEL 0297-74-2141(代表)

一本刀土俵入(いっぽんがたなどひょういり)

土曜日, 10月 7th, 2017

【伝統芸能】

<新かぶき彩時記>「一本刀土俵入」のお蔦 おわら節で故郷しのぶ

東京新聞 2017年10月6日

 故郷の唄が過去と未来をつなぐ-。民謡が重要な役割を果たすのが「一本刀土俵入(いっぽんがたなどひょういり)」。長谷川伸作の新歌舞伎です。
 主人公は力士の卵・駒形茂兵衛。取手(茨城県)の宿で、親方に見放され一文無しでさまよっているところを、宿の二階から見ていた酌婦のお蔦(つた)に声をかけられます。櫛(くし)かんざしと巾着をめぐまれた茂兵衛は十年後、渡世人となって再び取手を訪れ、お蔦に再会してその危機を救います。
 互いに日陰者同士の男女の情愛が見どころ。やさぐれたお蔦ですが、茂兵衛の身の上話を聞き、励ましているうちに「どうせまともに生きちゃいない」自分の母親のことを思い出します。後ろ向きとなり、三味線で口ずさむのが越中八尾(やつお)(富山県)のおわら節。遠く離れた故郷を想(おも)う、ものがなしい唄声が印象的です。それを聞きながら「きっと横綱になる」と約束して去って行く茂兵衛。十年後、お蔦を探し出すきっかけとなったのが、お蔦の娘が家の中で唄っていたおわら節でした。
 お蔦のモデルは幼少期に母と生別した作者が、少年時代に奉公した店で親切にされた遊女屋の女性。縁あって八尾とおわら節を愛した作者は、お蔦を八尾生まれとし、今も当地には本作にまつわる碑が立ちます。 

寄贈 取手の図書館に布製バッグ カーテン再利用

木曜日, 10月 5th, 2017

寄贈 取手の図書館に布製バッグ カーテン再利用 

毎日新聞2017年10月3日

 取手市の市民団体「布絵本の会 いないいないばあ」が、カーテンを再利用した大型の布製バッグを作り、同市立の取手とふじしろの両図書館にそれぞれ3個ずつ寄贈した。持ち帰りに必要な利用者に貸し出している。

 団体のメンバーが、家庭で不要になったカーテンを洗ってほどき、ミシンで縫い合わせてバッグに仕立てた。幅36センチ、高さ34センチ、マチが9センチ。絵本であれば12冊を収納できる。

 図書館で持ち帰り用の袋がないか尋ねる利用者が多いことから発案した。

 代表の石川孝子さん(70)は「丈夫に作ったので、もっと絵本を読むために活用してほしい。本好きな子が増えたらうれしい」と話している。

開発事業、民間デベロッパー募集 2計画案を支援 

木曜日, 10月 5th, 2017

開発事業、民間デベロッパー募集 2計画案を支援

毎日新聞2017年10月4日

取手市は2日、市内2カ所の開発事業に向け、計画案の作成を支援する民間デベロッパーの募集を始めた。

2カ所の開発事業はは「取手駅西口A街区再開発事業」と「桑原周辺地区土地区画整理事業」。それぞれの権利者で今後つくる組合が主体となる。

西口A街区は、取手駅北土地区画整理事業(面積約6・5ヘクタール)のうち最も駅に近い約0・7ヘクタール。昨年7月に権利者18人が事業検討会を発足。子育て世代やシニア向けのマンションや緑化空間などの整備を構想している。

桑原周辺地区は国道6号沿いの約67・6ヘクタール。大型商業施設の整備など多様な土地利用を見通した基本構想を策定済みだ。取手署と市消防本部も計画区域内に含まれるが、現地でこのまま存続する見通し。

市によると、いずれも最短で5年後の2022年度をめどに着工を目指すという。

月夜野のお月見「指月会」

水曜日, 10月 4th, 2017

みなかみ町

恒例の「指月会」が行われます。CB2BB3B2

2176FE90

 

🎶おお いい つきよのぉ♬

こんな歌から、月夜野と名付けられました。

月夜野は日本百名月です。

心地よい名前の響きですね。

みなかみチャッカマンズの皆様とゆめまっぷの会は、とても仲良しです。

IMG_1795

IMG_1799

IMG_1801

IMG_1806

IMG_1807

IMG_1808

IMG_1810

IMG_1812

IMG_1815

IMG_1816

IMG_1819

IMG_1824

IMG_1828 (2)

IMG_1834 (3)

 

取手のお月見

IMG_1772

IMG_1773

IMG_1774

 

 

青島広志おしゃべりコンサートチケット販売します。

水曜日, 10月 4th, 2017

9639F1B0

 

青島広志おしゃべりコンサート
「春の声を聞きましょう」

〈出損〉青島広志 横山美奈(ソプラノ) 小野勉(テノール)

公演日 平成30年2月3日(土)14時開演

入場料 全席指定 3,000円 *3歳未満入場不可

 

10月8日 駅前賑わいフェスタ

火曜日, 10月 3rd, 2017

ekimae

6BDAD1BB

21622056_1165796993522065_689166005_n

21584922_1165797030188728_2016743850_n

 

 

取手舞台の映画「レミングスの夏」明日から上映

土曜日, 9月 30th, 2017

茨城新聞 20170929

DE7293AD

明日は、監督の舞台挨拶がございます。

上映期間は2週間です。

チケットは、小沼新聞舗で取り扱っています。

1枚 1200円