Posts Tagged ‘産経新聞’

イバラキセンス

月曜日, 8月 20th, 2018

東京・銀座のアンテナショップ、新名称は「イバラキセンス」

産経新聞 20180821

 県は、全面リニューアルを行っている東京・銀座のアンテナショップの名称を「IBARAKI sense(イバラキセンス)」に決定したと発表した。10月下旬オープン予定。県産品などの販売に加え、レストランやカフェを併設し、茨城の魅力発信の拠点としたい考えだ。

 店名は「厳選された茨城の名品を並べ、茨城のセンス(感性)を発信」というコンセプトから付けられた。店舗のロゴマークは県花のバラがモチーフ。品のあるゴールドを基調に、日本の伝統文化を感じられる六角形の紋を採用した。

 店内には大型テーブルと笠間焼のつぼを配置し、商品の陳列にもこだわるという。レストランは壁に笠間市産の「稲田石」を使い、一面にプロジェクションマッピングで袋田の滝を映し出す。

 県は従来のアンテナショップ「茨城マルシェ」を3月までで一時休業し、改装工事を行っている。大井川和彦知事は今月3日の記者会見で「茨城のいいものが評価され、名店が並ぶ銀座の地で話題になるような店を目指す」と語った。

バーチャルチューバー(Vtuber)茨ひより

月曜日, 8月 13th, 2018

茨城県にVチューバー誕生 「茨 ひより」 きょう午後6時から配信

産経新聞 20180812

茨城県は10日、県の動画サイト「いばキラTV」で、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)を起用した動画の配信を始める。CG(コンピューターグラフィックス)で生み出した女性キャラクターを配信者として、今後、2週間に1度ほどのペースで10本の動画を配信する。

キャラクターの名前は「茨(いばら) ひより」。同県職員で、大井川和彦知事から辞令を受け、同TVの公式アナウンサーになったという設定だ。イラストレーターは同県出身のハルタスクさん。県によると、自治体がVチューバーを公認するのは全国初という。

県プロモーション戦略チームの担当者は「新人なので温かく見守ってほしい。より多くの方に見てもらい、茨城の魅力を浸透させたい」と期待を寄せる。

動画は、いばキラTV(https://www.ibakira.tv/)で視聴できる。

配信は10日午後6時から。

ブロック塀、茨城県内公立258校に不具合 県有36施設でも確認

土曜日, 8月 4th, 2018

ブロック塀、茨城県内公立258校に不具合 県有36施設でも確認

産経新聞 20180804

茨城県は3日、大阪北部地震で小学4年の女児が倒壊したブロック塀の下敷きになり、死亡した事故を受けて、県内の公立校や県所有施設のブロック塀を点検した結果、県立校69校の147カ所と市町村立校189校、県所有の36施設で不具合が確認されたと発表した。不具合のある公立校のブロック塀の総延長は約20キロに上り、県は速やかに対応するとしている。

点検は7月に行われた。6月には、各施設の職員が国土交通省のチェックポイントに基づいて検査を行ったが、今回は県の建築系技術職員や建築士の在籍する業者が建築基準法に基づき実施。外見上の不具合だけでなく、鉄筋の有無など内部点検も行った。

不具合は県立高63校と特別支援学校6校の147カ所と、市町村立の幼稚園など17園、小学校125校、中学校47校から見つかった。このうち、県立16校と市町村立3校からは塀内部の鉄筋に不具合が確認された。不具合のある塀の総延長は県立校で約12キロ、市町村立校で約8キロに上った。

市町村立校については、文部科学省への報告期限の7月27日までに検査が完了していない学校があり、不具合のある箇所は増える可能性があるという。

塀に不具合が見つかった県所有施設のうち、取手競輪場(取手市白山)、鹿島下水道事務所(神栖市北浜)、金町公舎(水戸市金町)のブロック塀はすでに撤去。

県はほかのブロック塀の撤去や再設置を年内に完了するとしている。

航空業界の仕事体験 取手東小

水曜日, 6月 20th, 2018

航空業界の仕事体験 取手の小学校

産経新聞 20180620

茨城県取手市吉田の市立取手東小で19日、現役のパイロットや客室乗務員らが講師を務め、仕事を紹介する航空教室「ミライつく~る」が開かれた。6年生93人が航空業界での仕事の魅力に触れ、将来の夢を膨らませた。

航空教室は、ANA(全日本空輸)グループが授業の一環として実施しており、子供たちが仲間と協力、相談し、課題を解決していく形式となっている。児童は5つのグループに分かれ、救命胴衣や航空機の部品など実際の現場で扱っている道具も使い、仕事を体験した。

パドルと呼ばれる道具で飛行機の誘導体験をした上田望睦(のぞむ)君(12)は「合図の意味がたくさんあって、右と左で違う動きをするのが面白かった」と感想を語った。

東京芸大取手キャンパス、学食一新 

火曜日, 6月 12th, 2018

地域へ開放、創造拠点に 東京芸大取手キャンパス、学食一新

産経新聞 20180612

東京芸大取手キャンパス(茨城県取手市小文間)の学生食堂が一新され「芸大食堂」の名でオープンした。県内の農家から仕入れた野菜で作るメニューを提供し、一般の人も利用できる地域に開かれた場所とした。学生らの作品を展示するギャラリーも併設し、芸術の創造拠点を目指す。

芸大食堂を運営しているのは、芸術によるまちづくりに取り組むNPO法人「取手アートプロジェクトオフィス」。同大の委託を受け、昨年10月のプレオープンを経て先月28日に本格始動させた。

学食と購買が入っていた同大の福利厚生施設1階約370平方メートルを昨年8、9月に改修し、食堂と厨房(ちゅうぼう)、ギャラリーで構成した。食堂入り口には食品サンプルのショーケースを置き、若手作家の作品を展示している。

メニューは日替わりの定食やパスタ、カレーの3種類で、一般料金は各740円。県内の農産物のほか、流通しない規格外品を料理に生かす。焼きたてのパンやコーヒー、紅茶も取り扱っている。

食堂を利用する同大4年の高橋成瑠さん(21)は「内装もすごくオシャレになったし、以前よりも活気がある」と話す。

取手アートプロジェクトオフィスでは取手キャンパス内に畑を作り、学生と地域住民が育てた野菜を食材にする構想も描く。担当者は「地域の人が『食』を接点に芸術家の表現に触れ、今までになかった関係を築ける場所にしていきたい」と意欲を示す。

芸大食堂は平日に営業し、土日祝日や大学の休校日に休業する。問い合わせは、芸大食堂(電)050・5248・5571。

7月に広域訓練 取手市

水曜日, 5月 30th, 2018

東海村、7月に広域訓練 避難先・取手市と共同実施

東海村は29日、日本原子力発電東海第2原発(同村)の原子力災害の発生を想定した広域避難訓練を7月16日に実施すると発表した。訓練は昨年に続き2度目だが、今回は避難先となる取手市と共同で実施し、実際に参加者が同市内まで移動する本格的な訓練としている。

同村防災原子力安全課によると、訓練では住民からも参加者を募り、村内の一時集合場所に集まった後に高速道路を使って取手市まで移動。同市内に避難所を設置し、炊き出しや村災害対策本部の移転などを行う予定だ。自力避難が難しい要支援者の避難もシミュレートしたいとしている。

同村は全域が原発から半径5キロのPAZ(予防的防護措置準備区域)圏内のため、原発事故発生時は放射性物質が放出される前に避難行動を開始する。村民約3万8千人は、県の広域避難計画に基づき、つくばみらい、取手、守谷の3市に避難する。

山田修村長は29日の記者会見で「実際に(訓練を)やってみて、いろんな検証をしたい。どういう動きをするのか避難先自治体と互いに確認し合うことでノウハウの蓄積になる」と述べた。

AIが保育所の入所選考 

水曜日, 5月 2nd, 2018

AIが保育所の入所選考 50時間の手作業が数秒で終了

産経新聞 20180502

 「誰をどの保育所に割り振るか」-。煩雑な認可保育所の入所選考を市区町村の職員の代わりに人工知能(AI)に任せる動きが出始めた。昨年、さいたま市と富士通研究所などが実験したところ、手作業で約50時間かかっていたのが数秒で終了。申し込んだ人に早く結果を伝えられるほか、職員の負担が軽減され、住民サービスが向上すると期待されている。

 本年度を「AI元年」とする東京都港区でも保育所選考に活用する実証実験を準備中。効果を見極め、早ければ来春選考での導入を検討しており、各地でこうした動きが広がりそうだ。

 入所選考は申し込んだ世帯の構成や勤務状況などが点数化され、高い順に割り振られる。さいたま市では希望の保育所をいくつでも申請でき、きょうだいがいる場合は「同時に同じ保育所入所」「入所時期がずれてでも同じ保育所を」「別々でも近くなら」といった要望にも配慮する。

大相撲春巡業の取手場所 取手市出身の序二段朱鷺(とき)さん、呼び出しの琴吉(ことよし)さん

火曜日, 4月 24th, 2018

大相撲取手場所
春巡業 「稀勢の里、次は優勝」 満員御礼3000人
毎日新聞 2018年4月25日

大相撲取手場所が24日、取手市野々井の取手グリーンスポーツセンターで開かれ、約3000人の観客が詰めかけて満員御礼となった。

春巡業の一環で取手では初開催。県内が出身の横綱・稀勢の里関や大関・高安関らが堂々とした土俵入りを披露したほか、稀勢の里関は取組で大関・豪栄道関を寄り切りで破った。報道陣に「一生懸命やっていきたい。また良い姿を見せられれば」と話した。

その他、力士の公開稽古(けいこ)のほか、ユーモラスに禁じ手を紹介する初っ切りなどがあった。また、ちびっこ相撲は地元実行委員会の意向で男児に限定。地元の小学生ら28人が土俵に上がった。

観戦した取手市山王の無職、野口芳夫さん(74)は「テレビとは違い、迫力があった。取組で稀勢の里が勝てて良かった。次の場所は優勝してほしい」と満足した様子だった。

 

稀勢取組に歓声響く 取手初の大相撲巡業
茨城新聞 2018年4月25日

大相撲春巡業の取手場所(同実行委員会主催)が24日、取手市野々井の取手グリーンスポーツセンターで開かれた。けがで6場所連続休場中の横綱稀勢の里関(牛久市出身)が取組で元気な姿を見せ、観客3千人を盛り上げた。取手市で大相撲巡業が行われるのは初めて。

取手場所には、3横綱をはじめ、240人の力士らが参加。稽古に稀勢の里関が姿を現すと、場内に歓声が響いた。取組では大関豪栄道関を寄り切った。

稀勢の里関は心配される左大胸筋などのけがについて「だいぶ良くなっている」と説明。夏場所(5月13日初日、両国国技館)の出場は明言しなかった。取手での巡業開催に「地元が近いしうれしい。またいい姿を見せられるように」と話した。

大関高安関(土浦市出身)は腰痛の影響で取組に参加せず、幕内土俵入りで地元の赤ちゃんを抱えて花道を歩き、笑顔を見せた。

このほか、取手市出身の序二段朱鷺(とき)さん、呼び出しの琴吉(ことよし)さんも取手場所に参加して声援を集めた。

力士との稽古で土俵に上がった同市内の小学3年、小山礼恩(れおん)君(8)は、「思い切り押して勝てたけど、力士は強かった。おなかは柔らかかった」と喜んでいた。25日は笠間市で笠間場所が行われる。

 

産経新聞 20180425
横綱・稀勢の里関が地元茨城の春巡業で雄姿

大相撲春巡業の取手場所が24日、茨城県取手市野々井の取手グリーンスポーツセンターで開かれ、土俵に上がった同県牛久市出身の横綱、稀勢の里関(31)=田子ノ浦部屋=の雄姿に約3千人の観客が歓喜した。

会場は「満員御礼」の垂れ幕が下がり、立ち見客が出るほどのにぎわいを見せた。稀勢の里関は、綱締めの実演にも登場して観客を喜ばせ、取組では大関、豪栄道関=境川部屋=と対戦し、寄り切りで勝利した。

同県土浦市出身の大関、高安関(28)=田子ノ浦部屋=は土俵入りのみだったが、地元ファンは大いに盛り上がった。

DSC07161

DSC07163

DSC07166

呼び出しの琴吉(ことよし)さん

DSC07167

IMG_5969

IMG_5970

IMG_5971

IMG_5974

IMG_5976

IMG_5977

IMG_5986

IMG_5989

IMG_5998

IMG_6003

時代とともに変わる行政

水曜日, 4月 18th, 2018

横須賀が「終活」支援 入る墓を生前登録 全国初の「お墓の住民票」

産経新聞 20180409

神奈川県横須賀市は17日、市民が人生の最期に向けて準備する「終活」を支援するため、自分が入る墓の所在地を生前に登録する事業を5月1日から始めると発表した。

家族らの墓があるのに場所が分からず、無縁仏として納骨されるのを防ぐのが狙い。市によると、「お墓の住民票」ともいえるこうした取り組みは全国初。

遺言書の保管場所や葬儀の生前契約先、緊急連絡先などの情報も登録できる。本人の死亡後、墓の所在地は葬儀業者や墓参りを希望する人が市に問い合わせることで知ることができ、遺言書の保管場所は故人が指定した人だけに開示される。

市によると、身元が判明しているのに引き取り手がなく、無縁納骨堂に安置される遺骨が近年増加。子供のいない夫婦で、先立った夫の墓があるはずなのに、妻が亡くなった際に誰も墓の所在地を知らないといったケースがあるという。

市が登録情報を管理し、警察や消防、医療機関などの照会にも応じる。認知症患者の場合は親族や後見人でも一部の情報を除いて登録可能。市は高齢者夫婦などを中心に利用を呼び掛けていく。

山あい流れる桜の大河

月曜日, 4月 16th, 2018

岐阜県関市「寺尾ケ原千本桜公園」 ドローン×千本桜…谷を流れる大河の如く
産経新聞 20180415

杉に覆われた緑深い山あいに描かれたピンクのS字。小型無人機から見下ろした桜並木は、まるで谷を流れる大河のようだった。風が吹くと、花を付けた枝が川面のように揺れ花びらが舞った。

岐阜県関市の「寺尾ケ原千本桜公園」は県道沿い約2キロにわたって、ソメイヨシノを中心に約千本の桜が植えられている。満開の時期には多くの花見客でにぎわう。毎年訪れるという岐阜市の自営業、野口征司さん(75)は「(標高が高く)岐阜市内より1週間ほど開花が遅い。2度目の花見を楽しめるのが最高の醍醐味(だいごみ)」と、満足そうに花を見上げていた。

「この景色を作り出したのはかつての寺尾地区の人たち」と、教えてくれたのは関市武芸川事務所の川島友教所長(59)。昭和26年11月、この地区に待望のバス路線が開通したが、この時、道路わきの斜面では杉の植林計画が進んでいた。

これに、地元住民が「待った」をかけた。「道際まで杉を植えると日差しが遮られ、冬場は路面凍結でバスの通行が難しくなる。道路沿いに緩衝地帯を設けて」と訴えたという。

杉に代わり道沿いに植えられたのは、落葉樹のソメイヨシノ300本。夏は木陰を作り、葉が落ちる冬場は差し込む日光が道を照らし、春には満開の桜が楽しめるようになった。これが千本桜の始まりだった。

「今年は例年より10日ほど開花が早かった。でも、咲き具合は上々」と川島所長。湿気が多く、日差しが少ないこの場所は桜には不向き。2年前には、大量発生したマイマイガの幼虫に葉を食べられて木が弱り、満開になる前に桜は散った。市は防除や肥料をまく回数を増やし、桜の体力回復を図った。枯れた木の植え替えも進め、今年は、ほぼ本来の姿に戻ったという。

「観光資源で地域の財産でもある」(川島所長)という千本桜。地元住民が作り出した絶景は、今も大事に守られている。