Posts Tagged ‘音楽’

WOWOW12時間ぶっ通しサザンオールスターズ

日曜日, 6月 7th, 2020

2020-06-06 20.29.08
WOWOW12時間ぶっ通しサザンオールスターズ

1🎵 You
2🎵 女呼んでブギ
3🎵 C調言葉に御用心
4🎵そんなヒロシに騙されて
5🎵ロックンロール・スーパーマン
6🎵チャコの海岸物語
7🎵TSUNAMI8# I AM YOUR SINGER
9🎵 OH!! SUMMER QUEEN 〜夏の女王様〜
10🎵 エロティカセブン
11🎵夕方 HOLD ON ME
~桑田佳祐宮城ライブ~
12🎵 古の風吹く杜
13🎵スキップ・ビート
14🎵BAN BAN BAN
15🎵 風の詩を聴かせて
16🎵栞のテーマ(ゲスト 原由子)
17🎵 NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜
18🎵 明日へのマーチ
19🎵 ハダカ DE 音頭 〜祭りだ!! Naked〜
20🎵 Let’s try again 〜kuwata keisuke ver.〜
~元気になろうぜの会~
21🎵それ行けベイビー!!
22🎵OSAKA LADY BLUES
23🎵 恋の大泥棒
24🎵白い恋人達
25🎵狂った女
26🎵波乗りジョニー
27🎵 君にサヨナラを(ゲスト 原由子)
~第1回ひとり紅白~
28🎵上を向いて歩こう(坂本九)
29🎵君だけに愛を(ザ・タイガース)
30🎵 経験(辺見マリ)
31🎵 長崎は今日も雨だった(内山田洋とクールファイブ)
32🎵 他人の関係(金井克子)
33🎵君といつまでも(加山雄三)
34🎵スーダラ節(ハナ肇とクレージーキャッツ)
35🎵 恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)
36🎵 LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)
37🎵 ロビンソン(スピッツ)
38🎵 いい日旅立ち(山口百恵)
39🎵 GOLDFINGER ’99(郷ひろみ)
40🎵 また逢う日まで(尾崎紀世彦)
~I LOVE YOUツアー~
41🎵悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)
42🎵いつか何処かで
43🎵 月
44🎵 幸せのラストダンス
45🎵 愛しい人へ捧ぐ歌
46🎵現代東京奇譚
47🎵銀河の星屑
48🎵 可愛いミーナ~ここから灼熱のマンピー~
49🎵 Ya Ya(あの時代 (とき)を忘れない)
50🎵 My Foreplay Music
51🎵夏をあきらめて
52🎵 Moon Light Lover
53🎵 さよならベイビー
54🎵 太陽は罪な奴
55🎵Bye Bye My Love(U are the one)
56🎵 涙の海で抱かれたい
57🎵 蛍
58🎵 マチルダBABY
~羊だよ!全員集合!~
59🎵Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)
60🎵 気分しだいで責めないで
61🎵メロディ(Melody)
62🎵JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)
63🎵 鎌倉物語
64🎵 BLUE HEAVEN
65🎵 ごめんよ僕が馬鹿だった
66🎵 シャ・ラ・ラ
67🎵 愛と欲望の日々
68🎵 BOHBO No.5
69🎵Oh!クラウディア
~第2回ひとり紅白~
70🎵虹色の湖(中村晃子)
71🎵 なごり雪(イルカ)
72🎵わかれうた(中島みゆき)
73🎵I LOVE YOU(尾崎豊)
74🎵 喝采(ちあきなおみ)
75🎵 Jupiter(平原綾香)
76🎵 TOKIO(沢田研二)
77🎵 なんてったってアイドル(小泉今日子)
78🎵 どうにもとまらない(山本リンダ)
79🎵SOMEDAY(佐野元春)
~葡萄の旅~
80🎵 tarako
81🎵イヤな事だらけの世の中で
82🎵はっぴいえんど
83🎵 ワイングラスに消えた恋
84🎵 Computer Chilledren
85🎵 あなただけを 〜Summer Heartbreak〜
86🎵 01MESSENGER〜電子狂の詩〜
87🎵 栄光の男
88🎵 アロエ
89🎵 BODY SPECIAL Ⅱ
90🎵 匂艶 THE NIGHT CLUB
91🎵 ピースとハイライト
~ヨシ子さんへの手紙~
92🎵 悪戯されて
93🎵 ダーリン
94🎵本当は怖い愛とロマンス95# 鏡
96🎵 飛べないモスキート(MOSQUITO)
97🎵東京ジプシー・ローズ
98🎵 月光の聖者達 (ミスター・ムーンライト)
99🎵 愛のプレリュード
100🎵 君への手紙
101🎵 真夜中のダンディー
102🎵 ROCK AND ROLL HERO
103🎵EARLY IN THE MORNING~年越し
104🎵祭りのあと
~ビルボードライブ~
105🎵今でも君を愛してる
106🎵 MERRY X’MAS IN SUMMER
107🎵 東京
108🎵 百万本の赤い薔薇
109🎵 愛のささくれ〜Nobody loves me
~ここから第3回ひとり紅白~
110🎵 涙くんさよなら(坂本九)
111🎵 翼をください(赤い鳥)
112🎵 夢芝居(梅沢富美男)
113🎵 世界に一つだけの花(SMAP)
114 🎵ドリフのビバノン音頭(ザ・ドリフターズ)
115🎵 ハナミズキ(一青窈)
116🎵  ひこうき雲(荒井由実)
117🎵 YOUNG MAN(西城秀樹)
118🎵100万年の幸せ!!(桑田佳祐)
119🎵 Havana(カミラ・カベロ)
120🎵 愛燦燦(美空ひばり)
121🎵古い日記(和田アキ子)
~がらくたツアー~
122🎵しゃアない節
123🎵男達の挽歌(エレジー)
124🎵MY LITTLE HOMETOWN
125🎵 大河の一滴
126🎵 簪/かんざし
127🎵 Yin Yang(イヤン)
128🎵 若い広場
129🎵 ほととぎす [杜鵑草]
130🎵 過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)
131🎵オアシスと果樹園
132🎵ヨシ子さん
133🎵明日晴れるかな
~ここからラララのおじさん~
134🎵 茅ヶ崎に背を向けて
135🎵 せつない胸に風が吹いてた
136🎵 私はピアノ
137🎵DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜
~RIJ2018a~
138🎵 希望の轍
139🎵いとしのエリー
140🎵 涙のキッス
141🎵 愛の言霊 〜Spiritual Message~
142🎵 闘う戦士たちへ愛を込めて
143🎵 真夏の果実
144🎵 壮年JUMP
145🎵 ミス・ブランニュー・デイ
146🎵 HOTEL PACIFIC
147🎵 マンピーのG★スポット
148🎵 みんなのうた(イントロRIJアレンジ)
~ふざけるな!ツアー~
149🎵 東京VICTORY
150🎵 彩〜Aja〜
151🎵 神の島遥か国
152🎵 女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)
153🎵 慕情
154🎵愛はスローにちょっとずつ
155🎵当って砕けろ
156🎵思い過ごしも恋のうち
157🎵 シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
158🎵イエローマン~星の王子様~
159🎵 LOVE AFFAIR〜秘密のデート
160🎵 勝手にシンドバッド
161🎵 旅姿四十周年
162🎵SMILE〜晴れ渡る空のように〜(MV)

YOASOBI 夜に駆ける

水曜日, 5月 20th, 2020

YOASOBI 巣ごもりブレーク!デビュー曲「夜に駆ける」3大主要デジタルチャートで1位独占

スポニチ 2020年5月20日

外出自粛期間中に人気が急上昇している音楽ユニットがいる。昨年12月にインディーズデビューした男女2人組「YOASOBI」。デビュー曲「夜に駆ける」が19日、サブスクリプション(定額聴き放題)の主要3サービスのランキングで初めて1位を独占した。デビュー半年の新人が一気に今年の音楽界の主役に躍り出た。
女性ボーカルのikura(19)と、顔を明かさない男性プロデューサーのAyase(年齢非公表)の2人組。デビュー後はメディアに一切登場せず謎めいた存在だったが、ikuraが15日午後10時に人気YouTubeチャンネル「THE HOME TAKE」に出演。「夜のみんなの1人の時間に少しでも寄り添えたら」と初々しく意気込み、一発撮りでデビュー曲「夜に駆ける」を熱唱した。

動画のコメント欄は「聴き心地最高」「歌の安定感が凄い」「鳥肌止まらん」と絶賛の嵐。動画の総再生回数は19日午後11時20分までの4日間あまりで400万回。1日平均100万回は、ピコ太郎の手洗い動画「PPAP―2020―」の公開当初と同様のハイペース。この広がりが各種デジタルチャートも押し上げた。

2人の最大の特徴は、他人の小説を原作として歌と映像を作ること。小説投稿サイト「monogatary.com」にアップされた作品を対象に、Ayaseが楽曲を制作する。「夜に駆ける」の原作は、星野舞夜さんの小説「タナトスの誘惑」。ミュージックビデオ(MV)は別のクリエーターが手掛けた。

「夜に駆ける」は自殺願望を持つ「君」と、君に一目ぼれした「僕」が織りなすストーリー。YouTubeで公開されているMVの総再生回数は1300万回超。小説と歌、MVがそれぞれ独立した作品として親しまれ、外出自粛期間中ということもあり、相乗効果を生んでいる。

「巣ごもり中の時間を使って作品を行き来しながら楽しむ人が若年層に増えた」(音楽関係者)と、10代を中心に人気が広がった。実際に「夜に駆ける」は10代の利用者が多い「LINEミュージック」で4月度月間ランキング1位を記録。今月に入って20代以上の利用者が多いアップルミュージックとスポティファイにも人気が飛び火。この日、3つの主要デジタルチャートで1位を独占した。
ikuraは「今後もさまざまな試みをしていく中で、一人でも多くの人の夜に寄り添う歌を歌っていきたいです」と抱負。コロナ禍に突如現れた新人から目が離せない。

YOASOBI(ヨアソビ)ボーカルのikuraと、音声合成ソフト「ボーカロイド」を使って楽曲制作をしているプロデューサーのAyaseの2人組。「小説を音楽にする」をコンセプトに昨年12月にデビュー。「夜に駆ける」のほか、1月に「あの夢をなぞって」、今月11日に「ハルジオン」と3曲を配信リリースしている。

≪一発撮り配信「THE HOME TAKE」 過去最多配信はLiSAの「紅蓮華」≫「THE HOME TAKE」では、アーティストが自宅やプライベートスタジオで一発撮りで歌う姿を配信している。昨年11月に開設された「THE FIRST TAKE」がコロナ禍で5月1日から“ステイホーム版”となった。

「音楽とは、何か。一発撮りで、向き合う」がテーマ。真実性を追求するため、ミスしても映像の修正ができないことが特徴だ。チャンネル登録者は98万人と100万人に迫っている。
これまで45テークが公開され、最も再生されているのが人気アニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」を歌ったLiSA(32)の4000万回超。YOASOBIは配信と同時に3万人に視聴され、歴代最多記録をマークした。


透き通ったきれいな声です🎤

心の授業 岡本静子さん

月曜日, 5月 18th, 2020

毎日新聞 20200518

20200518_m

新型コロナ 子どもら、詩と音楽で元気に 取手の声楽家・岡本さんが「心の授業」動画配信

毎日新聞2020年5月18日

朗読したり、一緒に歌ったり
取手市の声楽家、岡本静子さん(72)が歌唱と詩の朗読を収めた動画「心の授業」(約40分)を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。新型コロナウイルス対応で自宅待機が続く児童・生徒に向けたもの。在宅の小学生と一緒に歌う場面もあり、感受性や思いやりの気持ちを育む内容となっている。

岡本さんは2009年から、童謡詩人の金子みすゞの詩を題材にした出前授業「心の授業」を県内各地の小中学校で展開してきた。

今年は3月から2カ月以上も休校が続くため、「子どもたちを詩と音楽で元気づけたい」と考えた。10年以上の授業経験を基に、画面を通して子供に話しかけるスタイルのネット授業を発案した。

撮影は4月末、取手市教育委員会が協力し、取手小学校の音楽室で実施した。市内のピアニスト、田村愛さんが伴奏。窓の外ではハナミズキが咲き、室内に穏やかな日差しが差し込んでいた。

撮影した演奏・歌唱は5曲。このうち金子みすゞの詩による2曲は、詩の朗読もした。「詩をよく読むと、書いた人がどんなことを伝えたいのか分かってくる」と岡本さんは言う。

例えば、金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」は「鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。」で終わる。岡本さんはカメラに向かって「みんな違って、みんないいってどういうことだろう?」と問いかけた。

考える時間をおき、過去の出前授業を受けた児童の感想文を読み上げた。「自分に自信を持って生きていけばいい」「人には必ず、一つはいい所がある」――。受け止め方はさまざまだ。

岡本さんは「心で感じて歌えば、心の栄養になる。心でたくさん感じ、すてきな大人になってください」と強調した。

取手JAZZ DAYz!2019 前売り券販売中 小沼新聞舗

金曜日, 9月 27th, 2019

日時 10月5日(土)・6日(日)
無料ステージ 開演11:00
5 は東京芸大ビックバンド”MANTO VIVO”やMIKISALA
6日 国立音大OBを中心としたSUNNY’S

屋台村 各日先着で特典があります!
 岩沢からあげ  唐揚げ
 ル・ソレイユ シュークリーム、ジェラート
 ラコッタ ピザ
 ハリオン カレー
 藤沢酒店 キリン一番搾り生ビール
 パンダカフェ 焼き立てパン、コーヒー

取手市民会館 中庭特設ステージ・パンダデッキステージ
有料ステージ 開演17:00
5日(土)
 17:00 近藤和彦クインテット
    近藤和彦(As)、岡崎好朗(Tp)、片倉真由子(Pf)
    パット・グリン(B)、大坂昌彦(Ds)
 18:30 渡辺香津美ジャズ回帰プロジェクト
    渡辺香津美(Gt)、井上 銘(Gt)、川村竜(B)、山田 玲(Ds)

6日(日)
 17:00 井上陽介カルテット
     井上陽介(B)、荻原 亮(Gt)
     秋田慎治(Pf)江藤良人(Ds)
 18:30 国府弘子スペシャルトリオ           guest  Shiho
    国府弘子(Pf)、八尋洋一(B)
    岩瀬立飛(Ds)、Shiho(Vo)

料金
全席指定 
1日券 3,000円 2日券 5,000円
※文化事業団友の会会員は300円引き

プレイガイド
■プレイガイド:
 取手市民会館 0297-73-3251・72-2258
パペエテ 0297-73-0565
 (株)とりで旅行センター 0297-74-1681
龍ケ崎市文化会館 0297-64-1411
 (有)小沼新聞舗 0297-73-0925
イープラス http://eplus.jp/

オモテナシ

取手JAZZ DAYz!2019

金曜日, 7月 12th, 2019

取手JAZZ DAYz!2019

j

j1

j3

出演者募集中!
j2

チケット販売店一覧

小沼新聞舗でも販売中です。

j4

佐藤彦大ピアノコンサート

土曜日, 4月 20th, 2019

茨城県南部毎日新聞会が準備を進めてきました

♪ 佐藤彦大ピアノコンサート ♪

会場である牛久エスカードホール定員の倍近くのお申し込みをいただき

抽選で当選された読者の皆様は、佐藤さんの演奏に酔いしれていました。

南部毎日新聞会としても初めての経験で、行き届かないところもございましたが

皆様に喜んでいたたけて良かったです^ ^*

59099B1A

7EDE2238

IMG_3870

IMG_3872

IMG_3875

IMG_3878

終了後のサイン会も賑わいました。

IMG_3882

IMG_3883

IMG_3884

お人柄がわかる優しい対応にお客様も大喜びでした。

 

5/3に、佐藤彦大ベートーヴェン3大ソナタplusコンサートが

ILA渋谷美竹清花さろんで開催されます。

 

194A1D06

37C4B704

 

東日本大震災 祈りのコンサート

金曜日, 3月 29th, 2019

東日本大震災
祈りのコンサート 東北出身の歌手グループ、あす取手で 地元合唱団も出演 
毎日新聞2019年3月29日 

 東北出身の歌手らによる「祈りと感謝のコンサート 和魂歌」が30日、取手市新町2の取手ウェルネスプラザで開催される。東日本大震災の犠牲者を追悼し被災者支援に感謝するため、市内の作曲家で歌手の鈴木ミチさん(44)が企画。来場を呼びかけると共に、運営費を賄うため福島の民芸品にちなんだ「絆ベコ」を販売中だ。

 当日は、福島県会津若松市出身の鈴木さん▽同県南相馬市の福島はじめさん▽宮城県石巻市の大内あゆみさんら歌手のほか、この日のために特別編成した地元の「ひだまり合唱団」も出演する予定。

 コンサートは今年で4回目。鈴木さんと東北出身の歌手でつくる復興支援グループ「東北を繋(つな)ぐ架け橋プロジェクト ひだまり」が主催。鈴木さんは「震災以降も各地で地震や水害が相次ぎ、みんながボランティア精神で手を取り合い、助け合っている。お互いの絆を大切にしていきたい」と話す。合唱団のメンバーで、土浦市の自営業、一水(いちみず)志穂さん(49)は「心に響く優しい歌を歌います」と張り切っている。

 絆ベコは会津若松市の民芸品「赤べこ」と同形だが、華やかに着色。鈴木さんが同市内の民芸品製作所に依頼した特注品だ。毎年そろえて自宅に飾る人もいるという。大小の2サイズ。小(15センチ、2000円)は銀とピンク、緑の3色。大(30センチ、1万円)は銀色。メッセージを書いて会場に並べ、終了後に持ち帰る。希望者には出演歌手がサインする。

 入場無料。当日は正午から整理券を配り、午後1時開演。問い合わせは鈴木さん(080・5473・1279)。

祈りと感謝のコンサート2019

水曜日, 3月 27th, 2019

茨城新聞 20190327

20190327-i

取手聖書協会 クラリネットコンサート

金曜日, 6月 8th, 2018

8B7B472E

歌と踊りの祭典に出演「JORDAN会」の有志

水曜日, 5月 23rd, 2018

リトアニア
友好の調べ 日本の合唱団「歌の祭典」へ 杉原千畝がつないだ縁
毎日新聞2018年5月23日 

 バルト3国の一つ、リトアニアで4年に1度開かれ、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されている「歌と踊りの祭典」に今夏、日本の合唱団が出演する。リトアニアの伝統行事に外国の団体が参加するのは初めて。同国は今年が独立100年の節目にあたり、歌を通じた両国の友好交流が深まりそうだ。

 出演するのは、東京近郊を結ぶJR常磐線の沿線にある九つの男声合唱団でつくる「JORDAN会」の有志19人。いずれもシニア世代で、昨秋からリトアニア語の歌の練習に取り組んできた。

 参加メンバーの代表で茨城県取手市の安本拓治さん(79)は3年前、第二次大戦中にリトアニアで「命のビザ」を発給し多くのユダヤ人を救った岐阜県出身の外交官、杉原千畝(ちうね)のテレビ番組を見て同国に関心を持ち、世界的に知られる祭典への出演を計画。現地関係者らを通じ参加を打診した。

 1924年に始まった祭典への出演は国内外のリトアニア人の団体に限られていたが、JORDAN会の要請を受けて方針を転換。同会が課題として示された10曲の録画ビデオを先月上旬に送ったところ審査をパスし、外国から唯一、出演が認められた。主催するリトアニア国立文化センターのサウリュス・リャウサ所長(52)は「JORDAN会の大きな決意と努力に感動した。両国の関係発展にもつながる」と歓迎している。

 祭典は6月30日に開幕。JORDAN会は最終日の7月6日に首都ビリニュスの野外広場でのメインイベントで、リトアニアの約400の合唱団とともに歌を披露する。観客は5万人が見込まれる。

 歌はすべてリトアニア語で、現地語に堪能な日本リトアニア友好協会の坂水昶之(ひさゆき)事務局長(81)=東京都新宿区=が発音を指導した。参加メンバーで千葉県我孫子市の飯村雄一さん(68)は「リトアニアの歌にはナチス・ドイツやソ連に占領された苦難の歴史が表れている。現地の合唱団とも交流したい」と話す。

 リトアニアは1918年にロシア帝国から独立。第二次大戦でソ連に編入されたが、90年に独立回復を宣言した。エストニア、ラトビアを含むバルト3国で、歌は民族のアイデンティティーとして大切にされている。