Posts Tagged ‘毎日新聞’

取手市新町3丁目 土砂流出被害

火曜日, 7月 13th, 2021

取手で土砂流出被害 11日の大雨で擁壁崩れ

毎日新聞 20210713

取手市内で11日夕方、大雨の影響で擁壁が崩れ、土砂が民家敷地や道路上に流出するなどの被害が発生した。けが人はなかった。市は同日夜に避難所を開設し、4世帯8人が避難した。

市消防本部などによると同日午後6時過ぎ、同市新町3で「擁壁が崩れおちそうになっている」と119番通報があった。民家の敷地の土壌を支える擁壁が傾き、土砂が隣接する住宅や、その先の路上に流れ出すなどしたという。
土砂が流れ込んできて、11日夜は避難所で過ごしたという女性(75)は「外で雷が落ちたような大きな音がしたので見に行こうとしたが、家の外を泥水がすごい勢いで流れていた。今は雨が半端な強さではないから怖い」と話した。

同市ではこのほか、3戸が床上浸水し、道路が5カ所で一時通行止めになった。気象庁によると、取手市の隣の龍ケ崎市では同日午後4~5時の間、24ミリの強い雨を観測している。

毎日書道展 県内の会友出品者

月曜日, 6月 28th, 2021

第72回毎日書道展は7月8日の東京展から開幕

岩崎芳穂、山口登葉、山本鳩里、横張瑞泉(取手市)

高齢者と男児を保護 取手署、大学生に感謝状

火曜日, 6月 22nd, 2021

2件お手柄、高齢者と男児を保護 取手署、大学生に感謝状

毎日新聞 20210621

11日の間に高齢女性と男児の計2人を保護したとして、取手署は取手市の大学生、粟田律子さん(21)に感謝状を贈った。同署によると、2件のお手柄での感謝状は例がなく、粟田さんは「人を助けて自信につながった」と顔をほころばせた。

署などによると、粟田さんは4月17日午後5時40分ごろ、同市藤代の県道を車で帰宅中に、道路脇で手を挙げている90歳の女性を発見。雨にもかかわらず傘も差していなかったため、声をかけて車に乗せた。住所を尋ねたが要領を得なかったことから、藤代交番に送り届けた。

私の家業ストーリー<4>染野屋・小野篤人さん

火曜日, 6月 1st, 2021

毎日家業×創業ラボ 江戸時代から続く歴代「半次郎」が導いた運命の道

毎日新聞 20210601

茨城・取手を本拠地に、お豆腐を製造・販売する「染野屋」を継いだ小野篤人さん(48)は、移動販売をテコに、ありふれた「近所のお豆腐屋さん」を大きく飛躍させました。しかし、そこで立ち止まる小野さんではありません。大豆を活用した地球環境保全と、さらなる豆腐店の承継。江戸時代から続いてきた染野屋半次郎の八代目は、新たな夢を追いかけています。・・・・・

女の気持ち

水曜日, 5月 19th, 2021

孫に弟子入り 

毎日新聞 20210519 

 シングルマザーの娘からSOSの電話。4歳の孫がコロナで思うように外に出られず、ストレスいっぱいで家の中で騒いでいるという。そこで、孫と2人で近くの都立公園に出かけることにした。

 広い公園で孫は走り回った。両手を水平に広げて飛行機になったり、正義のヒーローになったり。孫の世界は縦横無尽だ。

 そうだ。私も孫の第1の弟子となろうと思い立った。動作をまねて飛行機になったり、立ち止まってしゃがんだり。すると、孫はさらにパワーアップ。おなかの底から声を上げた。

 そのとき、不意に思い出した。フルタイムで3人の子育てと家事に追われていた若いころを。「ちょっと待って。これが済んだらやるから」を何度繰り返しただろう。

 未熟な私を無条件に受け入れ、慕ってくれる子どもたちは私の強い味方で、かけがえのない宝物だけれど、自分の時間も無性に欲しかったあのころ。子育てが終わって余裕のある今、子どもの目線の近くまでいき、子どもの行動にはそれなりの訳があると実感した。

 孫を追いかけたこの日、私のスマホの歩数計は1万5000歩に達した。道理で足が筋肉痛だ。

母の日

日曜日, 5月 9th, 2021

 

特別な1日は

時間を共有することに決めています。

母と家ランチをしておつかいをする。

デイサービスで描いたぬりえをたくさん持ってきました。

ひ孫に見せたくて・・・

S__17252438

ありがとう


 

 

母の日の贈り物

毎日新聞 20210509

「母の日」になると、2人の子供たちからそれぞれカーネーションの花をもらった。お小遣いで買ってくれた1本のカーネーションはきれいで、立派であった。一日でも長く花が持つようにと、何回も水を替えたものだ。

大きくなるにつれ、1本の花は花束になり、いつの間にかプレゼントまでもらうようになった。そこには必ず、心のこもった手紙も添えられていて、とってもうれしくって何度も読み返したものだ。今でも私の宝物である。

ここ何年か、「母の日」が巡ってくる度に思い出すことがある。それは近所のおばさんの言葉だ。

「あのね、母の日になるといつも子供たちから立派なカーネーションの花が届くのよ。とっても高いと思うわ。でもね、私は花なんかいらないのよ。花よりも、電話でいいから、『お母さん、元気にしてる?』っていうひと言が欲しいのよ」

子供たちが小さかった頃はあまり気にもならなかったが、2人ともそれぞれ家庭を持ち、離れて暮らす今はなぜかこの言葉が心に響く。

そう、親は何もいらないのだ。いつも思ってくれている優しい心からの言葉、それだけで十分幸せである。

親はいつも子供たちの幸せだけを願っているのだから、いつも思ってくれている優しい心からの言葉こそが、何よりも最高の「母の日」のプレゼントだ。

毎日新聞 女の気持ち

金曜日, 4月 30th, 2021

片付け下手 山形県・匿名(主婦・54歳)

毎日新聞 20210430 

 子どものころから片付けが苦手だった。しつけに厳しく体罰も辞さなかった母は、私を「だらしない!」としょっちゅう叱ったが、何の効果もなかった。それどころか学年が上がるにつれ、部屋の汚さはどんどんひどくなった。

 結婚し主婦になると、私は「整理整頓しなければ」という強迫観念にとりつかれるようになった。しかし、どれほど本や整理グッズを買い込んでも、片付け下手は直らなかった。実家を離れて何年たっても、母からの罵声やぶたれたときの痛み、部屋に踏み込まれたときの恐怖心などが私を悩ませ続けた。

 里帰り出産の折、当時3歳だった長男が母にいじめられたことがダメ押しとなり、心の病気になった。子どもたちに知られないよう「元気なお母さん」を演じながら精神科に通い、薬を飲み続けた。

 そして10年近くたったある日、母が急に亡くなった。「着る服がない」と父に言われて実家へ行き、驚いた。実家の押し入れという押し入れに、母がお嫁に来てから五十数年分の不用品がジグソーパズルのように詰め込まれていたのだ。母の服はたんすに6さお分あった。そういえば、母は「こうすればいいのよ」とやり方を教えてくれることはなかった。たぶん、母自身が片付け下手だったのだ。

 小さいころ、片付け下手を叱らなかったおかげだろうか。私の子どもたちは片付け上手に育っている。

ワクチンメールご送信

木曜日, 4月 22nd, 2021

産経新聞

ワクチン予約確認メール768件を誤送信 茨城・取手市

毎日新聞

新型コロナ ワクチン予約メール誤送信 501人分 茨城・取手

茨城新聞

取手市、コロナワクチン予約者にメール誤送信 計768件、個人情報の流出なし

とりでアートギャラリー 木内幸男さん企画展

月曜日, 3月 22nd, 2021

毎日新聞

「野球に人生注いだ」木内幸男さんしのぶ企画展 茨城・取手駅ビル

 

産経新聞 20210322

企画展は入場無料。24日まで

 

とりでアートギャラリー 24日まで

日曜日, 3月 21st, 2021

毎日新聞 20210320

「野球に人生注いだ」 ユニホーム、動画など40点 木内監督しのぶ企画展