Posts Tagged ‘毎日新聞’

道の駅本当に必要?

土曜日, 8月 19th, 2017

地方創生 道の駅「本当に必要?」 計画相次ぎ、先行きに不安

毎日新聞2017年8月19日
「道の駅」は元々、ドライバーのトイレ・休憩施設が主な役割だったが、国土交通省が2014年8月、特産物や観光資源を生かして人を呼ぶ「地方創生の拠点」と位置付けると、全国の自治体から建設を求める交付金の申請が相次いだ。同年4月時点の登録数は1030カ所だったが、3年で87カ所増加した。まだ建設・計画中の自治体も多い。

坂東市議会は今年5月、計画中だった道の駅の整備中止を求める議案を全会一致で可決した。建設予定地に埋まっている廃棄物の処理費用が掛かるとの理由だが、これまで計画を進めてきた前市長が4月に落選したことも影響したと見られる。市議の一人は「数十億円もの投資に見合う事業か疑問があった。国も県も無責任だから、しばらく様子を見てから検討しても遅くない」と話した。

一方、市の担当者は、北関東3県にある道の駅の位置を示した「北関東のソコヂカラ」というガイドマップを示し、「茨城は道の駅が少ないので県も推進している。費用以上のメリットがあることを何とか示したい」と反論した。

4月時点の登録数は群馬31、栃木24に対して茨城は13にとどまる。だが坂東市のある県西地域では、既に下妻市▽境町▽五霞町▽古河市--で既に開業済みで、ほとんどが近接している。境町と五霞町の道の駅は直線でわずか5キロほどだ。さらに筑西市や常総市、県南でも龍ケ崎市や阿見町が計画中だ。

「地方創生の拠点」と位置付けたことで、既存施設の改修や増築も進む。境町は2億円を投じてレストランを増設する。

13年に開業した古河市の「まくらがの里こが」の指定管理者になっている外食企業「ダイナック」(東京都新宿区)の早川浩史・法人営業副本部長は「昨年度も来場者は伸びており、まだ飽和状態ではない」と分析する。だが、先行きに不安はあるという。レストランと共に経営の柱になっている地元野菜の販売は利益率が低いため、競争激化を見すえると、加工するなどして商品の特色を打ち出す必要があるという。

ある自治体の担当者はため息まじりにつぶやいた。「とにかく来てもらって魅力を感じてもらうしかない。移住なんて、その先にある話だ」

道の駅を研究する尾道市立大の小川長(おさむ)教授(経営学)は「『地方創生』とは『地方活性化』を言いかえただけ。国が一律に交付金や補助金のメニューを提示し、それに地方自治体が飛びついている。財政が悪化する中でやみくもに建てるのは危険だ。地域にとって本当に必要なものが何かを考え抜かなければ、いずれは整理される」と警鐘を鳴らす。

茨城県知事選 取手二中・野川さんの絵、ポスターに採用

日曜日, 8月 13th, 2017

茨城県知事選 取手二中・野川さんの絵、ポスターに採用 全市町村選管が掲示 
毎日新聞2017年8月13日 

 県選挙管理委員会は取手市立取手二中2年の野川佳鈴さん(13)が描いた絵を、知事選への投票を呼びかけるポスターの原画に採用した=写真は県選管提供。5サイズ計1万3150枚を作製。配布された全市町村選管が公共施設などに掲示している。

 原画は野川さんが市立白山小6年の時、全国公募のポスターコンクールに応募し、入賞した作品。若い女性が右手に持った望遠鏡で周囲を眺めながら左手で投票。レンズにはスーパーマーケットや病院などが映る。野川さんは「住んでいる地域の未来を考えて投票する様子を描いた。知事選のポスターに選ばれた実感がわかないけれど、うれしい」と話した。

取手花火大会 夜空彩る7000発 

日曜日, 8月 13th, 2017

取手花火大会

夜空彩る7000発

毎日新聞2017年8月13日

真夏の祭典「とりで利根川大花火」(取手市観光協会主催)が12日夜、利根川沿いにある同市東の取手緑地運動公園であった。上空で直径約300メートルに広がる豪快な尺玉や、ワイドスターマインをはじめ約7000発が夜空を彩った。軽快な音楽に合わせて打ち上げる絶妙な演出に、観衆から歓声が上がった。利根川に架かる大利根橋開通を記念し1930年に始まり、64回目。

つくば路100キロ徒歩の旅 取手スタート

火曜日, 8月 8th, 2017

体験型学習

つくば路100キロ徒歩の旅 取手スタート 小学生146人が参加  茨城

毎日新聞2017年8月8日 

 小学生が筑波山登頂を含む100キロのコースを4泊5日で踏破する体験型学習「つくば路100キロ徒歩の旅」が7日始まった。

 県南地域の小学4~6年生146人が参加。同日取手市役所前であった出発式では、守谷市立郷州小6年、海老原匠壱(たいち)さん(11)と、つくばみらい市立小絹小6年、星野七海さん(11)が「多くの人たちの支えに感謝して、仲間と共に元気で歩き抜くことを誓います」と宣誓した。

 茨城南青年会議所の会員らが主催。2007年から毎年実施しており、学生約70人を含む約130人のスタッフが同行や給水などの支援に当たる。11日午後1時ごろ、つくば駅近くにゴールする予定。

茨城ロボッツの選手らによるバスケットボール教室

月曜日, 8月 7th, 2017

散歩道

ロボッツの選手が指導 取手 茨城

毎日新聞 2017年8月7日 

 Bリーグ2部の茨城ロボッツの選手らによるバスケットボール教室が、聖徳大付属取手聖徳女子中学・高校(取手市山王)で開かれた。

 教室には、市立藤代南中1年の二宮柚梨さん(12)や、同大バスケットボール部員らが参加。二宮さんは、一色翔太選手(29)から「ボールを受ける時は、低く構えるように」などと指導を受けながら練習。「ジャンプシュートの時のひざの使い方が勉強になった。すごく楽しかった」と話していた。

高校生模擬裁判選手権 関東大会 江戸川取手が県内初出場へ

金曜日, 8月 4th, 2017

高校生模擬裁判選手権

関東大会 江戸川取手が県内初出場へ 学んだ裁判の基本を生かし法廷に挑む 

毎日新聞2017年8月4日 

有罪、無罪の立証目指す
 東京地裁で5日にある「第11回高校生模擬裁判選手権」(日本弁護士連合会主催)の関東大会に、江戸川学園取手高(取手市西1)が県内から初めて出場する。弁護士や検事から学んだ刑事裁判の基本を生かし、初めての法廷に挑む。

 「無罪と主張するにはどんな根拠が必要かな」。7月上旬、教室に集まった生徒約15人に、県弁護士会の渡部俊介弁護士が呼びかけると、生徒たちは起訴状や供述調書などを読み込み、意見を出し合った。

 選手権の題材となるのは、公園のトイレを出た高校教師のかばんの中から覚醒剤が見つかった覚せい剤取締法違反(所持)事件。教師は「自分のものではない」と否認し、トイレに入る密売人風の男の姿が目撃されているなど、さまざまな要素が盛り込まれている。

 選手権では、各校の生徒たちが最大7人のチームになり、検察側と弁護側に分かれて、被告人や証人に質問するなどして、それぞれ有罪と無罪の立証を目指す。

 出場を希望する生徒約15人は放課後、県弁護士会所属の弁護士3人や水戸地検土浦支部の検事から指導を受けてきた。

 3年生の木村光さん(18)は法学部への進学志望で、「普段、弁護士や検事と話す機会がないので新鮮な体験だ」と喜んでいた。一方、2年生で理系の川野智希さん(17)は「数学の証明に通じるものがある」と感心していた。

 選手権は5日午前9時から、東京都千代田区霞が関1の弁護士会館2階クレオで参加と傍聴を受け付ける。傍聴無料。先着順。問い合わせは日本弁護士連合会(03・3580・9983)。

世界選手権準V 取手の女子チーム「ディアナ」 市長に報告

水曜日, 8月 2nd, 2017

縄跳び

世界選手権準V 取手の女子チーム「ディアナ」 市長に報告 

毎日新聞2017年8月2日 

米リーグ学年別で初V 白山小チーム「ミハナ」も
 交差して回す2本の縄の間を跳ぶ「ダブルダッチ」の世界選手権で準優勝した取手市の女子チーム「DIANA」(ディアナ)のメンバーらが取手市役所を訪れ、藤井信吾市長に成績を報告した。

 ディアナのほか、米リーグ選手権学年別で初優勝した市立白山小5年女子チーム「MIHANA」(ミハナ)も共に訪れた。

 ディアナは同市戸頭公民館を練習拠点に、世界大会で多くの優勝を重ねてきた。先月上旬にあった世界選手権には18~24歳の5人チームで参加。1分間ずつ2セットの合計回数を競う種目で優勝。他の4種目でも上位に入り、総合で準優勝に輝いた。

 選手で看護師の金子有沙さん(23)は「アメリカのレベルが上がり、ミスをしないだけでは勝てない。練習方法を変えて追いつきたい」と語った。

 ミハナの3人はディアナの指導で3年生から練習に励んでいる。今回の出場部門には米6チームとミハナの計7チームが参加。浅岡美羽さん(11)は「うまくできて良かった」と笑顔を見せた。

取手市立宮和田小6年「わんぱく相撲全国大会」に県代表

土曜日, 7月 29th, 2017

わんぱく相撲

最上さん全国大会へ 取手の小6 夢は大きく「横綱」 

 龍ケ崎市内にある大相撲の式秀部屋で稽古(けいこ)を重ねる取手市立宮和田小6年の最上健隆(けんりゅう)さん(12)が30日に東京・両国国技館で開かれる「わんぱく相撲全国大会」に県代表で出場する。「横綱になって親方に恩返しする」。身長169センチ、体重約90キロ。体も夢も大きい。

 北海道出身で、5人きょうだいの三男。昨年3月に札幌市内の大会で優勝したのをきっかけに、本格的に相撲を習い始めた

子ども会リーダーズ・サマーキャンプ

日曜日, 7月 23rd, 2017

子ども会キャンプ

炊き立てご飯、心待ち 取手

毎日新聞2017年7月23日 

 「子ども会リーダーズ・サマーキャンプ」が22日、取手市椚木(くぬぎ)の藤代スポーツセンター多目的グラウンドで始まった。市内全小学校から児童約400人が参加。20班に分かれ、かまどの火を起こして飯ごう炊さんを体験。手作りのカレーライスを夕食に味わった。低学年は日帰りし、高学年のうち約140人が宿泊した。高校生を中心に約170人の市民ボランティアが支えている。

 市子ども会育成連合会(石井章会長)などが主催。開会式で市立宮和田小6年、鈴木遥奈さん(12)と久賀小6年、内舘昴生さん(12)が「楽しい夏休みの思い出となるよう助け合い、力を合わせて頑張ります」と宣誓した。

旧市立取手一中に保育所と子育て支援センター

土曜日, 7月 15th, 2017

取手市

旧取手一中の敷地に保育所と子育て支援センターを建設へ 20年1月オープン予定 

毎日新聞2017年7月15日 

 取手市は14日、旧市立取手一中(同市井野3)の敷地に保育所と子育て支援センターの建物2棟を建設する計画を明らかにした。10月に校舎の解体を開始し、2020年1月のオープンを目指す。工事費は概算で14億5000万円。

 新たな保育所は市立の吉田、舟山の両保育所を統合する。2棟とも鉄骨平屋建てで、計約2400平方メートル。保育所の定員は220人。中学校の体育館とグラウンドは残し、地域の体育活動などに活用する。