Posts Tagged ‘毎日新聞’

「戸頭おやすみ処」で納涼会

月曜日, 8月 19th, 2019

東日本大震災
避難者と市民交流 互いの近況語り合う 取手で納涼会兼ね40回目例会 
毎日新聞2019年8月19日 

 東日本大震災と原発事故のため取手市などに避難した人たちと市民でつくる交流団体「取手・南相馬・双葉浜通りの集い」が17日、同市戸頭の交流施設「戸頭おやすみ処」で納涼会を兼ねた例会を開いた。約20人が和やかに懇談しながら交流を深めた。例会は昨年8月以来で通算40回目。

 「浜通りの集い」は震災7カ月後の2011年10月に発足し、同12月から例会が始まった。福島県南相馬市出身で代表の三浦邦夫さん(75)は「集いが始まった時から市役所や地域の皆さんに寄り添っていただき、ありがたい。ご縁を大切にしていきたい。少しずつ生活が安定してきた」とあいさつ。参加者はお互いの近況や暮らしぶりについて語り合った。

 取手市で家族と暮らす同県双葉町出身の女性(68)は震災前、爆発事故を起こした東京電力福島第1原発から約1・5キロ離れた自宅で暮らしていた。事故後、家族で取手に避難し、4年前に家を建てた。「双葉では先が見えず帰れない。避難した時に幼稚園児だった孫娘も中学3年になり、こちらの友達が多い」と話していた。

 福島県によると、震災で県外に避難している人は3万1483人(7月10日現在)。取手市によると、家賃の公的補助を含む市内の応急仮設住宅の入居者は12年度に44世帯138人だったが、避難指示が順次解除されるなどした結果、現在は3世帯3人となった。

映画鑑賞や原発見学報告から平和考える

水曜日, 8月 14th, 2019

平和のつどい
映画鑑賞や原発見学報告から平和考える 取手で18日
毎日新聞 2019年8月14日 

 映画鑑賞や原発の見学報告を通して平和を考える「平和のつどいin取手」が18日、取手市福祉会館で開かれる。医療福祉生協いばらき(同市)などでつくる実行委員会が主催。絵本の読み聞かせもあり、家族連れでの来場を呼びかけている。

 2011年に事故を起こした東京電力福島第1原発の廃炉作業について、あおぞら診療所(同市)の看護師長、鈴木夏子さん(50)と事務職員の小川智子さん(45)が報告する。2人は5月、県生協連主催のツアーに参加し、バス車内から構内を見学した。

 映画は「ムッちゃんの詩」(1985年制作、堀川弘通監督)で、太平洋戦争で大分市に疎開した孤児が結核にかかり、防空壕(ごう)に隔離されたまま亡くなってしまう物語。実体験を基にした中尾町子さんの同名の児童文学が原作だ。

 会場では、広島市立基町高の生徒が被爆者の証言を基に描いた多数の「原爆の絵」などを展示する。午前10時開始。紙芝居、読み聞かせのあと、11時15分から原発報告会。映画は(1)午後1時(2)同3時の2回(鑑賞料1回300円)。戦時中の食事を体験する「すいとんコーナー」(1杯100円)も。問い合わせは同生協(0297・79・5525)。

日曜日, 8月 11th, 2019

夜空を鮮やかに彩る花火

毎日新聞 20170811

取手市の夏の風物詩「とりで利根川大花火」(市観光協会主催)が10日、市内の取手緑地運動公園で開かれ、詰めかけた観衆は歓声を上げながら、夏の夜空を彩る芸術に酔いしれていた。

1930年、利根川に架かる国道6号の大利根橋開通を記念して始まり、今回が66回目。この日は、華やかなスターマイン、上空約300メートルで直径約300メートルに開花する豪快な尺玉の連発をはじめ約7000発が上がった。

後始末

火曜日, 8月 6th, 2019

女の気持ち ヤマユリ 

毎日新聞2019年8月5日

 障害のある長男を残し、次男が事故でこの世を去ってから40年が過ぎた。家族3人での生活も、加齢とともに不安になってきた。

 幸いに、長男は多くの方々のご尽力でよいグループホームに入居でき、ほっとしている。私たちも自分たちで、自らの後始末をしなくてはいけないと考え、自宅を処分し、3月末に高齢者住宅に居を移した。

 山の頂にある新しい施設で、いまだに入居者は多くないがサービスがよく、安心できる。引っ越しから転居通知の発送、来客の対応などと、多忙な日々が過ぎてようやく落ち着いてきたころに突然、むなしさが襲ってきた。

 何もしたくなかった。夫は好きだった絵も描かなくなった。私も、読書に気がのらない。ぼんやりして過ごす日が多くなり、以前の生活が恋しく思えてきた。

 ある日、部屋の外の雑木林にユリのつぼみらしいものがあることに気づいた。こんなやぶの中で育つなんて、と信じられなかった。

 先月末、朝になって窓のカーテンを開けて外を見ると、大きく、真っ白なヤマユリの花が一輪、咲いていた。目に映る風景が、昨日までとは全く異なるもののように感じられた。何だかとてもうれしくなった。

 その姿は、まるで「私だって、このやぶでたった一人、一生懸命生きているんだよ」と言っているようだ。当分は、ヤマユリの花に元気をもらえそうだ。ありがとう。

大正時代の取手紹介

月曜日, 8月 5th, 2019

茨城新聞 20190806

企画展 大正時代の取手紹介 写真や文書130点 埋蔵文化財センター
毎日新聞2019年8月5日

企画展「大正時代の取手-明治と昭和をつなぐ時代」が、取手市埋蔵文化財センターで開かれている。大正期の取手市は、関東鉄道常総線が開業し、住民運動を機に中等学校が設立されるなど、地域社会の骨格が造られた重要な時代だったことがうかがえる。

関鉄常総線は取手-下館間の51キロ。明治時代に沿線の住民らが鉄道会社を作って計画を進めた。1913(大正2)年2月に起工し、わずか9カ月で完成。当時の絵はがきの現物や、蒸気機関車の写真が目を引く。

1922(大正11)年には、地元の有志が結成した「取手実業相互会」の働きかけで、8町村による組合立北総実修学校が開校した。当初は共学だったが、取手実科高等女学校(現・県立取手二高)と県立取手農学校(現・県立取手一高)に分かれた。農学校の校舎や女学校の学芸会の写真から、当時の様子を知ることができる。

企画展ではこうした写真や文書など約130点を展示。牛久市の画家・小川芋銭が女学校に贈った「女流生命」などと書かれた書画も特別公開中だ。

9月23日まで、月曜など休館。展示担当の飯島章さんは「郷土の発展とまちづくりに懸けた人々の情熱と誇りを感じていただきたい」と話す。問い合わせは同センター(0297・73・2010)へ。

笑って一日

日曜日, 8月 4th, 2019

恩名の気持ち
笑って一日 茨城県つくばみらい市
毎日新聞2019年8月2日 

 8月で103歳と9カ月になります。100歳の時には、お祝いに自宅に来てくれた市長さんが家族を見回して「おばあさんは、どの方ですか」と問いかけられるほど元気でしたので、小走りに市長さんの前に出てあいさつをしました。

 ところが101歳を目前にしたある日、突然座ったまま立てなくなり、食欲もなくなって半年で体重が9キロ減りました。家族も出払う日中には一人になってしまいます。なんとしても元気になりたいと、デイサービスの回数を増やして頑張りました。デイサービスではカラオケで「山」や「宗右衛門町ブルース」などを歌っています。お医者さんや介護士さん、周りの皆さんのおかげで、体重も6キロ戻って元気が戻りました。

 6月末、娘夫婦に茨城県潮来市の二本松寺にあじさいを見に連れて行ってもらいました。とてもきれいで心が和みました。また先月、うれしいことがありました。就職して沖縄県で暮らすひ孫から、自宅や親戚にあててプレゼントが届きました。「20歳になりました。育ててくれてありがとう」というメモが入っていました。成長したんだなあ、とうれしくて涙が出ました。

 私の好きな言葉は「泣いて一日、笑って一日。どうせ過ごすなら笑って一日」です。

取手 江戸の里神楽

土曜日, 8月 3rd, 2019

毎日新聞 20190803

F3E25602

建金商店 うたごえ喫茶

木曜日, 7月 18th, 2019

うたごえ喫茶 楽しむ 米国人名誉教授も 龍ケ崎 
毎日新聞2019年7月18日 

 好きな曲をリクエストし、歌って交流するイベント「街のうたごえ喫茶」が龍ケ崎市内で開かれた。東京都内を中心に50~80代の約60人が参加。特別ゲストとして毒性学の権威で米国在住のアンソニー・トゥー・コロラド州立大名誉教授(88)が登場。日本語で合唱し、参加者と交流した。

 会場は市内の家具店「建金商店」の貸しホールで、ギターやピアノ、アコーディオンの伴奏で合唱。トゥー氏は「アロハ・オエ」と「ゴンドラの唄」を選んだ。歌の由来を解説し、参加者と合唱した。

 この会場での「うたごえ喫茶」は主に奇数月の第1土曜に開催。主宰する若井美恵子さん=取手市=は「みんなと一緒に声を出して歌うと健康になる。刺激もあるし、連帯感も生まれる」と話す。

 トゥー氏は、オウム真理教事件でサリンを製造した中川智正元死刑囚と15回面会。昨年、「サリン事件死刑囚 中川智正との対話」(角川書店)を出版して反響を呼んだ。別の用務で来日し、知人の若井さんの勧めで帰国前日に飛び入り参加した。

忘れたいのに

木曜日, 7月 11th, 2019

忘れたいのに
毎日新聞2019年7月11日 東京朝刊

 

私は断捨離の達人。手紙も写真も一度見たら即ゴミ箱行き。靴やバッグ、アクセサリーの類いにも執着はない。婚約指輪と結婚指輪さえ、とっくの昔に買い取りサービスで換金してしまった。

クローゼットの洋服も数えるほどだ。「3年着なかった服は二度と袖を通さない」という風説が私の持論で、潔く処分すると気持ちがすっきり。「いつか着るかもしれない」の「いつか」は永遠にやってこないと確信している。

「思い出の品を捨てられない」という悩みをよく耳にするが、子供時代の思い出の品を見る機会など20代から今に至るまで特になかった。あえて見たくもない、というのが本音だ。30代の娘の子供時代の作品なども残しているのはほんの少しで、娘本人も見たがらない。私の経験からすると、これからも見る機会はなさそうだ。物をため込む生活を続けると、いざという時に周囲に多大な迷惑をかけるだろう。必要最小限の物だけを残し、すっきり生活していきたい。

ついでに過去の忘れたい記憶もこの際、きれいさっぱり処分したい。とはいえ、頭の中の断捨離はままならず、やっかいだ。今のところ、これが私の最大懸念事項。ものは試しと忘れたい項目を紙に書き、びりびりに破いて捨ててみたが効果なし。それどころか、書き出した記憶がさらに頭に焼き付いてしまった。老い支度を着々と進めて心身とも身軽な高齢者になるのが目標だが、今のところ実現にはほど遠い。
が、今のところ実現にはほど遠い。

取手市選管 リーフレット作製 

木曜日, 7月 4th, 2019

参院選
取手市選管、高校生に投票呼びかけ リーフレット作製 
毎日新聞2019年7月4日 

 21日投開票の参院選を前に、取手市選挙管理委員会は市内の高校生に対し、投票を呼びかけるリーフレット「選挙に行こう!」を配布する。約6000部を作製。投票率が低い若年層に、意識を高めてもらいたい考えだ。

 市選管は昨年11月、聖徳大付属取手聖徳女子高の演劇研究部の協力で選挙啓発の動画を製作。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開中だ。この動画を基にA4判4ページのリーフレットを作製。「若い世代の意見を届けるチャンスです!」などと訴えている。

 2016年6月施行の改正公職選挙法で、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた。市選管によると、同年7月の参院選で市の投票率は52・62%。初めて選挙権を得た18歳は49・78%、19歳も44・67%と低かった。

 昨年12月の県議選では市の投票率38・29%に対し、18歳は32・29%、19歳は18・83%。過去最低の38・56%だった今年4月の市長選でも、18歳は24・78%、19歳は18・24%と低かった。