Posts Tagged ‘毎日新聞’

新型コロナ 県内感染者16人

月曜日, 3月 30th, 2020

新型コロナ 県内感染者16人に うち4人は院内感染か 医師、看護師らも検査 取手

毎日新聞2020年3月30日 地方版

 県内で新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、29日夕方時点で16人となった。このうち4人は、JAとりで総合医療センター(取手市)の入院患者やその家族で、院内感染した可能性が高い。院内感染の全容解明のため、県は医師や看護師らの検査を進めている。

 県によると、同病院での新たな感染者は、すでに感染が確認された入院患者の70代男性の娘の40代女性、男性と同部屋だった80代男性。

 40代女性は、父親である70代男性に付き添うなどしていた。現時点で女性には症状がないという。

 70代男性の部屋は4人部屋で、男性の他に、70代男性と80代男性の感染が明らかになった。このうち80代男性は2月中旬、がん治療のために入院。37~38度台の発熱があり、3月28日に陽性と判明した。軽症という。

 県は、70代男性との濃厚接触が疑われる医療関係者の検査を実施。同じ部屋の患者1人や、発熱があった看護師2人を含む17人が陰性と確認された。

 JAとりで総合医療センターは帰国者・接触者外来に指定されているが、同病院は、感染は一般患者向けの場所で発生したとみている。病院の安全が確保されるまで、一般外来と救急外来を停止している。

つくばの40代女性も
 同病院以外での新たな感染者は、つくば市に住む40代女性。女性は37度台の発熱が続き、27日に帰国者・接触者相談センターに相談、28日夜に陽性と確認された。県は、女性の渡航歴や行動歴を調査している。

取手市民のうた

月曜日, 3月 30th, 2020

取手市制50周年 旧藤代町との合併15周年記念 「市民のうた」新曲に 動画公開「郷土愛育んで」

毎日新聞2020年3月30日

「手を取り合って ハートつないだら 描いた未来が きっと待っている」――。取手市は市制50周年と旧藤代町との合併15周年を記念し、1972年以来となる「市民のうた」の新曲を制作した。

タイトルは「取手市民のうた~新しい明日(あした)~」。アニメやゲームの主題歌を担当する歌手、谷本貴義さん(44)が作詞・作曲した。速いテンポで、躍動感あふれる曲に仕上がった。

歌詞にはカワセミやフクロウが登場するなど、自然豊かな情景を想像させる。市民が応募した「未来」や「ハート」などのフレーズ(一節)も使われた。

音源は市のホームページから無料でダウンロードできる。市は販売はせず、4月1日からCDを無料で貸し出す。

市民117人が歌に合わせて踊る映像をインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。市文化芸術課の担当者は「子どもの頃から覚えて郷土愛を育んでもらいたい」と話している。問い合わせは同課(0297・74・2141)。

達成感って大事かも

金曜日, 3月 27th, 2020

毎日新聞 20200327
20200327_m

眠い時は寝る。

常に締め切りに追われている。

短期間で頻繁に達成感がある。。。

 

母が要支援1の認定を受けたとの連絡あり・・・思うことはいっぱいあるな。

楽しみにしていたデイサービスが、新型コロナウイルス感染症拡大防止で中止になるかもって!

 

取手市議会広報誌、ウェブ版に

土曜日, 3月 21st, 2020

取手市議会広報誌、ウェブ版に 高齢者ら存続請願も、不採択 財政厳しく「苦渋の決断」 
毎日新聞2020年3月20日

 取手市議会は50年間発行した広報誌「ひびき」を3月1日付で終刊とし、インターネットのウェブ版に切り替える。これに対し、一部の市民が「ネットを使わない高齢者の知る権利を奪い、情報弱者を生む」と存続を求める請願書を提出。市議会は18日、「紙媒体のコストは財政的に厳しい」などの理由で不採択とした。【安味伸一】

 議会広報誌は市制施行の1970年創刊。主として年4回の定例市議会の審議内容などを紹介してきた。1日付の第232号は、2月に改選された全議員の顔写真と抱負を紹介。前号には、定例市議会での議案への賛否、一般質問とその答弁などが掲載されている。

 タブロイド判で通常は10ページ。約3万8000部を新聞の折り込みで各戸に配達していたほか、公共施設などに置いていた。外注の印刷費や折り込み料で年間約370万円かかったという。

 請願書を提出した同市白山の神原礼二さん(79)は議会運営委員会で「高齢者は主権者。議会は民主主義の象徴であり、コストの合理性だけで判断すると民主主義は窒息してしまう」と紙媒体の存続を訴えた。

 結城繁副議長は「財政が厳しく、議会費の枠の中で苦渋の選択だった」と発言。赤羽直一委員も「どれかを削らなければならない。苦渋の決断」と説明した。

 市議会は2020年度から「ひびき」に代わって、A3判(表裏2ページ)の議会だより概要版を年4回、発行する予定だ。ただ、議会事務局の担当者は「ひびきに掲載されていた一般質問と答弁、議案への賛否をすべて載せることは難しい」としている。

マスク文化

木曜日, 3月 19th, 2020

毎日新聞 余録 2020031920200319-m

新型コロナ 休校の児童に弁当

水曜日, 3月 11th, 2020

新型コロナ 休校の児童に弁当 住民グループが提供 取手
毎日新聞2020年3月11日

新型コロナウイルス対策で休校中の取手市立永山小学校の児童に対し、住民グループ「永山青年会」が10日、弁当の無料提供を始めた。同小PTAが3月下旬まで週2回、希望者に配る。児童には心のこもったプレゼントで、保護者の負担も軽減される。

青年会の中村許一会長(58)が経営するスーパー「中村ストアー」(同市上高井)で作った。この日のおかずは鶏肉の唐揚げやウインナーソーセージ、野菜の煮物などだった。

1日50食限定で、保護者が店を訪れPTA役員から受け取った。中村さんは「共働きやご飯がままならない家庭もあるのではないかと考えた」と話した。教材販売「杉山商事」のノートや学習ドリルも無料で配られた。

PTAは5日に青年会から申し出を受け、同校の全児童376人の保護者に一斉メールで知らせた。申し込みはPTAのブログで受け付けている。会長の吉尾崇さん(36)が、ブログ上で希望日を予約するシステムを作った。吉尾さんは「地域のご厚意に感謝し、思いに応えることがPTAの役割」と話した。

小学5年の双子の女子児童を連れて訪れた同市野々井の松澤あけみさん(47)は「栄養のバランスが取れたお弁当をいただき、本当に助かりました」と感謝した。

青年会には地元の有志約30人が加盟。古紙回収で得た収益で同小にグランドピアノを寄贈するなど、地域ぐるみで子どもたちを温かく見守っている。

「カワセミ」イメージ 小堀の渡し

火曜日, 3月 10th, 2020

「カワセミ」イメージし新船 茨城・小堀の渡し 日比野克彦氏デザイン

毎日新聞2020年3月10日
利根川の渡し船として茨城県取手市が運航している「小堀(おおほり)の渡し」の新船「とりで」が、就航した。船体のデザインは、東京芸術大の日比野克彦美術学部長が担当。市の鳥カワセミが水面に映った時の輝きをイメージした。デッキからの眺望が観光客らに喜ばれそうだ。

小堀の渡しは1914(大正3)年に運航開始。利根川を挟み、市街地と小堀地区を往復している。新船の操舵(そうだ)室は、船尾から船首に移った。船頭の栗林正弘さん(50)は「見やすくなったため漂流物も回避しやすい」と話した。

1日、左岸の取手ふれあい桟橋そばで就航式があり、市議や地元住民の代表らが試乗した。仲町地区市政協力員の藤澤幸一さん(80)は「乗り心地も良く、デッキは最高の展望台」と語った。

乗船場は「小堀」「取手緑地運動公園駐車場前」「取手ふれあい桟橋」の3カ所。1周約50分。問い合わせは市水とみどりの課(0297・74・2141)。

取手ひなまつりフォトコンテスト

月曜日, 3月 2nd, 2020

茨城新聞 20200301

20200301-i

 

「取手ひなまつり」フォトコン 金賞は小川さん「花段」 今月、商工会館前で展示
毎日新聞2020年3月1日 地方版

2月28日まで開かれた「取手ひなまつり」のフォトコンテストの審査会が、取手市商工会館であり、金賞に千葉県柏市の小川達二さん(85)の「花段」が選ばれた。入賞作品11点は3月3~31日、同会館前で展示される。

取手ひなまつりは店舗など約100カ所で、つるし飾りやひな人形が飾られた。コンテストは16回目。30人が撮影した作品76点の応募があった。

金賞の「花段」は、長禅寺の階段飾りと親子の姿を捉えた。撮影した小川さんは「子どもがリズミカルに階段を下りていったので、先回りして撮影した。明るいファミリーを表現できた」と喜んだ。

8人の審査員のうち、市内で写真館を経営する石引卓さん(36)は「笑顔で階段を下りる母子の表情からは、家族の幸せを感じる。階段飾りも明るく色鮮やか」と評価した。

毎日新聞水戸支局長賞は取手市の会社員、鈴木紳也さん(54)の「目が合ったね」。奈良漬けの「新六本店」の蔵で、ひな飾りに見入る子どもを捉えた。

写真スタジオを経営する審査員の石井一彦さん(72)はコンテストを振り返り、「技術は上がっているが、背景やトリミングなど一工夫ほしい作品も目立った」と講評した。【安味伸一】

このほかの主な入賞者は次の通り。

銀賞=小美玉市、林昭さん▽市長賞=千葉県流山市、石川良彦さん▽実行委員長賞=取手市、中野正則さん

色鮮やかなデザインの新船「とりで」利根川で

月曜日, 3月 2nd, 2020

毎日新聞 20200302

 利根川の渡し船として取手市が運航している「小堀(おおほり)の渡し」の新船「とりで」が1日、就航した。船体のデザインは、東京芸術大の日比野克彦美術学部長が担当。市の鳥カワセミが水面に映った時の輝きをイメージした。デッキからの眺望が観光客らに喜ばれそうだ。

 小堀の渡しは1914(大正3)年に運航開始。利根川を挟み、市街地と小堀地区を往復している。新船の操舵(そうだ)室は、船尾から船首に移った。船頭の栗林正弘さん(50)は「見やすくなったため漂流物も回避しやすい」と話した。

 1日、左岸の取手ふれあい桟橋そばで就航式があり、市議や地元住民の代表らが試乗した。仲町地区市政協力員の藤澤幸一さん(80)は「乗り心地も良く、デッキは最高の展望台」と語った。

 市は就航を記念して8日まで無料で運航する。乗船場は「小堀」「取手緑地運動公園駐車場前」「取手ふれあい桟橋」の3カ所。1周約50分。問い合わせは市水とみどりの課(0297・74・2141)。

100年前の東京日日新聞

金曜日, 2月 28th, 2020

2020-02-28 10.22.22

2020-02-28 10.22.55