Posts Tagged ‘毎日新聞’

なみえ焼そば

金曜日, 4月 20th, 2018

IMG_5877

麺食い・列島味便り
なみえ焼そば 福島・浪江 町民帰還の呼び水に
毎日新聞2018年4月17日

「まち・なみ・まるしぇ」。福島県の浪江町役場に隣接した仮設商店街の名である。その一角に「浪江焼麺太国(やきめんたいこく)アンテナショップ」がある。

厨房(ちゅうぼう)では鉄板を前に、浅見公紀(たかのり)さん(42)が大きなコテを操る。カシャ、カシャ--。コテや鉄板がこすれる音が心地いい。調理も具材もシンプルだ。豚バラをラードで炒め、極太の中華麺、濃厚ソースを少量加える。もやしと大量ソースが投入されると、ふわっと食欲を誘う香りが漂う。5分以上炒めただろうか。

「ただいま焼き上がりました」。そばは大堀相馬焼の皿に盛られた。一味唐辛子をパッパと振り箸を入れると、麺の感触も歯ごたえもうどん並みのボリュームがある。完食すると皿の底から9頭の馬が現れ、すべて左を向いている。「馬九行久(うまくいく)」。開運成就を意味する図案だという。

約60年前に生まれた庶民の味である。農家や漁師の腹を満たし、学校給食のメニューにもなった。「町外で焼きそばを食べた町民が『なんで麺が細いんだ』と不思議がっていた」。そんなエピソードがあるほど町民に定着している。

「浪江焼麺太国」は焼きそばを通じたまちおこし団体で、町商工会の青年部が中心になって2008年に発足した。イベント出品、キャンペーンソング、焼きそばマップ作り……。「ご当地グルメ」として知名度を上げていったが、その直後の東日本大震災と原発事故だった。町から人が消え、未来が見通せなくなった。それでも「太国」は歩み続け、次なる目標に「町民の心の復興」を掲げた。

「まち・なみ・まるしぇ」がオープンしたのは避難指示解除を約5カ月後に控えた16年10月で、「太国」も常設店を構えた。「町外の家族へのお土産に」と一時帰宅の町民が持ち帰り用パックを買い、出張の昼食で通う客も店を支えている。

町民の帰還は進まない。でも、明るいニュースもある。町内で飲食店が開店するという知らせもちらほら届くようになった。浅見さんは考える。

「この店が、この町でやっていけるという呼び水になれたら」

まちおこしからまちのこし、そして、まちづくりへ--。浅見さんらの活動は次のステップに向け、焼きそばの麺のように太く、長く続いていく。【成田有佳】

仮設商店街で提供
原発事故前は「なみえ焼そば」を提供する食堂などは町内に約20店あったが、現在は仮設商店街の同店だけになった。店内には震災当時とその後の町内の様子が比較できる写真パネル、子どもたちが「なみえ焼そば」をテーマに描いたイラストなどを掲げる。大震災や原発事故を風化させないための情報発信の場も兼ねている。

主なメニューは並600円、大(麺が並の1.5倍)700円、持ち帰り用パック600円、家庭で作れる3食ギフト1箱1000円。浪江町幾世橋、浪江町役場隣。午前11時~午後3時、材料がなくなり次第終了。定休日は土日祝。ホームページ(http://namieyakisoba.com)で移動販売や町外の提供店の情報をまとめている。0240・34・7260

地域密着型直売所 龍ケ崎にオープン

木曜日, 4月 19th, 2018

地域密着型直売所
龍ケ崎にオープン 農畜産物60種並ぶ /茨城
毎日新聞2018年4月19日

龍ケ崎市は、市内の農家が野菜などを直売する「たつのこ産直市場」を市文化会館(同市馴馬町)の駐車場内にオープンした。

棚にはトマト、タケノコ、ゴボウや鶏卵など、地元の生産者が出荷した農畜産物約60種が並ぶ。包装ラベルには生産者の氏名を明記しており、安心して買える地域密着型の店舗を目指す。

同市など県南6市町が出資した第3セクターの竜ケ崎地方卸売市場が2016年12月に廃止されたことから、出荷先を確保するため開設した。店舗は鉄骨平屋の約100平方メートル。営業は午前10時~午後6時。月・火曜定休。

県信組職員2人が電話詐欺防ぐ

水曜日, 4月 18th, 2018

感謝状
県信組職員2人が電話詐欺防ぐ 取手署 
毎日新聞2018年4月18日 

 県信用組合(水戸市)の職員2人が先月、守谷市内にある高齢女性の自宅を訪問中、詐欺とみられる電話がかかってきた場面に出くわし、女性を説得して被害を未然に防いでいたことが分かった。取手署は県信組守谷支店と2人に感謝状を贈った。

 同支店によると、職員の沼田賢太さん(31)と廣原匡人さん(28)は3月27日午後3時半ごろ、顧客のあいさつ回りのため守谷市内の女性(71)宅を訪問。女性はちょうど電話中で、内容を聞いたところ、男から「市役所からの還付金があり、キャッシュカードを受け取りに行く」と言われ、暗証番号も伝えてしまったことを明かされたという。

 2人は詐欺と確信して女性を説得。沼田さんが支店に連絡し、支店から警察に通報した。女性から「県信さんがいなかったらだまされていた」と感謝されたという。

 同署の小松崎邦二署長は「職員の防犯意識が高い」と称賛した。

SAKEMEETING

金曜日, 4月 13th, 2018

日本酒試飲会
県内蔵元13カ所の銘柄を楽しんで あす取手で 
毎日新聞2018年4月13日 

 県内産日本酒の試飲会「SAKEMEETING」(酒ミーティング)が14日、取手市中央町の取手駅ビル「ボックスヒル取手」4階で開かれる。県内の蔵元13カ所で生まれた39銘柄を楽しめる。

 同ビルと地酒専門店「中村酒店」(同市戸頭)などが開催。同店が取引している県内の蔵元13カ所から各3銘柄を選抜した。「松盛」(常陸太田市)▽「渡舟」(石岡市)▽「御慶事」(古河市)▽「来福」(筑西市)--などの銘酒が並ぶ。

 試飲会は同日午前11時半~午後3時。当日、会場でおちょこ(200円)とコイン(1枚100円)を購入し、1杯コイン1~3枚で飲める。

 日本酒ライター、杉村啓さんによる解説のほか、ビル1階ではマグロ解体ショーを同時開催し、にぎりずしも販売する。

 同店を経営する中村克行さん(50)は「全国新酒鑑評会で近年、県内の酒が数多く金賞を受賞し、品質が上がっている。県産の優れた味を知っていただきたい」と呼びかけている。問い合わせは同ビル(0297・73・2111)

いばらき魅力見つけ隊

火曜日, 4月 10th, 2018

いばらき魅力見つけ隊
キリンビール取手工場一番搾りツアー 緻密な工程で上質な味わい 
毎日新聞2018年4月10日 

 桜も散って暖かくなってきたこの季節、やはりビールを飲みたくなる。キリンビール取手工場(取手市桑原)に出かけ、「キリン一番搾り おいしさの秘密発見ツアー」に参加した。さわやかでいて繊細な「一番搾り」が造られる緻密な工程を知り、醸造家たちのこだわりを実感できた。

 取手工場は1970年に操業開始。年産約50万キロリットルで、全国9カ所ある同社の工場で最大の製造能力を誇る。敷地の広さは26・5ヘクタールで東京ドーム約5・5個分。高さ20メートルの発酵・貯蔵タンクが百数十本も林立する情景は圧巻だ。

 記者を入れて5人の参加者を案内してくれたのは、「一番搾り」と同じ1990年生まれのツアーガイド、永原咲子さん(28)。参加者の笑顔に働きがいを感じているといい、週に2、3日、「一番搾り」をたしなむという。

 「一番搾り」の材料は麦とホップ、そして水だ。麦芽とホップの現物を手に取って確かめてみた。二条大麦をいったん水に浸して発芽させた後、乾燥させて麦芽を作る。試食用の麦芽をかむと香ばしい。麦芽は色合いと味わいを作る働きがあるという。そしてホップの真ん中にある黄色い部分からはビール独特の香りが漂う。ホップが「ビールの魂」とされるゆえんだ。

 さあ、いよいよ仕込み室に入る。麦芽を煮ると、でんぷんが糖分に分解(糖化)され、甘いおかゆ状のもろみができる。これをろ過したのが麦汁だ。

 「一番搾り」は最初に搾って出た麦汁だけを使っている。一般的なビールはさらにもう1回搾った二番搾りまで使うという。両方の麦汁を飲み比べてみると、明らかに味が違う。一番の方が甘みがあり、ジュースのようだ。永原さんが「麦のおいしいところが引き出され、上質な味わいになります」と笑顔で話した。

 それにしても、甘い麦汁がどうして苦いビールになるのだろう。疑問はすぐ解消された。そこからホップを加えて煮込み、苦みと香りを出す。ここまで約11時間。その後、タンクの中でホップかすなどを沈殿させて分離した後、さらに別のタンクに移し、酵母を加えて約1週間かけて発酵させる。酵母が糖分を食べてアルコールと炭酸ガスが出るのを待つのだ。そこからさらに1~2カ月間も貯蔵・熟成する。最後の工程は瓶・缶へのパッケージングだ。1分間で2000本詰める缶詰ラインはまるで急流の川のようだ。

 ツアーは試飲(20分、3杯まで)も含めて70分間。午前9時半▽10時半▽11時半▽午後1時半▽2時半▽3時半--の1日6回。申し込みは2人以上。月曜と年末年始は休館。予約専用受付(0297・72・8300)

一日署長 取手署で 

金曜日, 4月 6th, 2018

一日署長 交通事故なくして 小1の8人が首長にお願い 取手署で 
毎日新聞2018年4月6日 

 取手署と取手地区交通安全協会(小川一成会長)は5日、小学1年生8人に「一日警察署長」を委嘱した。8人は制帽をかぶり、署長の椅子に座るなどして気分を味わった。

 今年で33回目。同署管内の取手市4人、守谷市と利根町各2人の計8人が務めた。

 一日署長たちはその後、取手、守谷市役所と利根町役場でそれぞれの首長に「決まりをよく守って交通事故に遭わないようにします。交通事故をなくすようにしてください」とお願い文を朗読した。

東京芸術大卒業・修了作品展 取手市長賞

水曜日, 4月 4th, 2018

東京芸術大卒業・修了作品展 取手市長賞受賞作品を展示 
毎日新聞 2018年4月4日 

 東京芸術大の2017年度卒業・修了作品展で取手市長賞に選ばれた2作品が同市役所に展示されている。

 3月に美術学部を卒業した十時嵩(とときしゅう)さん(22)=東京都青梅市=の漆芸「うねり」は正面玄関ロビーに展示。硬質発泡スチロールで作った原形の表面に、白漆を染み込ませた麻布を張り付けたうえ、砂と合わせてペースト状にした白漆を塗り込み、さらに表面を磨いた。完成まで4カ月かかったという。

 十時さんは「大地のエネルギーをイメージした」と話した。

 また大学院美術研究科修士課程修了の清水理瑚さん(25)川崎市の彫金「Flowers」(フラワーズ)は新庁舎1階社会福祉課前に設置している。いずれも来年1月末まで展示する。

取手市教育長に伊藤氏

金曜日, 3月 23rd, 2018

取手市議会
取手市教育長に伊藤氏 人事案に同意 10年ぶり再登板 
毎日新聞2018年3月23日

 取手市議会は22日、市教育長に県教育財団の伊藤哲専務理事(60)を充てる人事案に同意した。また同市民生委員児童委員の桜井由子氏(55)を教育委員に充てる。いずれも4月1日付。伊藤氏は2005年4月~08年3月末に教育長を務めており、10年ぶりの再任となる。

 15年11月に市立中学3年、中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする内容の日記を残して自殺した問題を受け、矢作進教育長(66)と当時教育委員長だった小松崎幸江委員(71)が3月末での辞職を表明している。

 また市議会は22日、「みんなでいじめをなくすための条例」案を賛成多数で可決した。

 条例は、「これまでの深い反省のうえに立ち、いじめをなくす」と前文に記載。また、いじめが疑われる場合、市教委は「必要な支援」や「適切な指示」をするとした

取手ビジネスコン 最優秀プランに英語講師

金曜日, 3月 23rd, 2018

取手ビジネスコン 最優秀プランに英語講師
毎日新聞2018年3月23日

取手、龍ケ崎市などが主催する「Matchみんなのビジネスプランコンテスト」が21日、取手市で開かれ、同市藤代の英語講師、二重作(ふたえさく)亜紀さん(44)の「【初心者限定】あなた史上最速で英語を身に付け、夢を叶(かな)える英語コーチング」が最優秀賞に選ばれた。

企業経営者ら5人のほか市民も交じり、計10人が提案した起業プランを審査した。

二重作さんのプランは、英語自体を教えるのではなく、受講者の目標に合わせた学習方法をサポートする内容。「最優秀賞は励みになる。うれしい」と喜んだ。

また、同市宮和田、編み物講師、井手上(いでがみ)愛さん(36)の「編み物は心のサプリ!とりでdeニット」と、同市双葉の会社経営、天ケ谷(あまがや)桂子さん(58)の「老犬ホーム・ペットホテルゆるやか~飼い主様の安心とやすらぎのために~」が優秀賞に選ばれた。

キリン取手工場、W杯寄せ書き旗設置

火曜日, 3月 20th, 2018

サッカー
18年W杯 日本代表を応援 キリン取手工場、寄せ書き旗設置
毎日新聞 2018年3月20日

キリンビール取手工場(取手市桑原)は、6月に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表を応援するメッセージを書き込む青い旗を設置した。寄せ書きは25日まで。

青は日本代表のチームカラーで、旗は1枚で縦1・7メートル、横4メートル。工場見学者用の待合室に張っている。

日本サッカー協会が主催する「日本史上最大の応援フラッグプロジェクト」の一環で、同サイズの旗を792枚を縫い合わせてサッカーコート1面の巨大応援旗を作る。5月30日に横浜・日産スタジアムで予定されているキリンチャレンジカップ終了後の壮行セレモニーで披露される。

見学は月曜休み。問い合わせは工場見学受付(0297・72・8300)へ。